天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御 - 文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」(平成23~27年)

天然物ケミカルバイオロジー次々世代

慶應義塾大学大学院理工学研究科 D3
岩崎有紘

研究内容

海洋微細藻類の生産する新規天然物の発見と生物活性の解明

新奇な構造と生物活性を有する天然物の発見は、関連する学問分野の飛躍的発展を導いてきました。このような背景の下、海洋微細藻類に着目し、新しい構造を有する天然物を発見し、その生物活性を解明する事が私の研究の目的です。
私はこれまでに8種の新しい天然物を発見し、生物活性を明らかにしてきました。その中で一番印象に残っている化合物がクラハインです。クラハインはヒト子宮頸癌細胞に対するアポトーシス誘導剤として海洋シアノバクテリアから発見した鎖状リポペプチドです。がん細胞パネルによるプロファイリングや蛍光プローブを用いた局在部位解析などを通じて、クラハインの生体内標的分子が小胞体膜上のカルシウムイオンポンプである事を明らかにしました。クラハインを通じて、私はケミカルバイオロジーの手法や考え方を学ぶことができました。私を新しい世界へと導いてくれる天然物との出会いを目指して、今後も探索研究に取り組んでいきます。

研究者としてのひとことアピール

私は自分の見つけた化合物が大好きです。炎天下の沖縄での採集や、何度も繰り返したHPLC、複雑なNMRチャートの解析や微量の分解反応、これらの結果、構造を明らかにした化合物は自分の宝物です。大切な宝物だからこそ、何かいいところを見つけて世の中に出してあげたいと考えています。自分の見つけた化合物に対する愛情が私のアピールポイントです。

将来の夢

世界で誰も知らない化合物を見つける事にやりがいを感じるので、今後も天然物の探索研究は自分の柱にしていきたいと考えています。その一方で、自分の扱ってきた分子など比べものにならないくらい複雑な構造の天然物や、微量の天然物、素晴らしい活性をもった天然物を発見してきた研究者が世の中にはたくさんいらっしゃいます。そうした方々とお会いした時に、「自分はこれをやった」と言えるものをひとつでもいいから持てる人になることが将来の夢です。


ページ先頭へ戻る