天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御 - 文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」(平成23~27年)

領域概要

本学術領域では、リガンドの標的同定に独自の方法論を開発する研究者(A01A03)、天然物リガンドの探索・合成による供給に実績を持つ研究者(A02)、複雑な構造を持つ天然物リガンドの合成化学的展開による構造最適化・簡略化を行う研究者(A03)を班員とし、これらを有機的に連携して、天然物リガンドの標的同定を中核に据えた新たなサイエンスの展開と未来型分子設計戦略を提案します。従来、これらの各研究者は、各々独自に設定した目標に基づいて研究を進めており、共通方向性の下で研究を行うことはありませんでした。本学術領域では、天然物リガンドの標的同定とこれを基盤とした分子設計という方向性の下で実績ある研究者を統合することで、新たな学術領域の創製を達成します。論理的な基盤に基づく天然物リガンドの構造単純化は、将来の医薬品・農薬などの開発に大きなインパクトを与える新しい学理をもたらす事でしょう。

ページ先頭へ戻る