天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御 - 文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」(平成23~27年)

2016年業績一覧

2016年の業績一覧

A01班A02班A03班

研究発表一覧へ戻る 

【 A01班 分子標的探索と生物学的評価 】

<A01班-班長/計画班> 半田 宏
学術論文および著書
  1. Klaeger, S., Gohlke, B., Perrin, J., Gupta, V., Heinzlmeir, S., Helm, D., Qiao, H., Bergamini, G., Handa, H., Savitski, M, M., Bantscheff, M., Medard, G., Preissner, R. and Kuster, B. Chemical Proteomics Reveals Ferrochelatase as a Common Off-target of Kinase Inhibitors. ACS Chem.Biol., 2016. In press.(DOI:10.1021/acshembio.5b01063)
  2. Kabe, Y., Nakane, T., Koike, I., Yamamoto, T., Sugiura, Y., Harada, E., Sugase, K., Shimamura, T., Ohmura, M., Muraoka, K., Yamamoto, A., Uchida, T., Iwata, S., Yamaguchi,Y., Krayukhina, E., Noda, M., Handa, H., Ishimori, K., Uchiyama, S., Kobayashi, T. and Suematsu, M. Haem-dependent dimerization of PGRMC1/sigma-2 receptor facilitates cancer proliferation and chemoresistance. Nat. Commun., 7, 11030, 2016. ( DOI: 10.1038/ncomms11030)
  3. Nguyen, T. V., Lee, J. E., Sweredoski, M. J., Yang, S.-J., Jeon, S.-J., Harrison, J. S., Yim, J.-H., Lee, S. G., Handa H., Kuhlman, B., Jeong, J.-S., Reitsma, J. M., Park, C.-S., Hess, S., and Deshaies, R. J.* Glutamine triggers acetylation-dependent degradation of glutamine synthetase via the thalidomide receptor cereblon. Mol. Cell, 査読有, 61, 2016, 809-820. [10.1016/j.molcel.2016.02.032]
  4. Mukai, S., Moriya, S., Hiramoto, M., Kazama, H., Kokuba, H., Che, X. F., Yokoyama, T. Sakamoto, S., Sugawara, A., Sunazuka, T., Ōmura, S., Handa, H., Itoi, T., and Miyazawa, K.* Macrolides sensitize EGFR-TKI-induced non-apoptotic cell death via blocking autophagy flux in pancreatic cancer cell lines. Int. J. Oncol. 査読有, 48, 2016, 45-54. [10.3892/ijo.2015.3237]
  5. 伊藤拓水・ 半田 宏、医師薬出版、医学のあゆみ「ユビキチン系の破綻と疾患」、2016, 256(8), 891-895[5]
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hiroshi Handa, Cereblon (CRBN), the common target of multiple pharmacological actions of thalidomide and its derivatives, UCLA CTSI Seminar Series, 2016.3.23, UCLA (Los Angeles, USA)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 半田 宏、セレブロン~IMiDsのターゲット~、第10回臨床骨髄腫研究会、2016.2.4、メルキュールホテル札幌(札幌・北海道)
  2. 半田 宏、サリドマイド標的因子セレブロン同定から新たな多発性骨髄腫治療薬の開発、私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 第1回進捗状況報告会、2016.1.27、東京医科大学(新宿・東京)
  3. 坂本 聡・ 半田 宏、抗体標識蛍光磁気ビーズによる転移がん迅速診断システムの構築、AMEDプロジェクトキックオフミーティング、2016.1.7、東京大学(文京・東京都)
<A01班-計画班> 岡本 隆一
学術論文および著書
  1. Kengo Nozaki, Wakana Mochizuki, Yuka Matsumoto, Taichi Matsumoto, Masayoshi Fukuda, Tomohiro Mizutani, Mamoru Watanabe, Tetsuya Nakamura. Co-culture with intestinal epithelial organoids allows efficient expansion and motility analysis of intraepithelial lymphocytes. J. Gastroenterol. (査読有)2016;51(3) 206-213
  2. Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Role of epithelial cells in the pathogenesis and treatment of inflammatory bowel disease. J. Gastroenterol (査読有)2016;51(1)11-21
  3. Satoshi Otani, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Fumio Goto, Shun Kaneko, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Yu Asano, Fukiko Kawai-Kitahata, Sayuri Nitta, Toru Nakata, Ryuichi Okamoto, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Yasuhiro Asahina, Tomoyuki Yamaguchi, Naohiko Koshikawa, Motoharu Seiki, Hiromitsu Nakauchi, Mamoru Watanabe. Matrix Metalloproteinase-14 Mediates Formation of Bile Ducts and Hepatic Maturation of Fetal Hepatic Progenitor Cells. Biochem. Biophys. Res. Commun (査読有) 2016 ; 469:1062-1068
国際会議における学術講演・研究発表
  1. T. Yoneyama, M. A. Arai, R. Okamoto, S. K. Sadh,F. Ahmed,M. Ishibashi, “Isolation of Notch inhibitors from Calotropis gigantea”,Joint Workshop on Chirality in Chiba University (WCCU) and on Soft-Molecule Activation,March 17, 2016, Chiba (Japan)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 荒井緑,赤嶺隆太, 岡本隆一,小谷野喬,T. Kowithayakorn,石橋正己,”Garcinia speciosa等からのNotchシグナル阻害作用を有する天然物の探索”,日本薬学会第136年会, 20160328 ; 横浜(日本)
  2. 米山達朗,荒井緑, 岡本隆一,Samir K. Sadhu,Firoj Ahmed,石橋正己,”Calotropis giganteaからのNotchシグナル伝達経路阻害を標的とした神経幹細胞分化促進剤の探索”,日本薬学会第136年会, 20160328 ; 横浜(日本)
<A01班-計画班> 渡邉 肇
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. Hitoshi Kumagai, Yasuhiko Kato, Tomoaki Matsuura, Hajime Watanabe,
    Use of the bicistronic expression involving viral T2A peptide in Daphnia magna,
    第62回日本生態学会大会
    2016年3月20日〜2016年3月24日
    仙台(宮城)
<A01班-計画班> 小林 資正、荒井 雅吉(連携研究者)、古徳 直之(連携研究者)
学術論文および著書
  1. *Arai, M.; Kamiya, K.; Shin, D.; Matsumoto, H.; Hisa, T.; Setiawan, A.; Kotoku, N.; *Kobayashi, M. New 3-alkylpyridine alkaloid, N-methylniphatyne A as an inhibitor of cancer cells adapted to nutrient starvation from an Indonesia marine sponge of Xestospongia sp. Chem. Pharm. Bull. 2016, In press.(査読有)
  2. *Arai, M.; Kawachi, T.; Kotoku, N.; Nakata, C.; Kamada, H.; Tsunoda, S.; Tsutsumi, Y.; Endo, H.; Inoue, M.; Sato, H.; *Kobayashi, M.  Furospinosulin-1, marine spongean furanosesterterpene, suppresses the growth of hypoxia-adapted cancer cells by binding to transcriptional regulators p54nrb and LEDGF/p75.ChemBioChem 2016, 17, 181-189. DOI: 10.1002/cbic.201500519(査読有)
  3. Kotoku, N.; Arai, M.; *Kobayashi, M. Search for Anti-angiogenic Substances from Natural Sources. Chem. Pharm. Bull. 2016, 64, 119-127. DOI: 10.1248/cpb.c15-00744(査読有)
  4. 荒井雅吉 活性天然物の標的分子解析による新規薬剤標的の探索 薬学雑誌 2016, 136, 669―676. DOI: 10.1248/yakushi.15-00281(査読有)
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Masayoshi Arai, “Exploring novel drug target for cancer chemotherapy by the study of furospinosulin-1, a hypoxia-selective growth inhibitor against cancer cells”  The 6th Queenstown Molecular Biology Meeting in Shanghai, 2016/3/17, Shanghai(China)(招待講演)
  2. Masayoshi Arai “Target Identification of Anti-mycobacterial Substance using Transformant Library of Mycobacteria” The 8th Japan-Korea Chemical Biology Symposium, 2016/1/19, パシフィックホテル沖縄 (沖縄)(招待講演)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 住井裕司○古徳直之,福田昭典,河内崇志, 荒井雅吉,小林資正, 「低酸素環境選択的増殖阻害物質dictyoceratin類の構造活性相関とin vivo抗腫瘍活性」,  日本薬学会第136年会、2016/3/28、パシフィコ横浜(横浜)
  2. 荒井雅吉,○神谷謙太朗,住井裕司,申多英,Patamaporn Pruksakorn,韓智秀, 古徳直之,小林資正「潜在性結核菌に対する抗菌物質nybomycinの標的分子解析」 日本薬学会第136年会、2016/3/28、パシフィコ横浜(横浜)
  3. ○古徳直之, 「海洋生物由来の栄養飢餓選択的増殖阻害物質の探索と創薬への展開」 日本薬学会第136年会 一般シンポジウム「MONOTORIの新戦略」、2016/3/27、パシフィコ横浜(横浜)(招待講演)
<A01班-第1次・第2次公募班> 西山 賢一
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 志水優子、佐々木優、Ross Dalbey、 西山賢一、「糖脂質酵素MPIase に依存するタンパク質膜挿入反応は YidC により促進される」日本農芸化学会2016年度大会、札幌コンベンションセンター、2016年3月28日(北海道・札幌市)
  2. 沢里 克宏、佐藤 諒、 西山 賢一、「タンパク質膜挿入に関与する糖脂質酵素MPIaseのin vivoにおける機能解析」第1回デザイン生命工学研究会、東京工業大学すずかけホール2016年3月8日(神奈川県・横浜市)
  3. 西山 賢一、「タンパク質膜挿入反応に関与する糖脂質酵素MPIaseの構造と機能」第1回デザイン生命工学研究会、東京工業大学すずかけホール、2016年3月8日(神奈川県・横浜市)(招待講演)
<A01班-第1次公募班/A03班-第2次公募班> 浜本 晋
<A01班-第1次・第2次公募班> 福永 浩司
学術論文および著書
  1. L.L. Hong, Q. Jiang, S. Long, H. Wang, L.D. Zhang, Y. Tian, C.K. Wang, J.J. Cao, R.R. Tao, J.Y. Huang, M.H. Liao, Y.M. Lu, K. Fukunaga, N.M. Zhou, F. Han, Valproic acid influences MTNR1A intracellular trafficking and signaling in a β-arrestin 2-dependent manner, Mol Neurobiol,53(2): 1237-1246. (2016).doi: 10.1007/s12035-014-9085-y. 査読有
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 福永浩司:不正論文に対するJPS編集委員会の取り組み(日本薬理学会・日本臨床薬理学会共催教育セミナー)第89回日本薬理学会年会 平成28年3月9~11日、横浜
  2. 福永浩司:海馬T型カルシウムチャネルによるCaMKII活性化と認知機能障害 (JPSサテライトシンポジウム) 第89回日本薬理学会年会 平成28年3月9~11日、横浜
  3. 福永浩司:心疾患に伴う鬱症状とSigma-1受容体 (シンポジウム) 第89回日本薬理学会年会 平成28年3月9~11日、横浜
<A01班-第1次・第2次公募班> 岡田 麻衣子
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 岡田麻衣子、DNA損傷応答におけるユビキチン-プロテアソームシステム制御機構の解析、Woman GDN、2016年1月21日-22日、貸し会議室シアル (神奈川、横浜市)
  2. 岡田麻衣子、敦賀智子、宇井彩子、太田智彦、シグナル依存的な染色体動態における分解制御機構の解析、第33回染色体ワークショップ・第14回核ダイナミクス研究会、2016年1月12日-14日、松島一の坊(宮城、松島)
<A01班-第1次・第2次公募班> 松森 信明
学術論文および著書
  1. R.A. Espiritu, K. Cornelio, M. Kinoshita, *N. Matsumori, M. Murata, S. Nishimura, H. Kakeya, M. Yoshida, S. Matsunaga, Marine sponge cyclic peptide theonellamide A disrupts lipid bilayer integrity without forming distinct membrane pores. Biochim. Biophys. Acta, Biomembranes, 1858, 1373-1379 (2016). doi: 10.1016/j.bbamem.2016.03.019.
  2. Y. Umegawa, Y. Tanaka, N. Matsumori, *M. Murata, 13C-TmDOTA as versatile thermometer compound for solid-state NMR of hydrated lipid bilayer membranes. Magn. Reson. Chem., 54, 227-233 (2016). doi: 10.1002/mrc.4371.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 松森信明、木下祥尚、脂質ラフト形成基盤の解明を目指したスフィンゴミエリンの動的およびNMR構造解析、日本化学会第96春季年会、2016年3月24日、同志社大学(京都府京田辺市)
  2. 松森信明、脂質膜における動的挙動、構造および相互作用解析、蛋白研セミナー生体膜上の生物化学、2016年3月3日、阪急万博ホテル(大阪府吹田市)
<A01班-第1次・第2次公募班> 菅原 章公
学術論文および著書
  1. N. Iwanaga, S. Nakamura, K. Oshima, T. Kajihara, T. Takazono, T. Miyazaki, K. Izumikawa, K. Yanagihara, A. Sugawara, T. Sunazuka, S. Omura, S. Kohno, Macrolides promote CCL2-mediated macrophage recruitment and clearance of nasopharyngeal pneumococcal colonies in mice, J. Infect. Dis. 2015 accepted
  2. Mukai S, Moriya S, Hiramoto M, Kazama H, Kokuba H, Che X-F, Yokoyama T, Sakamoto S, Sugawara A, Sunazuka T, Ōmura S, Handa H, Itoi T, Miyazawa K “Macrolides sensitize EGFR-TKI-induced non-apoptotic cell death via blocking autophagy flux in pancreatic cancer cell lines” Int. J. Clin. Oncol. 2016, 48, 45-54. 査読有 DOI: 10.3892/ijo.2015.3237
  3. Sugawara A, Shima H, Sueki A, Hirose T, Matsui H, Hanaki H, Akagawa KS, Ōmura S, Sunazuka T, “12-Membered non-antibiotic macrolides EM900 series; Design, synthesis, biological evaluation, and effect in cigarette-smoking model” J. Antibiot. 2015, in press. 査読有 doi: 10.1038/ja.2015.91
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 菅原章公、「抗炎症作用を有する新規12員環マクロライドの創製と標的タンパク質の探索」、新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」
地区ミニシンポジウム、京都大学、2016年2月
<A01班-第1次・第2次公募班> 小嶋 聡一
学術論文および著書
  1. 藤井晋也、清水章貴、桂井朋子、小口一起、秦咸陽、白川仁、駒井三千夫、 小嶋聡一、影近弘之
    メナキノンカルボン酸誘導体の系統的合成と抗炎症および肝癌細胞増殖抑制作用、ビタミン誌、査読有、印刷中 (2016)
  2. Qin, X-Y., Tatsukawa, H., hitomi, K., Shirakami, Y., Ishibashi, N., Shimizu, M., Moriwaki, H., and *Kojima, S. Metabolome Analyses Uncovered a Novel Inhibitory Effect of Acyclic Retinoid on Aberrant Lipogenesis in a Mouse Diethylnitrosamine-Induced Hepatic Tumorigenesis Model. Cancer Prevention Res. 査読有 9(3):205-14. doi: 10.1158/1940-6207.CAPR-15-0326. (2016) selected for cover Image
  3. Furutani, Y. and Kojima, S. Control of TG functions depending on their localization. In Transglutaminase – multiple functional modifiers and targets for new drug discovery (Hitomi, K., Kojima, S., and Fesus, L. eds) Springer Tokyo, 43-62. (2016)
報道発表
  1. 科学新聞 (平成28年1月29日)
<A01班-第1次・第2次公募班> 渡士 幸一
学術論文および著書
  1. Suzuki R, Saito K, Matsuda M, Sato M, Kanegae Y, Shi G, Watashi K, Aizaki H, Chiba J, Saito I, Wakita T, Suzuki T. Single-domain Intrabodies against HCV Core Inhibit Viral Propagation and Core-induced NF-κB Activation. J Gen Virol: (2016 (in press))
  2. Nishikori S, Takemoto K, Kamisuki S, Nakajima S, Kuramochi K, Tsukuda S, Iwamoto M, Katayama Y, Suzuki T, Kobayashi S, Watashi K, Sugawara F. Anti-hepatitis C virus natural product from a fungus, Penicillium herquei. J Nat Prod: (in press)
  3. Sankhyan A, Sharma C, Dutta D, Sharma T, Chosdol K, Wakita T, Watashi K, Awasthi A, Acharya S, Khanna N, Tiwari A, Sinha S. Inhibition of preS1-hepatocyte interaction by an array of recombinant human antibodies from naturally recovered individuals. Sci Rep: 5. 13994 (in press)
  4. Kouwaki T, Okamoto T, Ito A, Sugiyama Y, Yamashita K, Suzuki T, Kusakabe S, Hirano J, Fukuhara T, Yamashita A, Saito K, Okuzaki D, Watashi K, Sugiyama M, Yoshio S, Standley D, Kanto T, Mizokami M, Moriishi K, Matsuura Y. Hepatocyte factor JMJD5 regulates HBV replication through interaction with HBx. J Virol: (in press)
  5. Kong L, Fujimoto A, Nakamura M, Aoyagi H, Matsuda M, Watashi K, Suzuki R, Arita M, Yamagoe S, Dohmae N, Suzuki T, Sakamaki Y, Ichinose S, Suzuki T, Wakita T, Aizaki H. Prolactin regulatory element binding protein is involved in hepatitis C virus replication by interacting with NS4B. J Virol: (in press)
  6. Zhou X, Xu L, Wang W, Watashi K, Wang Y, Sprengers D, de Ruiter PE, van der Laan LJ, Metselaar HJ, Kamar N, Peppelenbosch MP, Pan Q. Disparity of basal and therapeutically activated interferon signalling in constraining hepatitis E virus infection. J Viral Hepat: (in press)
  7. 渡士幸一, 脇田隆字. B型肝炎ウイルス研究の進歩. Pharma Medica in press: (2016)(査読なし)
  8. 渡士幸一、脇田隆字. 新規B型肝炎抗ウイルス薬開発の現状. カレントテラピー in press: (2015)(査読なし)
  9. 渡士幸一. HBVの細胞内侵入機構とこれを標的とした創薬. 日本臨床 in press: (2015)(査読なし)
<A01班-第2次公募班> 杉本 亜砂子
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 柳 翔太、野口拓真、川上雅人、佐々木 誠、*不破春彦、丹羽伸介、 杉本 亜砂子. ネオペルトリド蛍光標識アナログの設計・合成・機能評価. 日本化学会第96春季年会. 2016/3/24-27. 京都府京都市.
<A01班-第2次公募班> 有本 博一
学術論文および著書
  1. 有本博一、高橋大輝(Seifert, R.編)、Springer、 8-Nitro-cGMP: A Novel Protein-reactive cNMP and its Emerging Roles in Autophagy (Handbook of Experimental Pharmacology)、2016年、印刷中
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 有本博一、S-グアニル化を起点とする細胞内分解経路
    第11回 レドックス・ライフイノベーションシンポジウム(日本学術振興会レドックス・ライフイノベーション第170委員会)、2016年3月18日、お茶の水女子大学(東京)
受賞
  1. アステラス病態代謝研究会 最優秀理事長賞、平成28年11月26日
<A01班-第2次公募班> 三輪 佳宏
学術論文および著書
  1. Uchida D, Kawamata H, Omotehara F, Miwa Y, Horiuchi H, Furihata T, Tachibana M, Fujimori T. Overexpression of TSC-22 (transforming growth factor -β- stimulated clone-22) causes marked obesity, splenic abnormality and B cell lymphoma in transgenic mice. Oncotarget. 2016. Feb 10. doi: 10.18632/oncotarget.7308.
<A01班-第2次公募班> 程 久美子
学術論文および著書
  1. Kamola PJ, Nakano Y, Takahashi T, Wilson PA, *Ui-Tei K. (2015)
    The siRNA Non-Seed Region and its Target Sequences are Auxiliary Determinants of Off-Target Effects.
    PLoS Comput. Biol. in press.
  2. ガリポン・ジョゼフィーヌ、石黒宗、冨田勝、 程久美子
    「RNA-SeqによるA-to-I RNA編集の検出」
    NGS Professionalシリーズ RNA Seqマスターブック, 印刷中, 羊土社.
  3. 程久美子、高橋朋子 (2015)
    「ノンコーディングRNAの生体機能と医薬応用の現状」
    核酸医薬の創製と応用展開, 印刷中, シーエムシー出版.
  4. 高橋朋子、 程久美子 (2015)
    「核酸医薬とsmall RNA」
    DOJIN BIOSCIENCEシリーズ「非コードRNA」, 印刷中, 化学同人.
<A01班-第2次公募班> 浜本 洋
学術論文および著書
  1. Hamamoto H*,Sekimizu K, Identification of lysocin E using a silkworm model of bacterial infection, Drug Discov Ther, 10, 24-29, 2016, 10.5582/ddt.2016.01012 review article 査読有
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hiroshi Hamamoto, Kazuhisa Sekimizu, Identification and mechanistic analysis of a novel antibiotic lysocin E, The 8th Japan-Korea Chemical Biology Symposium, Jan 18-20 2016, パシフィックホテル沖縄(沖縄県那覇市)招待講演
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 浜本洋、関水和久、新規抗生物質ライソシンEの同定と作用メカニズム、第89回日本細菌学会総会、3月23〜25日、大阪国際交流センター(大阪府大阪市)
  2. 浜本洋、カイコ感染実験系の有用性と課題 ライソシンEの研究を中心として、メディカル・サイエンス セミナー(日本感染症医薬品協会主催)、3月24日、学士会館(千代田区神保町)、招待講演
<A01班-第2次公募班> 加藤 博章
学術論文および著書
  1. 清水敏之、 加藤博章、受容体とトランスポーターの構造薬理学、薬学雑誌、(査読有) 136, 171–172 (2016) doi: 10.1248/yakushi.15-00229-F
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Matsuoka Keita, Hirokane Ryo, Kodan Atsushi, Yamaguchi Tomohiro, Nakatsu Toru, Ueda Kazumitsu, Kato Hiroaki, Crystallographic study of the ABC transporter CmABCB1 covalently bound to substrate derivatives, 6th Special Meeting, ATP-Binding Cassette (ABC) Proteins: From Multidrug Resistance to Genetic Diseases, March 5 – 11, 2016, Innsbruck (Austria)
  2. Oyama Ryo, Pan Dongqing, Nakatsu Toru, Sato Tomomi, Yamaguchi Tomohiro, Kodan Atsushi, Ueda Kazumitsu, Iwata So, Kato Hiroaki, Serial Femtosecond Crystallography of ABC Transporter, 6th Special Meeting, ATP-Binding Cassette (ABC) Proteins: From Multidrug Resistance to Genetic Diseases, March 5 – 11, 2016, Innsbruck (Austria)
<A01班-第2次公募班> 島村 達郎
学術論文および著書
  1. Kabe Y, Nakane T, Koike I, Yamamoto T, Sugiura Y, Harada E, Sugase K, Shimamura T, Ohmura M, Muraoka K, Yamamoto A, Uchida T, Iwata S, Yamaguchi Y, Krayukhina E, Noda M, Handa H, Ishimori K, Uchiyama S, Kobayashi T, *Suematsu M.
    Haem-dependent dimerization of PGRMC1/Sigma-2 receptor facilitates cancer proliferation and chemoresistance. Nat Commun. 2016 Mar 18;7:11030. doi: 10.1038/ncomms11030.
  2. Shimamura T. Springer, Advanced Methods in Structural Biology. Chapter 6 Overview of membrane protein purification and crystallization. 2016, in press.
<A01班-第2次公募班> 林 良雄

【 A02班 天然物リガンドの探索と合成 】

<A02班-班長/計画班> 入江 一浩
学術論文および著書
  1. Kikumori, M., Yanagita, R. C., Tokuda, H., Suenaga, K., Nagai, H., *Irie, K., Structural optimization of 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin, as an anticancer lead, Biosci. Biotechnol. Biochem., 80, 221-231 (2016) (DOI: 10.1080/09168451.2015.1091718) 査読有
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hanaki, Y., Kikumori, M., Yanagita, R. C., Hotta, N., Tokuda, H., Izumi, S., Sakamoto, S., Handa, H., Okamura, M., Dan, S., Irie, K., “Large-scale synthesis, anti-cancer activity in vivo, and mechanism of anti-proliferative activity of 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin, as an anti-cancer lead”, The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences “Biomolecule-based Medicinal Science: Featuring Mid-Size Drugs”, Takeda Pharmaceutical Company, Ltd., Suita, Japan, Jan. 21, 2016 (Poster Presentation)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 芦田能基, 柳田 亮,川浪康弘, 入江一浩,「分子モデリングによるAplysiatoxinとプロテインキナーゼC C1ドメインとの結合様式の予測」,2016年度日本農芸化学会大会,札幌コンベンションセンター(札幌市),平成28年3月28日(ポスター発表)
  2. 花木祐輔,堀田夏紀,菊森将之,岡村睦美,旦 慎吾, 入江一浩,「新規抗がん剤シード・10-Me-aplog-1のがん細胞増殖抑制機構」,2016年度日本農芸化学会大会,札幌コンベンションセンター(札幌市),平成28年3月28日(ポスター発表)
  3. 花木祐輔,堀田夏紀,菊森将之, 入江一浩,「新規抗がん剤シード・aplog類のがん細胞増殖抑制機構の解析」,新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー 〜分子標的と活性制御〜」地区ミニシンポジウム,京都大学楽友会館(京都市),平成28年2月23日(一般講演)
<A02班-計画班> 井本 正哉、田代 悦(連携研究者)
学術論文および著書
  1. Ioka S, Saitoh T, Iwano S, Suzuki K, Maki S.A., Miyawaki A, Imoto M, and *`Nishiyama S. Synthesis of firefly luciferin analogues and evaluation of the luminescent properties. Chem. Eur. J.. in press
  2. *Igarashi Y, Asano D, Sawamura M. In Y, Ishida T, Imoto M. :Ulbactins F and G, polycyclic Thiazoline derivatives with tumor cell migration inhibitory activity from Brevibacillus sp. Org. Lett in press
  3. Kritsanawong S, Innajak S, Imoto M, *Watanapokasin R. Antiproliferative and apoptosis induction of -mangostin in T47D breast cancer cells. International J. Oncology in press
  4. Kakeya H. Natural products-prompted chemical biology: phenotypic screening and a new platform for target identification. Nat Prod Rep. Feb.17 (2016) doi: 10.1039/C5NP00120J
  5. Saito S, Fujimaki T, Panbangred W, Igarashi Y and *Imoto M. Antarlides, A new-type of Androgen Receptor (AR) Antagonist, that overcomes resistance to AR-targeted Therapy. Angewandte Chemie Int. Ed. 55(8):2728-32 (2016)
  6. Kaneta H, Koda M, Saito S, Imoto M, Kawada M, Yamazaki Y, Momose I & *Shindo K. Biological activities of unique isoflavones prepared from Apios americana Medik. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry Jan 25:1-5 (2016) doi: 10.1080/09168451.2015.1127132.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Masaya Imoto、Synthetic lethal screening for the compound with β-catenin mutation from natural product library、10th AACR-JCA Joint Conference、2016年2月18日、ハイアットリージェンシーマウイ(マウイ・USA)
  2. Shuji Ioka, Tsuyoshi Saito, Satoshi Iwano, Shojiro Maki, Haruki Niwa, Masaya Imoto, and Shigeru Nishitama、Development of the new firefly luciferin analog aiming at detection of a free radical in the living body、The 8th Korea-Japan Chemical Biology Symposium、2016年1月19日、Pasific Hotel Okinawa(沖縄県・那覇市)
  3. Yuki Shikata, Masaki Kiga, Etsu Tashiro, and Masaya Imoto、Screening for the compound that induces cell death selectively in β-catenin mutant tumor cells、The 8th Korea-Japan Chemical Biology Symposium、2016年1月19日、Pasific Hotel Okinawa(沖縄県・那覇市)
  4. Shun Saito, Takahiro Fujimaki, Etsu Tashiro, Igarashi Yasuhiro, and Masaya Imoto、Antarlides, New-Type Androgen Receptor (AR) Antagonisut, That Overcome Resistanse to AR-targeted Therapy、The 8th Korea-Japan Chemical Biology Symposium、2016年1月19日、Pasific Hotel Okinawa(沖縄県・那覇市)
  5. Masahiro Miura and Masaya Imoto、Studies on neuroprotective effects of SMK-17 as a drug-seed for parkinson’s disease、The 8th Korea-Japan Chemical Biology Symposium、The 8th Korea-Japan Chemical Biology Symposium、Pasific Hotel Okinawa(沖縄県・那覇市)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 今辻紗也佳、大嶽弘之、奈良部進、 田代悦、井本正哉、Cisplatin持続暴露によるEMT誘導機構、日本農芸化学会2016年度大会、2016年3月29日、札幌コンベンションセンター(北海道・札幌市)
  2. 池田拓慧、 田代悦、井本正哉、β-catenin変異型がん細胞選択的に細胞死を誘導する化合物の探索、日本農芸化学会2016年度大会、2016年3月29日、札幌コンベンションセンター(北海道・札幌市)
  3.  齋藤駿、藤巻貴宏、 田代悦、五十嵐康弘、 井本正哉、ホルモン療法抵抗性前立腺がんに対する天然物創薬研究、日本薬学会第136回年会、2016年3月28日、パシフィコ横浜(神奈川県・横浜市)
  4. 四方雄貴、木我真基 、田代悦、井本正哉、メラノーマ治療薬として開発されたMEK阻害剤の大腸がん治療薬としての可能性、日本薬学会第136回年会、2016年3月27日、パシフィコ横浜(神奈川県・横浜市)
  5. 井岡秀二、斉藤毅、岩野智、牧昌次郎、鈴木孝治、 井本正哉、西山繁、新規発光物質の開発を目的としたホタルルシフェリンアナログの合成と活性評価、日本化学会第96回春季年会(2016)、2016年3月24日、同志社大学(京都府京・田辺市)
<A02班-計画班> 松永 茂樹
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 入江樂, 高田健太郎,岡田茂, 松永茂樹「大島新曽根産カイメン由来の新規poecillastrin類縁体の単離と構造解析」平成28年度日本水産学会春季大会,2016年3月29日,東京海洋大学.(一般講演)
  2. 二宮章洋, 高田健太郎,岡田茂, 松永茂樹,能木裕一「海洋放線菌Streptomyces sp.由来の新規ペプチドの単離と構造決定」平成28年度日本水産学会春季大会,2016年3月29日,東京海洋大学.(一般講演)
<A02班-計画班> 石橋 正己、荒井 緑(研究分担者)、當銘 一文(研究分担者(2014年10月まで))、石川 直樹(研究分担者(2014年11月以降)
学術論文および著書
  1. Abdelfattah, M. S.; Arai, M. A.; *Ishibashi, M. “Bioactive secondary metabolites with unique aromatic and heterocyclic structures obtained from terrestrial actinomycetes species” Chem. Pharm. Bull. in press DOI:10.1248/cpb.c16-00038 査読有
  2. Ahmed F.; *Ishibashi, M. “Bio-active natural products with TRAIL-resistance overcoming activity” Chem. Pharm. Bull. 2016, 64, 119-127 DOI:10.1248/cpb.c15-00732 査読有
  3. *Arai, M. A.; Kofuji, Y.; Tanaka, Y.; Yanase, N.; Yamaku, K.; Fuentes, R. G.; Karmakar, U. K.; *Ishibashi, M. “Synthesis of rocaglamide derivatives and evaluation of their Wnt signal inhibitory activities” Org. Biomol. Chem. 2016, 14, 3061-3068 DOI:10.1039/c5ob02537k 査読有
  4. Ahmed, F.; Toume, K.; Ishikawa, N.; Arai, M. A.; Sadhu, S. K.; *Ishibashi, M. “Constituents from Entada scandens with TRAIL-resistance overcoming activity” Nat. Prod. Commun. in press http://www.naturalproduct.us/ 査読有
  5. Abdelfattah, M. S.; Ishikawa, N.; Karmakar, U. K.; Yamaku, K.; *Ishibashi, M. “New phenazine analogues from Streptomyces sp. IFM 11694 with Wnt signaling inhibitory and TRAIL resistance-overcoming activities” J. Antibiot. in press DOI:10.1038/ja.2015.129 査読有
  6. Karmakar, U. K.; Toume, K.; Ishikawa, N.; Arai, M. A.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; *Ishibashi, M. “Bioassay-guided isolation of compounds with TRAIL-resistance overcoming activity from Datura stramoniumNat. Prod. Commun. in press http://www.naturalproduct.us/ 査読有
  7. *Arai, M. A.; Ishikawa, N.; Tanaka, M.; Uemura, K.; Sugimitsu, N.; Koyano, T.; Kowithayakorn, T.; *Ishibashi, M. “Hes1 dimer inhibitor isolated by target protein oriented natural products isolation (TPO-NAPI) of differentiation activators of neural stem cells” Chem. Sci. 2016, 7, 1514-1520 DOI:10.1039/c5sc03540f 査読有
  8. Abdelfattah, M. S.; Ishikawa, N.; Karmakar, U. K.; *Ishibashi, M. “Sulfotanone, a new alkyl sulfonic acid derivative from Streptomyces sp. IFM 11694 with TRAIL resistance-overcoming activity” J. Nat. Med. in press DOI:10.1007/s11418-015-0951-3 査読有
国際会議における学術講演・研究発表
  1. M. A. Arai, “Search for neural stem cell activators based on natural products”, Asian Chemical Biology Initiative 2016 Jakarta Meeting, January 30, 2016, Jakarta
<A02班-計画班> 品田 哲郎、大船泰史(研究分担者)
学術論文および著書
  1. ◎Y. Yasuno, M. Hamada, M. Kawasaki, K. Shimamoto, Y. Shigeri, T. Akizawa, M. Konishi, Y. Ohfune,* T. Shinada, (7S)-Kaitocephalin as a potent NMDA receptor selective ligand, Org. Biomol. Chem.(査読有)2016, 14, 1206-1210. DOI: 10.1039/C5CC08458J.
  2. Y. Yasuno, Y. Yoshida, A. Nishimura, Y. Ohfune, *T. Shinada, A facile synthesis of (5-siloxymehtl)pyrrolidine-2- carboxylic acid ester, Heterocycles(査読有)2016, 91, 2377-2385. DOI: 10.3987/COM-15-13347
  3. Y. Yasuno, A. Nishimura, Y. Yasukawa, Y. Karita, Y. Ohfune, *T. Shinada, The stereoselective construction of E– and Z-Δ-Ile from E-dehydroamino acid ester: the synthesis of the phomopsin A tripeptide side chain, Chem. Commun. (査読有)2016, 52, 1478-1481. DOI: 10.1055/s-0034-1380812
<A02班-計画班> 渡邉 秀典
<A02班-第1次・第2次公募班> 難波 康祐
学術論文および著書
  1. Nakayama, A.; Nishio, S.; Otani, A.; Mera, A.; Osawa, A.; Tanino, K.; *Namba, K. Substituent Effect at the C4-Position of 1,3a,6a-Triazapentalene. Chem. Pharm. Bull.(査読あり)2016, in press.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 難波康祐、「化学合成の限界に挑むものづくり:palau’amineの全合成」、日本化学会第96春季年会 特別企画「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」、2016年3月24日、同志社大学(京田辺市)
  2. 難波康祐、「Palau’amineの全合成」、日本薬学会第136年会、シンポジウム「天然物ケミカルバイオロジー」、2016年3月29日、パシフィコ横浜(横浜市)
<A02班-第1次・第2次公募班> 市川 聡
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 笠井由起子、佐藤浩輔、 市川聡、芳香族求核置換反応を利用したDNAメチル化酵素阻害剤の創製研究、日本薬学会第136年会 (口頭発表)、2016年3月29日、パシフィコ横浜(神奈川県・横浜市)
  2. 内海翔平、佐藤浩輔、 市川聡、エピジェネティック制御を指向した非環式C-ヌクレオシドの合成と性質、日本薬学会第136年会 (口頭発表)、2016年3月29日、パシフィコ横浜(神奈川県・横浜市)
<A02班-第1次・第2次公募班> 不破 春彦
学術論文および著書
  1. *H. Fuwa, N. Yamagata, Y. Okuaki, Y. Ogata, A. Saito, M. Sasaki, “Total Synthesis and Complete Stereostructure of a Marine Macrolide Glycoside, (−)-Lyngbyaloside B,” Chemistry – A European Journal, 22, 6815-6829(2016). DOI: 10.1002/chem.201600341. 査読有(Selected as Hot Paper and Front Cover Article)
  2. *H. Fuwa, “Contemporary Strategies for the Synthesis of Tetrahydropyran Derivatives: Application to Total Synthesis of Neopeltolide, a Marine Macrolide Natural Product,” Marine Drugs, 14, 65 (2016). DOI: 10.3390/md14040065. 査読有
  3. R. Isaka, L. Yu, M. Sasaki, Y. Igarashi, *H. Fuwa, “Complete Stereochemical Assignment of Campechic Acids A and B,” The Journal of Organic Chemistry, 81, 3638-3647 (2016). DOI: 10.1021/acs.joc.6b00290. 査読有
  4. *H. Fuwa, S. Matsukida, T. Miyoshi, Y. Kawashima, T. Saito, *M. Sasaki, “Progress toward the Total Synthesis of Goniodomin A: Stereocontrolled, Convergent Synthesis of the C12–C36 Fragment,” The Journal of Organic Chemistry, 81, 2213–2227 (2016). DOI: 10.1021/acs.joc.5b02650. 査読有(Selected as Front Cover Article)
  5. H. Fuwa, Elsevier, “Strategies and Tactics in Organic Synthesis,” 2016, in press.
  6. Y. Kawashima, A. Toyoshima, *H. Fuwa, *M. Sasaki, “Toward the Total Synthesis of Amphidinolide N: Synthesis of the C8-C29 Fragment,” Organic Letters, 18, 2232-2235 (2016). DOI: 10.1021/acs.orglett.6b00871.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 柳 翔太,野口拓真,川上雅人,佐々木 誠, 不破春彦,丹羽伸介,杉本亜砂子,ネオペルトリド蛍光標識アナログの合成と機能評価,日本化学会第96春季年会,2016年3月25日,同志社大学(京都府京田辺市)
  2. 坂本渓太,佐々木 誠, 不破春彦,イリオモテオリド-2aの全合成研究,日本化学会第96春季年会,2016年3月24日,同志社大学(京都府京田辺市)
  3. 小野寺悠,廣田一晃,佐々木 誠, 不破春彦,ガンビエロール光感応基標識アナログの合成と機能評価,日本化学会第96春季年会,2016年3月24日,同志社大学(京都府京田辺市)
  4. 豊島 惇,川島悠岐, 不破春彦,佐々木 誠,アンフィジノリドNの全合成研究,日本化学会第96春季年会,2016年3月24日,同志社大学(京都府京田辺市)
<A02班-第1次・第2次公募班> 西村 慎一
学術論文および著書
  1. Espiritu, R. A., Cornelio, K., Kinoshita, M., Matsumori, N., Murata, M., Nishimura, S., Kakeya, H., Yoshida, M. & Matsunaga, S. (2016) Marine sponge cyclic peptide theonellamide A disrupts lipid bilayer integrity without forming distinct membrane pores. Biochim. Biophys. Acta 1858, 1373-1379. DOI: 10.1016/j.bbamem.2016.03.019.
<A02班-第1次・第2次公募班(2015年8月終了)・研究協力者> 田中 克典、岩田隆幸(連携研究者)、北谷方嵩(連携研究者)
<A02班-第1次・第2次公募班> 戸嶋 一敦
学術論文および著書
  1. M. Okuyama, H. Ueno, Y. Kobayashi, H. Kawagishi, D. Takahashi, *K. Toshima, Target-selective photo-degradation of AFP-L3 and selective photo-cytotoxicity against HuH-7 hepatocarcinoma cells using an anthraquinone-PhoSL hybrid, Chemical Communications, 52, 2169-2172 (2016). (査読有)
    DOI: 10.1039/C5CC09542E
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 外川翔太、高橋 大介、 戸嶋一敦、光制御型酵素を指向したアントラキノン-酵素-ペプチドハイブリッド分子の創製、日本化学会第96 春季年会、平成28 年3 月26日、同志社大学京田辺キャンパス(京都府・京田辺市).
  2. 笠井章弘、荒深慎介、松原輝彦、佐藤智典、高橋大介、 戸嶋一敦、硫酸化オリゴフコシドの系統的合成とインフルエンザウイルスヘマグルチニンに対する結合能、日本化学会第96春季年会、平成28 年3 月24日、同志社大学京田辺キャンパス(京都府・京田辺市).
  3. 田中将道、梨子田淳希、高橋大介、 戸嶋一敦、ボリン酸-糖受容体エステルを用いた立体選択的1,2-cis-グリコシル化反応の開発、日本化学会第96 春季年会、平成28 年3 月24日、同志社大学京田辺キャンパス(京都府・京田辺市).
  4. 木村智哉、江藤貴宏、高橋大介、 戸嶋一敦、チオウレアを有機光酸触媒とする光グリコシル化反応の開発、日本化学会第96 春季年会、平成28 年3 月24日、同志社大学京田辺キャンパス(京都府・京田辺市).
<A02班-第1次・第2次公募班> 平井 剛
学術論文および著書
  1. Xiaoying Sun, Go Hirai, Masashi Ueki, Hiroshi Hirota, Qianqian Wang, Yayoi Hongo, Takemichi Nakamura, Yuki Hitora, Hidekazu Takahashi, Mikiko Sodeoka, Hiroyuki Osada5, Makiko Hamamoto, *Minoru Yoshida, *Yoko Yashiroda, “Identification of novel secreted fatty acids that regulate nitrogen catabolite repression in fission yeast”, Sci. Rep.、査読有、6, 2016, 20856, DOI:10.1038/srep20856.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 孫暁穎、分裂酵母の窒素源カタボライト抑制を解除する分泌性活性物質の同定、日本農芸化学会2016年度大会、2016年3月29日、札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)
  2. 野村勇作、単量体型スペクトマイシンの全立体異性体全合成とSUMO化阻害活性、日本化学会第96回春季年会、2016年3月26日、同志社大学(京都府京田辺市)
  3. 太田英介、分子間水素移動を経るα-ケトエステルの光誘起カップリング反応、日本化学会第96回春季年会、2016年3月25日、同志社大学(京都府京田辺市)
  4. 三瓶悠、α-ケトアミドの光励起によるシクロプロパノール形成反応、日本化学会第96回春季年会、2016年3月25日、同志社大学(京都府京田辺市)
  5. 森田昌樹、フィサリンの全合成研究: エンインメタセシスを基盤としたABC環部構築法の開拓、日本化学会第96回春季年会、2016年3月24日、同志社大学(京都府京田辺市)
  6. 平井剛、ケミカルバイオロジーに役立つものづくりを目指して、日本化学会第96回春季年会、2016年3月24日、同志社大学(京都府京田辺市)
  7. 平井剛、Focused library戦略と天然物合成、新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」地区ミニシンポジウム、東京農工大学小金井キャンパス2016年3月8日(東京都小金井市)
<A02班-第2次公募班> 桑原 重文
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 佐藤俊太郎,福田裕紀,村上真裕子,廣川高史, 桑原重文「Strophasterol Aの全合成研究」
    日本農芸化学会2016年度大会,2016年3月29日,札幌コンベンションセンター(北海道・札幌市)
<A02班-第2次公募班(2015年10月終了)・研究協力者> 土井 隆行
<A02班-第2次公募班> 川上 隆史
学術論文および著書
  1. Kawakami, T., Ogawa, K., Hatta, T., Goshima, N., Natsume T. Directed Evolution of a Cyclized Peptoid-Peptide Chimera against a Cell-Free Expressed Protein and Proteomic Profiling of the Interacting Proteins to Create a Protein-Protein Interaction Inhibitor. ACS Chemical Biology, 査読有、11, 2016, in press
<A02班-第2次公募班> 占部 大介
学術論文および著書
  1. Kamimura, D.; Nagatomo, M.; Urabe, D.; *Inoue, M. “Expanding the scope of Et3B/O2-mediated coupling reactions of O,Te-acetal,” Tetrahedron 2016, in press. DOI: 10.1016/j.tet.2016.04.023
  2. Hagiwara, K.; Tabuchi, T.; Urabe, D.; *Inoue, M. “Expeditious synthesis of the fused hexacycle of puberuline C via a radical-based cyclization/translocation/cyclization process,” Chem. Sci. 2016, in press. DOI: 10.1039/C6SC00671J
  3. Nagatomo, M.; Hagiwara, K.; Masuda, K.; Koshimizu, M.; Kawamata, T.; Matsui, Y.; Urabe, D.; *Inoue, M. “Symmetry-driven strategy for the assembly of the core tetracycle of (+)-ryanodine: synthetic utility of a cobalt-catalyzed olefin oxidation and α-alkoxy bridgehead radical reaction,” Chem. Eur. J. 2016, 22, 222-229. DOI: 10.1002/chem.201503640
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 占部大介, 日本薬学会第136年会シンポジウム 天然物ケミカルバイオロジー(4):天然物合成とケミカルバイオロジー,「ラジカル反応を基盤としたチグリアン・ダフナンジテルペン類の合成戦略」, パシフィコ横浜, 2016年3月29日
<A02班-第2次公募班> 田中 浩士
学術論文および著書
  1. Ryota Suzuki, Shinichiro Fuse, and Hiroshi Tanaka*, Synthesis of Asymmetrically Terminal Bifunctionlized Alkanes by Sequential Suzuki-Miyaura Coupling using B-Thexyl Boracyclanes,
    Eur. J. Org. Chem., 2016, accepted for publication
  2. Hiroki Hamagami, Motofumi Kumazoe, Yoshiki Yamaguchi, Shinichiro Fuse, Hirofumi Tachibana, and Hiroshi Tanaka*,6-Azido-6-deoxy-L-idose as a hetero-bifunctional spacer for the synthesis of azido-containing chemical probes, Chem. Eur. J., 2016, accepted for publication
  3. Nana Shiraishi, Motofumi Kumazoe, Shinichiro Fuse, Hirofumi Tachibana, and Hiroshi Tanaka*, The synthesis of trans-flavan-3-ol gallates by regioselective oxidative etherification and their cytotoxicity mediated by 67LR, Chem. Eur. J., 2016, accepted for publication
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 佐藤航・鈴木涼太・ 田中浩士 、環状ホウ素化合物における連続的鈴木・宮浦カップリングを用いた真菌由来糖脂質類縁体合成法の開発,日本化学会第96春季年会(2016)、平成28年3月24日(木)-27日(日)同志社大学 京田辺キャンパス (京都)
<A02班-第2次公募班> 藤本 ゆかり、井貫 晋輔(連携研究者)、相羽 俊彦(連携研究者)
学術論文および著書
  1. Wang, N., Hirata, A., Nokihara, K., Fukase, K., *Fujimoto, Y., Peptidoglycan Microarray as A Novel Tool to Explore Protein-Ligand Recognition. Biopolymers. 2016, in press. doi: 10.1002/bip.22807. 査読有
  2. Shiokawa, Z., Inuki, S., Fukase, K., *Fujimoto, Y., Efficient synthesis of (‒)-hanishin, (‒)-longamide B, and (‒)-longamide B Methyl Ester via piperazinone formation with 1,2-cyclic sulfamidates. Synlett, 2016, 27(04), 616-620. DOI: 10.1055/s-0035-1560988 査読有
  3. Aiba, T., Sato, M., Umegaki, D., Iwasaki, T., Kambe, N., Fukase, K., *Fujimoto, Y. Regioselective Phosphorylation of myo-Inositol with BINOL-Derived Phosphoramidites, and Its Application for Protozoan Lysophosphatidylinositol. Org. Biomol. Chem., 2016, in press. DOI: 10.1039/C6OB01062H.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Yukari Fujimoto, “Immunomodulatory Microbial Components; Their Structures, Syntheses and Biological Functions”, International Conference of Computational Methods in Science and Engineering (ICCMSE 2016) Computational Chemistry (CC) Symposium (Athens(ギリシャ) 2016.3.17-20)
  2. Yukari Fujimoto,“Microbial Glycoconjugates; Chemistry and Immunomodulatory Functions” , The 3rd Mini-Symposium between Keio University and National Tsing Hua University (Hsinchu(台湾), 2016.3.11)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 中川 翔、下山 敦史、 相羽俊彦*藤本 ゆかり、*深瀬 浩一、内因性CD1dリガンドとしてのホスファチジルイノシトールの合成とその生理活性、日本化学会第96春季年会(同志社大学・京都府京田辺市)2016.3.24-27
  2. Toshihiko Aiba, Sae Suehara, Hannah Bernin, Hanna Lotter, Shinsuke Inuki, Koichi Fukase, *Yukari Fujimoto 、Synthesis and immunomodulatory activity of inositol phospholipid from Entamoeba histolytica、第8回武田科学振興財団薬科学シンポジウム(生命分子から薬を創る―中分子薬を中心に―(武田薬品研修所・大阪府吹田市)2016.1.21-22
  3. 藤本ゆかり、生体防御の制御分子を探る、 生命化学研究会 ポストコンファレンス(雲仙観光ホテル・長崎県雲仙市) 2016.1.8-9  
  4. 相羽俊彦、末原紗英、中川翔、Bernin Hannah、Lotter Hanna、 井貫晋輔、深瀬浩一、 *藤本ゆかり、種々の細胞表層のイノシトールリン脂質が免疫機構を調節する、第18回生命化学研究会(石川屋旅館・長崎県南島原市)2016.1.8-9
     
  5. 中川 翔、下山敦史、 相羽俊彦*藤本ゆかり、*深瀬浩一、内因性CD1dリガンドの探索を目指したホスファチジルイノシトールの合成とその生理活性、第18回生命化学研究会(石川屋旅館・長崎県南島原市)2016.1.8-9
  6.  

特許出願
  1. 井貫 晋輔、平田 菜摘、相羽 俊彦、 *藤本ゆかり (出願人:学校法人慶應義塾)
    「化合物又はその塩、ナチュラルキラーT細胞活性化剤、及び医薬組成物」特願2016-57416(2016.3.22)

【 A03班 標的探索・合理的分子設計の新方法論 】

<A03班-班長/計画班> 上田 実
学術論文および著書
  1. S. Egoshi, Y. Takaoka, H. Saito, Y. Nukadzuka, K. Hayashi, Y. Ishimaru, H. Yamakoshi, K. Dodo, M. Sodeoka, *M. Ueda, Dual function of coronatine as a bacterial virulence factor against plant: possible COI1-JAZ-independent role, RSC Adv., 6, 19404-19412 (2016).
  2. Y. Takaoka, M. Shigenaga, Y. Nukadzuka, M. Imai, Y. Ishimaru, K. Saito, R. Yokoyama, K. Nishitani, *M. Ueda, Protein Ligand-tethered Synthetic Calcium Indicator for Localization Control and Spatiotemporal Calcium Imaging in Plant Cells, Bioorg. Med. Chem. Lett., 26, 9-14 (2016).
  3. T. Kobayashi, R. Nakanishi Itai, T. Senoura, T. Oikawa, Y. Ishimaru, M. Ueda, H. Nakanishi, *N. K. Nishizawa, Jasmonate signaling is activated in the very early stages of iron deficiency responses in rice roots, Plant Mol. Biol. in press (2016).
  4. 上田 実著、上村大輔編、「天然物の化学−魅力と展望」、東京化学同人(2016).
  5. 上田 実著、杉本直己編著「生体分子化学―基礎から応用まで」講談社サイエンティフィック、(2016).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. M. Ueda, Plant Chemical Biology using Bioactive Natural Products, RIKEN-Max Planck Joint Research Center Fifth Annual Symposium, 17-20 Apr 2016, Berlin (Germany).
<A03班-計画班> 叶 直樹、臼井健郎(研究分担者)
学術論文および著書
  1. N. Kanoh*, S. Itoh, K. Fujita, K. Sakanishi, R. Sugiyama, Y. Terajima, Y. Iwabuchi, S. Nishimura, H. Kakeya, Asymmetric Total Synthesis of Heronamides A-C: Stereochemical Confirmation and Impact of Long-range Stereochemical Communication on the Biological Activity, Chem. Eur. J., accepted (2016).
  2. N. Kanoh*, Photo-Cross-Linked Small-Molecule Affinity Matrix as a Tool for Target Identification of Bioactive Small Molecules, Nat. Prod. Rep., in press (2016), DOI: 10.1039/C5NP00117J
  3. T. Itagaki, A. Kawamata, M. Takeuchi, K. Hamada, Y. Iwabuchi, T. Eguchi, F. Kudo, T. Usui, N. Kanoh*, Synthesis and structure-activity relationship study of FD-891: importance of the side chain and C8-C9 epoxide for cytotoxic activity against cancer cells, J. Antibiot., in press (2016), doi:10.1038/ja.2015.148
  4. Y. Nishiyama, T. Ohmichi, S. Kazami, S. Iwasaki, K. Mano, Y. Nagumo, F. Kudo, S. Ichikawa, Y. Iwabuchi, N. Kanoh, T. Eguchi, H. Osada, T. Usui*, Vicenistatin induces early endosome-derived vacuole formation in mammalian cells, Biosci. Biotech. Biochem., 80, 902-910 (2016),
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. ○板垣友宏, 川又綾乃, 叶直樹, 岩渕好治, 抗腫瘍性マクロライドFD-891およびその類縁体合成と構造活性相関研究(口頭発表)
    日本薬学会第136年会(横浜 2016年3月27-30日)
特許出願
  1. (産業財産権の名称)微小管重合阻害剤 (発明者)臼井健郎、早川一郎、他 
    (権利者)筑波大 (産業財産権)特許権(番号)特願2014‐267073(出願年月日)平成27年1月21日 (国内・国外の別)国内
<A03班-計画班> 木越 英夫、北将樹(研究分担者)
国際会議における学術講演・研究発表
  1. 北将樹、Recent advances in the study of actin-targeting natural products.
    Future Dreams in Chemical Science and Technology: Bridges to Global Innovations.
    北海道大学フロンティア化学教育研究センター国際シンポジウム, 2016年2月23-24日, 北海道大学(北海道).

国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 北将樹、タンパク質-天然物リガンド相互作用を解析するケミカルプローブの開発、
    新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」地区ミニシンポジウム、
    東京農工大学小金井キャンパス(東京都)、2016年3月8日
<A03班-計画班>西川 俊夫、安立 昌篤(研究分担者)、此木 敬一(研究分担者)
学術論文および著書
  1. Tsuchiya, S., Cho, Y. Konoki, K., Nagasawa, K., Oshima, Y., *Yotsu-Yamashita, M. Biosynthetic route towards saxitoxin and shunt pathway, Sci. Rep., 6, 20340 (2016).(査読有)(doi: 10.1038/srep20340)
  2. *西川俊夫:カスケード型環化反応による天然物合成の効率化。特集 天然物の全合成、全合成の最先端研究I、化学, 71, pp 40-43 (2016).
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. Sohei Ueno, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: Synthetic study on (+)-saxitoxin. 名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム グリーン自然科学国際教育研究プログラム 年次報告会2015(名古屋)2016.1.8.(ポスター発表)
  2. 上野壮平、中崎敦夫、 西川俊夫:(+)-サキシトキシンの合成研究。日本化学会第96春季年会(京都)2016.3.24-2016.3.27.(一般講演)
  3. Wen-Yu Huang, Toshio Nishikawa, Atsuo Nakazaki: Synthetic Study on Lycojapodine A.日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.(ポスター発表)
  4. 野倉吉彦、 西川俊夫: アプリシアトキシンの合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.(ポスター発表)
  5. 宮澤 悠、駒田武馬、 安立昌篤、西川俊夫:ジャガイモシスト線虫孵化促進物質ソラノエクレピンA右側部分の合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.(ポスター発表)
  6. 山本雄太、 西川俊夫:エンドファイトが産生するアルカロイド、ペラミンの化学合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.(ポスター発表)
  7. 岩瀬翔太郎、堀田貴大、 安立昌篤、西川俊夫 : 8-epiテトロドトキシンの合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27.-2016.3.30.(ポスター発表)
  8. 植木佳織、樋口恵子、 安立昌篤、西川俊夫:セスペンドール芳香環部分の光学活性体の合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.(ポスター発表)
  9. 橋本圭古、池田 藍、 西川俊夫、中崎敦夫:Inagami-Tamura EDLFの合成化学的研究: 光学活性体の合成ルートの確立。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.(ポスター発表)
  10. 長谷川耕太、鳥居真衣、 安立昌篤、西川俊夫:ジャガイモシスト線虫孵化促進物質ソラノエクレピンA左側部分の合成研究。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.(ポスター発表)
  11. 室岡孝信、宮澤 悠、 安立昌篤、山下哲郎、 西川俊夫、宮崎雅雄:ネコにマタタビ反応を誘発する新規活性物質の同定。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.(ポスター発表)
  12. 塚本匡顕、千葉雪絵、 安立昌篤、榊原 良、所 聖太、今津拓也、佐竹佳樹、長 由扶子、 西川俊夫、山下まり、 此木敬一:電位依存性ナトリウムチャネルに対するテトロドトキシンおよびその類縁体の阻害活性評価。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.(ポスター発表)
  13. 猿橋祥吾、長由扶子、 此木敬一、西川俊夫、山下まり:11-oxo TTXをハプテンとしたポリクローナル抗体の作製とTTX誘導体の生理活性。日本農芸化学会2016年度大会(札幌)2016.3.27-2016.3.30.(ポスター発表)
<A03班-計画班> 佐々木 誠
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 小野寺 悠、廣田一晃、 佐々木 誠、不破春彦、
    ガンビエロール光感応基標識アナログの合成と機能評価、日本化学会第96春季年会、平成28年3月24日、同志社大学(京都)
<A03班-第1次・第2次公募班(2015年終了)・研究協力者> 永次 史
<A03班-第1次・第2次公募班> 細谷 孝充
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 陳 勝男, 目黒友啓, 吉田 優, 細谷孝充.オキサジアジノンと環状アルキンとの環化付加反応を利用した分子連結法の開発.日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス,2016年3月.
  2. 目黒友啓, 吉田 優, 細谷孝充.穏和な芳香族アジド基選択的還元反応の開発.日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス,2016年3月.
  3. 大谷和弘, 後藤沙由里, 三澤善大, 吉田 優, 細谷孝充.アジド基を有するα-ジアゾアセトフェノンを用いる多様性指向型合成.日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス,2016年3月.
  4. 後藤沙由里, 近藤正一, 松下武司, 吉田 優, 細谷孝充.アルケニルアジドを利用する多様性に富んだトリアゾール類の簡便合成法の開発.日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス,2016年3月.
  5. 吉田 優, 三澤善大, 栗原ともこ, 森田隆太, 喜井 勲, 渡辺恭良, 細谷孝充.新しいマルチアジド化合物をプラットフォーム分子として用いる機能性分子集積法の開発.日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス,2016年3月.
  6. 牧尾直明, 畠山泰朋, 唐木文霞, 井川和宣, 友岡克彦, 吉田 優, 細谷孝充.シリカゲルカラムで精製できる環状アルキン–銅錯体の開発.日本化学会第96春季年会,同志社大学京田辺キャンパス,2016年3月.
<A03班-第1次・第2次公募班> 高岡 洋輔
学術論文および著書
  1. ◎ Shusuke Egoshi, Yousuke Takaoka, Hiroaki Saito, Yuuki Nukadzuka, Kengo Hayashi, Yasuhiro Ishimaru, Hiroyuki Yamakoshi, Kosuke Dodo, Mikiko Sodeoka, Minoru Ueda*, Dual function of coronatine as a bacterial virulence factor against plants: possible COI1/JAZ independent role. RSC Adv., 6, 19404-19412 (2016). DOI 10.1039/c5ra20676f. 【査読有】
  2. ◎ Yousuke Takaoka, Miyuki Shigenaga, Yuuki Nukadzuka, Masaki Imai, Yasuhiro Ishimaru, Kei Saito, Ryusuke Yokoyama, Kazuhiko Nishitani, Minoru Ueda*, Protein Ligand-tethered Synthetic Calcium Indicator for Localization control and Spatiotemporal Calcium Imaging in Plant Cells. Bioorg. Med. Chem. Lett., 26, 9-14 (2016). DOI: 10.1016/j.bmcl.2015.11.055. 【査読有】
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 林謙吾、岩下利基、江越脩祐、石丸泰寛、 高岡洋輔、 上田実、「植物毒素コロナチンのケミカルバイオロジー(2) コロナチンの気孔開口活性標的タンパク質の探索」、日本化学会第96春季年会、2016年3月24日、京田辺、同志社大学
<A03班-第1次・第2次公募班> 大神田 淳子
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Junko Ohkanda “Module-assembly for intracellular generation of mid-sized agents”• Asian Chemical Biology Initiative, Jakarta, Indonesia • January 30.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 大神田淳子「たんぱく質間相互作用を調節する合成分子を創る」2015年度学内講演会Chemical Biology、香川大学 (香川県・高松市)、2016年2月17日
  2. 大神田淳子「細胞内たんぱく質間相互作用を制御する中分子の創製:お茶の水女子大学化学科公開セミナー、お茶の水女子大学 (東京都・文京区)、2016年2月12日
受賞
  1. 大神田淳子、武田科学振興財団poster award、2016年1月22日
<A03班-第1次・第2次公募班> 相田 美砂子
<A03班-第1次・第2次公募班> 高橋 栄夫
<A03班-第1次・第2次公募班> 菅 敏幸
<A03班-第1次・第2次公募班> 中村 浩之
学術論文および著書
  1. H. S. Ban, Y. Uto, M. Won, *H. Nakamura, Hypoxia-inducible factor (HIF) inhibitors: a patent survey (2011-2015). Exp. Opin. Ther. Pat. 26, 309–322. (2016). 査読有doi: 10.1517/13543776.2016.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 〇佐藤 伸一、中村 公亮、 中村 浩之、ルミノール誘導体を用いたチロシン残基選択的な化学修飾法開発、日本化学会第96回年会、2016年3月24-27日(同志社大学、京都)
  2. 〇羽田野 兼資、 佐藤 伸一中村 浩之、光触媒を用いたTyr残基修飾反応における一電子移動範囲の解明、日本化学会第96回年会、2016年3月24-27日(同志社大学、京都)
  3. 〇佐藤 伸一、中村 公亮、中野 洋文、 中村 浩之、チロシン残基選択的化学修飾法を用いたチロシンホスファターゼ活性スクリーニング法の開発、日本化学会第96回年会、2016年3月24-27日(同志社大学、京都)
  4. 〇中村浩之、ホウ素を使ってがんに挑む ~ホウ素創薬の最前線~、第8回「国際的キャリア展望に向けた生命化学研究者による講演会」招待講演、2016年1月27日(岡山大学、岡山)
  5. 〇S. Sato, K. Nakamura, H. Nakamura, Heme-Catalyzed Tyrosine Click Reaction. The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences、2016年1月20-22日(大阪)
<A03班-第1次・第2次公募班> 神澤 信行
学術論文および著書
  1. R. Asahi, K. Tanaka, T.J. Fujimi, N. Kanzawa, S. Nakajima*, Proline decreases the suppressive effect of histidine on food intake and fat accumulation, J. Nutri. Sci Vitaminol. (2016) in press
  2. N. Kanzawa*, H. Takano, K. Yasuda, M. Takahara, M. Aizawa, Studies on connexin 43, a gap-junction protein, in P19 embryonal carcinoma cells after culture on an apatite fiber scaffold, Key Engineer. Mater., 696, 230-233 (2016).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. N. Kanzawa, J. Nishiya, H. Otsuka, M. Takahara, “Chemical biology approaches to investigate movements in legumes”, 2016 International Congress for Innovation in Chemistry, Pattaya, Thailand (June 26-29, 2016)
  2. K. Izawa, Y. Takeoka, M. Aizawa, N. Kanzawa, “Mechanical and biological properties of alginate-coated beta-tricalcium phosphate-fiber scaffold”, 10th World Biomaterials Congress (WBC), Montreal, Canada (May 17-22, 2016)
<A03班-第2次公募班> 大栗 博毅
学術論文および著書
  1.   Hiroki Oguri、Biomimetic assembly lines producing natural product analogs: Strategies from a versatile manifold to skeletally diverse scaffolds The Chemical Record 2016
    Article first published online: 1 FEB 2016 | DOI: 10.1002/tcr.201500213、
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hiroki Oguri 、Development of Chemical Assembly Lines for Skeletally Diverse Indole Alkaloids and its Variants、Japan-Germany Workshop on “Molecular Technology”、2016. 3. 18.、Berlin (Germany)(invited)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 大栗博毅、天然物の骨格を多様化するアセンブリーライン合成を目指して、日本化学会第96春季年会 特別企画講演: 反応集積化による生体機能中分子の効率合成、2016. 3. 27.、同志社大学 京田辺キャンパス(京都・京田辺市)(依頼口頭講演)
  2. Bonepally Karnakar Reddy , Takahisa Hiruma, Kyouhei Ochiai, Maruki Mizoguchi, Shun Suzuki, Hideaki Oikawa, Aki Ishiyama, Rei Hokari, Masato Iwatsuki, Kazuhiko Otoguro, Satoshi Ōmura, Hiroki Oguri、Design and de novo synthesis of anti-malarial 6-aza-artemisinins、2016.3.25.、日本化学会第96春季年会、同志社大学 京田辺キャンパス(京都・京田辺市)(oral)
  3. Hiroki Oguri , Haruki Mizoguchi, Bonepally Karnakar Reddy, Takahisa Hiruma, Shun Suzuki, Kyouhei Ochiai, Hideaki Oikawa, Masato Iwatsuki, Aki Ishiyama, Kazuhiko Otoguro, Satoshi Ōmura、Development of Artificial Assembly Line for Skeletally Diverse Natural Products and its Variants、2016. 1. 12.、第8回武田科学振興財団薬科学シンポジウム 生命分子から薬を創る -中分子薬を中心に-、武田薬品研修所(大阪・吹田市)(poster)
<A03班-第2次公募班> 齋藤 大明
学術論文および著書
  1. Syusuke Egoshi,Yousuke Takaoka, Hiroaki Saito, Yuuki Nukadzuka, Kengo Hayashi, Yasuhiro Ishimaru, Hiroyuki Yamakoshi, Kosuke Dodo, Mikiko Sodeoka and *Minoru Ueda “Dual function of coronatine as a bacterial virulence factor against plants: possible COI1–JAZ- independent role” Cite this: RSC Adv., 2016, 6, 19404-19412 (査読あり, DOI: 10.1039/c5ra20676f)
  2. *K. Kawaguchi, H. Saito, and H. Nagao, “Decomposition analysis of free energy profile for Hsp90-ADP association”, Molecular Simulation, in press. (DOI: 10.1080/08927022.2015.1102249)
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hiroaki Saito, Taku Mizukami, Kazutomo Kawaguchi, and Hidemi Nagao, “In silico compound screening by ensemble-based docking: an application to Estrogen receptor”, 56th Sanibel Symposium, St. Simons island, GA, USA (Feb, 2016).
  2. Kazutomo Kawaguchi, Satoshi Nakagawa, Shogo Kinoshita, Hiroaki Saito, Hidemi Nagao, “Theoretical study on effective interaction between protein molecules”, 56th Sanibel Symposium, St. Simons island, GA, USA (Feb, 2016).
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 宮川毅, 森河良太, 高須昌子, 杉森公一, 川口一朋, 齋藤大明, 長尾秀実, “Hras-GTP / GDP 系での GTP/GDP 周辺における水素結合の動的性質の分子動力学法による研究”, 日本物理学会年会, 仙台, 3月2016年.
  2. SAITO, Hiroaki; KAWAGUCHI, Kazutomo; NAGAO Hidemi, “Compounds screening by ensemble docking method: an application to Estrogen receptor”, 日本化学会年会, 京都, 3月2016年.
<研究協力者(2014年3月まで)/A03班-第2次公募班> 上杉 志成
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Uesugi, M., “Synthetic Molecules for Cell Therapy”, 2016 Queenstown Molecular Biology Meetings in Shanghai, Shanghai (China), March 17, 2016. 招待講演

  2. Uesugi, M., “Synthetic Molecules for Detecting and Eliminating Human Pluripotent Stem Cells”, ABC2016 – 6th Special Meeting on ABC Proteins, Innsbruck (Austria), March 9, 2016. 招待講演
  3. Uesugi, M., “Synthetic Molecules for Eliminating Human Pluripotent Stem Cells”, ACBI 2016 Jakarta Meeting, Jakarta (Indonesia), January 30, 2016. 招待講演
<A03班-第2次公募班> 三尾 和弘
学術論文および著書
  1. Kazuhiro Mio, Masahiko Sato, Chikara Sato, Springer, Structural Biology and Electron Microscopy, 2016年, 18ページ
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 真嶋 健大, NMR を用いた脂質二重膜中におけるヒト膜タンパク質C99 の解析, 日本薬学会第136年会, 2016/3/28, 横浜
  2. 三尾 和弘, 動的構造理解に向けた電子顕微鏡タンパク質構造解析、第14回 学融合ビジュアライゼーションシンポジウム、2016/3/18, 柏の葉

ページ先頭へ戻る