天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御 - 文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」(平成23~27年)

天然物ケミカルバイオロジー次々世代

筑波大学大学院数理物質科学研究科 D3
平山 裕一郎

研究内容

現在の研究: 抗腫瘍活性物質アプリロニンAの作用機序の解明
海洋生物からは強力な生理活性を持つ天然物が多数単離されており、それらの化合物の作用機序の研究は生命現象の解明や医薬品の種につながり、科学の発展や人々の健康に貢献しています。
海洋軟体動物アメフラシAplysia kurodaiより単離されたアプリロニンAは非常に強力な抗腫瘍活性と細胞毒性を有する興味深い天然物です。アプリロニンAは細胞骨格タンパク質のアクチンと一対一で相互作用し、アクチンの脱重合を引き起こします。しかしこのアクチンとの作用のみではアプリロニンAの強力な抗腫瘍活性の作用機序を十分に説明できていませんでした。また構造活性相関研究などの知見よりアクチン以外の標的タンパク質の存在が示唆されていますが、その詳細は明らかになっていません。

そこで私は分子プローブを用いたケミカルバイオロジー研究によりアプリロニンAの作用機序の解明を目指しています。すなわち、アメフラシより単離したアプリロニンAをApA-PB 1などの分子プローブへと誘導し、それらを用いてアプリロニンAの新規標的タンパク質の同定や、同定したタンパク質との相互作用解析を行なっています。

研究者としてのひとことアピール

天然物の単離・構造決定から、誘導化などの有機合成に加え、タンパク質や細胞を用いた生化学実験と幅広く実験を行っています。そのため微量の天然物からタンパク質や細胞まで取り扱い、合成やアッセイを行うことが可能です。現在はどちらかと言えば有機合成より、化合物や標的タンパク質の単離や作用解析に主体をおいており、探索や解析が得意な研究者です。

将来の夢

私が研究者でありたいと思うのは、新しい物、事を発見し理解することに魅力を感じるためです。将来の研究に対して具体的な方向性はまだ定まっていませんが、天然物の中に眠っている未知や可能性を見つけて、それを明らかにしていくような研究が出来ればいいなと思っています。そのためにも「なぜ」や「もしかして」を明確な形にして検証していけるように幅広い経験を積んでいきたいと考えています。


ページ先頭へ戻る