天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御 - 文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」(平成23~27年)

天然物ケミカルバイオロジー次々世代

筑波大学大学院・生命環境科学研究科・D2
知念 拓実

研究内容

γチューブリン複合体の特異的阻害剤開発
微小管はγチューブリン複合体(γ-TuRC: γ-Tubulin Ring Complex)を足場としてαβチューブリンが重合して形成される繊維状の構造であり、細胞分裂をはじめとして細胞遊走や細胞内シグナル伝達等に関わっている非常に重要なタンパク質複合体です。

α/βチューブリン阻害剤は細胞分裂をG2/M期で停止させ、細胞死を誘導することから抗癌剤として開発されており、既にTaxolやVinblastineをはじめとする多くの阻害剤が報告されています。さらにこれらの阻害剤は抗癌剤としてのみでなく微小管機能の解析に用いられ、基礎研究においても多くの成果を挙げています。
一方でγチューブリン複合体は、その重要性にも関わらず、その阻害剤はほとんど開発されておらず、またγチューブリン複合体構成タンパク質の個々の詳細な機能や相互作用は完全には解明されておりません。そこで私はγチューブリン複合体に対する阻害剤開発を通して、γチューブリン複合体の詳細な機能解析を目指して研究を行っています。

研究者としてのひとことアピール

培養細胞や多剤超感受性酵母を用いた手法、大腸菌や昆虫細胞から精製したタンパク質を用いた生化学手法により化合物の解析を行っています。
そのため多種多様な解析方法を用いて生理活性物質の標的分子同定から作用機構解析まで行うことが可能です。

将来の夢

将来は生理活性物質を用いて微小管細胞骨格をはじめとする様々な細胞内機能を厳密に制御することを目標としています。現在はハイデルベルク大学のElmar Schiebel教授の研究室にポスドクとして留学を予定しており、細胞骨格について学んだ後に、日本で自分らしく研究を行いたいと考えております。


ページ先頭へ戻る