天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御 - 文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」(平成23~27年)

天然物ケミカルバイオロジー次々世代

京都大学理学研究科 D3
森田 昌樹

研究内容

現在の研究: かご型構造に焦点を当てたフィサリンの全合成研究

フィサリン類は、ほおずきの葉から単離される酸化ステロイドで、分子の左側部分は典型的なステロイド骨格である一方、右側部分はユニークなかご型構造を有しています。以前はその抗腫瘍活性のみ報告されていましたが、近年のスクリーニング系の発展によってフィサリン類はNF-κB活性化阻害等、細胞内シグナル伝達に影響を与えることが報告されています。私はフィサリン類の生物活性とユニークな構造との関係性に興味を持ち、かご型のDEFGH環部を合成しました。また、その誘導体が中程度のNF-κB活性化阻害能を有することを見出し、かご型構造が細胞内で何らかの機能を有することを確認することができました。現在はフィサリン類の全合成研究に取り組んでいますが、本研究の目的は「全合成の達成」自体にはなく、「かご型構造を有する化合物群のライブラリー構築」にあります。すなわち、全合成研究の過程で各種かご型化合物群を創り出し、新規NF-κB阻害剤の開発をはじめ、かご型構造特有の生物活性探索に展開するケミカルバイオロジー研究へと発展させたいと考えています。

研究者としてのひとことアピール

かご型構造の構築やその修飾等、複雑な構造の合成、構造決定に取り組んでおり、ある程度の合成、単離、構造決定はひと通りこなせる自信があります。しかしよりアピールしたい点は、「合成を行う目的は何か」に常に気を配っていることです。幸運なことに、私が所属している研究室では有機合成化学を土台としたケミカルバイオロジー研究を行なっており、いかに多角的な視点で合成研究を展開するかを学ぶのに適した環境です。一例として、月一のケミカルバイオロジーの論文勉強会にも参加し、化合物の生物活性についてもフォローできるように努力しています。

将来の夢

天然物合成で培った合成力を武器に、他の分野で合成化学者しか出来ない仕事をしていきたい、と考えています。最近は脳科学に興味をもっていて、現在市販されている脳に作用するとされている医薬品のほとんどは、その詳細な薬理活性機構が解明されていないことを知って驚きました。アプローチが難しいとは思いますが、一見、無謀なことにも挑戦していきたいと考えています。

 

 


ページ先頭へ戻る