天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御 - 文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」(平成23~27年)

2015年業績一覧

2015年の業績一覧

A01班A02班A03班

研究発表一覧へ戻る 

【 A01班 分子標的探索と生物学的評価 】

<A01班-班長/計画班> 半田 宏
学術論文および著書
  1. Laitem, C., Zaborowska, J., Tellier, M., Yamaguchi, Y., Qingfu, C., Egloff, S., Handa, H. and Murphy, S.* CTCF regulates NELF, DSIF and P-TEFb recruitment during transcription. Transcription, 査読有, 6, 2015, 79-90. [10.1080/21541264.2015.1095269]
  2. Cao, Q. F., Yamamoto, J., Isobe, T., Tateno, S., Murase, Y., Chen, Y., Handa, H. and Yamaguchi, Y. * Characterization of the Human Transcription Elongation Factor Rtf1: Evidence for Non-overlapping Functions of Rtf1 and the Paf1 Complex. Mol. Cell. Biol., 査読有, 35, 2015, 3459-3470. [10.1128/MCB.00601-15]
  3. Ito, T. and Handa, H. Myeloid disease: Another action of a thalidomide derivative.Nature (News and Views), 査読有, 523, 2015, 167-168. [10.1038/nature14628]
  4. Kawano, M., Doi, K., Fukuda, H., Kita, Y., Imai, K., Inoue, T., Enomoto, T., Matsui, M., Hatakeyama, M., Yamaguchi, Y. and Handa, H. SV40 VP1 major capsid protein in its self-assembled form allows VP1 pentamers to coat various types of artificial beads in vitro regardless of their sizes and shapes. Biotechnology Reports, 5, 105-111, 2015.
  5. 伊藤拓水・安藤秀樹・ 半田 宏、メディカルレビュー社、IMiDs(免疫調節薬)基礎と臨床2015、2015, 26-34[9]
  6. 半田 宏、東京医科大学医学会、東京医科大学雑誌、2015, 73, 219-220[2]
  7. 畠山 士・ 半田 宏、丸善出版、磁気便覧、2015, 448-449, 449-450, 452-453[6]
  8. 伊藤拓水、安藤秀樹、 半田宏 「サリドマイド標的セレブロンの同定と催奇形性(Phacomelia)」日本臨牀(特集:多発性骨髄腫の病態と最新治療-基礎と臨床の最新情報- 3,143-148(2015)
  9. 坂本 聡・伊藤拓水・ 半田 宏、「半田ビーズを用いたサリドマイド標的同定」、生物活性分子のケミカルバイオロジー –標的同定と作用機構- CSJカレントレビュー第19号(日本化学会編)、化学同人、86-93 (2015).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Satoshi Sakamoto, Yuki Yamaguchi Takumi Ito, Hideki Ando and Hiroshi Handa, Biochemical analyses of CRBN, the target protein for immunomodulatory drugs (IMiDs), PACIFICHEM2015:2015.12.15-20, Hilton Hawaiian Village (Hawaii, USA)
  2. Satoshi Sakamoto, Yuki Yamaguchi, Takumi Ito, and Hiroshi Handa, Elucidation of the
    molecular mechanisms of action of bioactive natural products using high performance affinity beads, PACIFICHEM2015:2015.12.15-20, Hilton Hawaiian Village (Hawaii, USA)
  3. Hiroshi Handa, Cereblon (CRBN), the common target of multiple pharmacological actions of thalidomide and its derivatives, New developments of zebrafish research, 2015.11.24-25 (Shizuoka, Japan)
  4. Hiroshi Handa, Basic aspects concerning the mechanisms of actions of immunomodulatory drugs (IMiDs) in multiple myeloma, The 20th Congress of EHA-JSH Joint Symposium (Multiple Myeloma), 2015.6.11-14 (Wien, Austria)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 半田 宏、セレブロン~IMiDsのターゲット~、第6回 Bay area hematology congress、2015.11.16、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル(横浜・神奈川)
  2. 半田 宏、セレブロン~IMiDsのターゲット~、Okayama IMiDs Conference、2015.11.6、ホテルグランヴィア岡山(岡山・岡山)
  3. 半田 宏、Discovery of a target of immunomodulatory drugs (IMiDs) 免疫調節薬(IMiDs)のターゲットの発見、第77回日本血液学会学術集会、2015.10.16-18、石川県立音楽堂(金沢・石川)
  4. 半田 宏、パネル討論「ケミカルバイオロジーとはどのような化学なのか」、CSJ 化学フェスタ、2015.10.15、タワーホール船堀(江戸川・東京)
  5. 半田 宏、サリドマイド催奇性のターゲットから創薬へ、CSJ 化学フェスタ、2015.10.15、タワーホール船堀(江戸川・東京)
  6. 半田 宏、研究を楽しみ、科研費を獲得、平成28年度科学研究費助成事業説明会、2015.9.28、東京医科大学病院(新宿・東京)
  7. 半田 宏、セレブロン~IMiDsのターゲット~、香川血液疾患フォーラム、2015.9.4、ロイヤルパークホテル高松(高松・香川)
  8. 半田 宏、IMiDsの多彩な薬理作用~標的分子探索研究の進歩~、Fukuoka IMiDs Forum、2015.8.18、ヒルトン福岡シーホール(福岡・福岡)
  9. 半田 宏、IMiDsの多彩な薬理作用~標的分子探索研究の進歩~、Tokyo 3M Forum 2015、2015.7.8、東京ドームホテル(文京・東京)
  10. 坂本 聡・伊藤拓水・安藤秀樹・山口雄輝・ 半田 宏、IMiDs標的タンパク質CRBNの生化学的解析、日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会、2015.6.10-12、東北大学 川内キャンパス 東北大学百周年記念会館 川内萩ホール(仙台・宮城)
  11. 半田 宏、IMiDsの多彩な薬理作用~標的分子探索研究の進歩~、最新医学セミナー、2015.4.28、宮崎大学(宮崎・宮崎)
  12. 半田 宏、サイエンスと知財、第1回知的財産プロデューサー等連絡会議 講演会、2015.4.7、共同通信会館(港・東京)
  13. 坂本 聡・山口雄輝・ 半田 宏、「アフィニティビーズを利用した生物活性物質標的タンパク質の単離・同定・評価」、日本薬学会第135年会、神戸学院大学(神戸)、2015年3月、招待講演
  14. 半田宏 「セレブロン -IMiDs標的分子研究の最前線-」Myeloma Forum in Yokohama、  2015年2月
  15. 半田宏 「ケミカルで知り、ケミカルで動かす -サリドマイド催奇性のターゲットの発見から創薬への展開-」サントリー生命科学財団 セミナー、2015年2月
  16. 半田宏 「サリドマイド催奇性のターゲットの発見から創薬への展開 -ケミカルで知り、ケミカルで動かす-」埼玉医科大学ゲノム医学研究センターセミナー、  2015年1月
アウトリーチ活動
  1. インタビュー 「三代にわたり受け継がれる薫陶」雑誌:東京人(2015/12/16) 
<A01班-計画班> 岡本 隆一
学術論文および著書
  1. Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Perspectives for Regenerative Medicine in the Treatment of Inflammatory Bowel Diseases. Digestion (査読有)2015;92(2)73-77
  2. Yu Matsuzawa, Shigeru Oshima, Masahiro Takahara, Chiaki Maeyashiki, Yasuhiro Nemoto, Masanori Kobayashi, Yoichi Nibe, Kengo Nozaki, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Averil Ma, Mamoru Watanabe. TNFAIP3 promotes survival of CD4 T cells by restricting MTOR and promoting autophagy. Autophagy (査読有)2015 ;11(7)1052-1062
  3. Keita Fukushima, Kiichiro Tsuchiya, Yoshihito Kano, Nobukatsu Horita, Shuji Hibiya, Ryohei Hayashi, Keisuke Kitagaki, Mariko Negi, Eisaku Itoh, Takumi Akashi, Yoshinobu Eishi, Shigeru Oshima, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Atonal homolog 1 protein stabilized by tumor necrosis factor α induces high malignant potential in colon cancer cell line. Cancer Sci(査読有)2015;106,1000-7
  4. Yu Matsuzawa, Shigeru Oshima, Yoichi Nibe, Masanori Kobayashi, Chiaki Maeyashiki, Yasuhiro Nemoto, Takashi Nagaishi, Ryuichi Okamoto, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. RIPK3 regulates p62-LC3 complex formation via the caspase-8-dependent cleavage of p62.(Epub ahead of print) Biochem. Biophys. Res. Commun (査読有)2015;456(1) 298-304
  5. Hayashi R , Tsuchiya K, Fukushima K, Horita N, Hibiya S, Kitagaki K, Negi M, Itoh E, Akashi T, Eishi Y, Okada E, Araki A, Ohtsuka K, Fukuda S, Ohno H, Okamoto R, Nakamura T, Tanaka S, Chayama K, Watanabe M. Reduced human α-defensin 6 in non-inflamed jejunal tissue of Crohn’s disease patients. [Epub ahead of print] Inflammatory Bowel Diseases(査読有)2015:10.1097/MIB.0000000000000707
国際会議における学術講演・研究発表
  1. M. A. Arai, R. Akamine, R. Okamoto, T. Koyano, T. Kowithayakorn, S. K. Sadhu, F. Ahmed, M. Ishibashi, “Search for Notch signaling inhibitors from natural products”, Pacifichem 2015; December 17, 2015, Honolulu, (U.S.A.)
  2. T. Yoneyama, M. A. Arai, R. Okamoto, S. K. Sadhu, F. Ahmed, M. Ishibashi, “Isolation of Notch inhibitors from Calotropis gigantea”, Pacifichem 2015; December 17, 2015, Honolulu, (U.S.A.)
  3. Satoru Fujii, Ryuichi Okamoto, Toru Nakata, Kohei Suzuki, Fumiaki Ishibashi, Ami Kawamoto,Sayaka Ohashi Segawa, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Establishment of a 3D cell culture-based screening platform to identify natural products that can regulate transepithelial water transport of the human gastrointestinal tract. Pacifichem2015, 20151217 : Hawaii (USA)
  4. Tomoaki Shirasaki, Keita Fukushima, Kiichiro Tsuchiya, Shuuji Hibiya, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. TNF-α stabilizes atoh1 protein in colitis-associated colorectal cancer resulting in enhanced malignant potential. UEGW2015, 20151028 : Barcelona ( Spain)
  5. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Tomoaki Shirasaki, Keita Fukushima, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Shigeru Oshima , Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Contiuous stimulation with cytokines leads to irreversible activation of NF-γb signaling in colonic epithelial cells by organoid culture. UEGW2015, 20151027 : Barcelona ( Spain )
  6. Tetsuya Nakamura. Epithelial Regeneration by Transplantation of Intestinal Epithelial Stem Cells. The 2nd International Meeting for Epithelial Tubulology, 20150822:Sapporo(Japan)
  7. Tomoaki Shirasaki, Keita Fukushima, Kiichiro Tsuchiya, Shuuji Hibiya, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Atoh1 protein stabilized by TNF-α acquires enhanced malignant potential in colitis-associated colorectal cancer. AOCC2015, 20150619 : Beijing ( China)
  8. Horita N, Tsuchiya K, Hayashi R, Fukushima K, Hibiya S, Fukuda M, Mizutani T, Okamoto R, Nakamura T and Watanabe M. A novel fluorescent labelling system into small intestinal organoid reveals independent long-lived intestinal stem cells in a crypt. AOCC2015, 20150619 : Beijing( China)
  9. Kohei Suzuki, Satoru Fujii, Toru Nakata, Ami Kawamoto, Fumiaki Ishibashi, Sayaka Ohashi Segawa, Tomohiro Mizutani, Kiichiro Tsuchiya, Kazuo Otsuka, Tetsuya Nakamura, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Enrichment of Intestinal Stem Cells by the 3D-Culture of IBD Patient Derived Intestinal epithelium. AOCC2015, 20150619 : Beijing ( China )
  10. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Keita Fukushima, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Continuous Stimulation With Cytokines Leads to Irreversible Accumulation of NF-kB Signaling in Colonic Epithelial Cells. DDW 2015, 20150519 : Washington DC ( U.S.A)
  11. Toru Nakata, Hiromichi Shimizu, Kohei Suzuki, Satoru Fujii, Go Ito, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Ryuichi Okamoto, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe. Distinct Role of Notch Ligands, DLL1 and Dll4, in Normal and in Tumor Intestinal Epithelium. DDW 2015 , 20150519 : Washington, D.C. (U.S.A)
  12. Keita Fukushima, Kiichiro Tsuchiya, Shuji Hibiya, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Yoshihito Kano, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Atoh1 Protein Expression by TNF-a and the Acquisition of Malignant Potential in Colitis- Associated Colorectal Cancer. DDW 2015, 20150517 : Washington, D.C. ( U.S.A )
  13. Hiromichi Shimizu, Kohei Suzuki, Satoru Fujii, Toru Nakata, Go Ito, Tatsuro Murano, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Ryuichi Okamoto, Katsuto Hozumi, Mamoru Watanabe. Notch Ligands DLL1 and Dll4 Are Expressed by Distinct Population of Epithelial Cells in the Mice Intestine. DDW 2015 , 20150516 : Washington, D.C. ( U.S.A)
  14. Nozaki K, Mochizuki W, Matsumoto Y, Matsumoto T, Fukuda M, Mizutani T, Watanabe M, Nakamura T. Live imaging analysis of intraepithelial lymphocytes (IELs) co-cultured with intestinal epithelial organoids. Cold Spring Harbor Meeting “Fundamental Immunology and Its Therapeutic Applications”, 20150416:New York (U.S.A)
  15. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Keita Fukushima, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Yoshihito Kano, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Continuous stimulation with cytokines leads to irreversible accumulation of NF-κB signaling in colonic epithelial cells. The 5th International Symposium on Carcinogenic Spiral, 20150226 : Kobe ( Japan )
  16. Shuji Hibiya, Kiichiro Tsuchiya, Keita Fukushima, Ryohei Hayashi, Nobukatsu Horita, Shigeru Oshima, Ryuichi Okamoto, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe. Long-term stimulation with cytokines acquires irreersible accumulation of NF-κB signaling in colonic epithelial cells. 10th Congress of ECCO – Inflammatory Bowel Diseases 2015, 20150220 : Barcelona ( Spain )
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 米山達朗,荒井緑, 岡本隆一,S. K. Sadhu,F. Ahmed,石橋正己,”Calotropis gigantea からのノッチシグナル伝達経路阻害剤の探索”,日本生薬学会第62年会, 20150911,岐阜(日本)
  2. 荒井緑,赤嶺隆太,米山達朗, 岡本隆一,小谷野喬,T. Kowithayakornd,石橋正己,”Notch-Hes経路阻害を指標とする神経幹細胞分化活性化剤の探索”,第57回天然有機化合物討論会, 20150909,横浜(日本)
  3. 荒井緑,赤嶺隆太,小柳津和音,當銘一文, 岡本隆一,小谷野喬,T. Kowithayakorn,石橋正己,”Notch-Hes経路阻害を指標とする神経幹細胞分化活性化剤の探索”,日本薬学会第135年会 , 20150326, 神戸(日本)
  4. 米山達朗,荒井緑,小柳津和音, 岡本隆一,S. K. Sadhu,F. Ahmed,石橋正己,”Calotropis giganteaからのノッチシグナル伝達経路阻害剤の探索”,日本薬学会第135年会 , 20150326, 神戸(日本)
<A01班-計画班> 渡邉 肇
学術論文および著書
  1. Suzuki A, Kato Y, Matsuura T, *Watanabe H ,Growth evaluation method by live imaging of Daphnia magna and its application to the estimation of an insect growth regulator. J Appl Toxicol 35: 68-74(2015)
  2. Peerakietkhajorn S, Tsukada K, Kato Y, Matsuura T, *Watanabe H ,Symbiotic bacteria contribute to increasing the population size of a freshwater crustacean, Daphnia magna. Environ Microbiol Rep 7: 364-372(2015)
  3. Peerakietkhajorn S, Kato Y, Kasalicky V, Matsuura T, *Watanabe H,Betaproteobacteria Limnohabitans strains increase fecundity in the crustacean Daphnia magna: symbiotic relationship between major bacterioplankton and zooplankton in freshwater ecosystem. Environ Microbiol
    (2015)
  4. Nakanishi T, Kato Y, Matsuura T, *Watanabe H ,TALEN-mediated homologous recombination in Daphnia magna. Sci Rep 5: 18312(2015)
  5. Naitou A, Kato Y, Nakanishi T, Matsuura T, *Watanabe H ,Heterodimeric TALENs induce targeted heritable mutations in the crustacean Daphnia magna. Biol Open 4: 364-369(2015)
  6. Uyeda A, Watanabe T, Kato Y, Watanabe H, Yomo T, Hohsaka T, Matsuura T,Liposome-based in vitro evolution of aminoacyl-tRNA synthetase for enhanced pyrrolysine derivative incorporation. Chembiochem 16: 1797-1802 (2015)
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Yasuhiko KATO, Takashi NAKANISHI, Tomoaki MATSUURA, Hajime WATANABE,Development of transgenic Daphnia, Pacifichem 2015,2015年12月15日-20日 ハワイ(米国)
  2. Takashi Nakanishi, Yasuhiko Kato, Tomoaki Matsuura, Hajime Watanabe, Efficient DNA integration into germ line genome via TALEN in Daphnia magna, Conference on Transposition and Genome Engineering 2015,2015年11月17日〜2015年11月20日 奈良(奈良)
  3. Yasuhiko Kato, Hajime Watanabe,
    A long noncoding RNA regulates a sex-determining gene doublesex1 in the crustacean Daphnia magna,
    EMBL Symposia “Noncoding Genome” 2015年10月18日〜2015年10月21日 ハイデルベルグ(ドイツ)
  4. Takashi Nakanishi, Yasuhiko Kato, Tomoaki Matsuura, Hajime Watanabe, Efficient DNA integration into germ line genome via programmable nucleases in Daphnia magna, Cold Spring Harbor Laboratory Meetings & Courses Program “GENOME ENGINEERING: THE CRISPR/CAS REVOLUTION” 2015年9月24日〜2015年9月27日 コールドスプリングハーバー(米国)
  5. Takashi NAKANISHI, Miki ASADA, Yasuhiko KATO, Hajime WATANABE, Development of transgenic Daphnia for monitoring hormonal activities of chemicals
    SETAC Europe 25th Annual Meeting 2015年5月3日-5月7日 バルセロナ(スペイン)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. Syafiqah Ishak, Yasuhiko Kato, Tomoaki Matsuura, Hajime Watanabe, Analysis of Transcription Activation of the Environmental Sex Determining Gene Doublesex1 in Daphnia magna, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月1日〜2015年12月4日神戸(兵庫)
  2. Yasuhiko Kato, Hajime Watanabe, An lncRNA regulates an environmental sex determination in Daphnia magna, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月1日〜2015年12月4日神戸(兵庫)招待講演
  3. Nur Izzatur Binti Ismail, Yasuhiko Kato, Tomoaki Matsuura, Hajime Watanabe, Eye Color Gene Scarlet as a Visible Marker for Daphnia magna Transgenesis,第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会2015年12月1日〜2015年12月4日神戸(兵庫)
  4. Hitoshi Kumagai, Yasuhiko Kato, Tomoaki Matsuura, Hajime Watanabe, Use of the bicistronic expression involving viral T2A peptide in Daphnia magna, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会,2015年12月1日〜2015年12月4日神戸(兵庫)
  5. 岡村昴典、 渡邉肇、松浦友亮、 ジャイアントリポソーム内無細胞翻訳系を用いたヒト由来トランスポーターLetm1の合成およびその脂質依存性、 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会、2015年12月1日〜2015年12月4日神戸(兵庫)
  6. 太田直樹、 渡邉肇、松浦友亮、リポソーム内タンパク質合成系へのSecトランスロコンの再構成による膜タンパク質局在の効率化、第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会、2015年12月1日〜2015年12月4日神戸(兵庫)
  7. 加藤泰彦、中西貴士、 渡邉肇、ミジンコのゲノム操作による環境性決定メカニズムの解明、「細胞を創る」研究会8.0, 2015年11月12日〜2015年11月13日吹田(大阪)
  8. 中西貴士、加藤泰彦、松浦友亮、 渡邉肇、 環境指標生物オオミジンコにおけるTALENを用いた外来遺伝子導入技術の開発、日本生物工学会 若手会2015 2015年10月27日〜2015年10月27日鹿児島(鹿児島)
  9. 渡邉肇、 ミジンコの生殖戦略 単為生殖から有性生殖への転換点の解析、日本動物学会第86回大会 2015年9月17日-2015年9月19日、新潟(新潟)
  10. 中西貴士、加藤泰彦、松浦友亮、 渡邉肇、オオミジンコにおけるTALENを用いた外来遺伝子導入技術の開発、生物工学若手研究者の集い夏のセミナー、2015年7月11日 名古屋(名古屋)
  11. オオミジンコを用いた毒性試験における共生菌の影響、
    第42回日本毒性学会学術年会、2015年6月29日-2015年7月1日、金沢(石川)
  12. 中西貴士、浅田実希、加藤康彦、渡邉肇、 Transgenic Daphnia for monitoring hormonal activities of chemicals, 第24回環境化学討論会.2015年6月26日 札幌(北海道)
  13. 中西 貴士,浅田 実希,加藤 康彦, 渡邉肇、ホルモン活性検出用 のトランスジェニックミジンコの創出、第24回環境化学討論会2015年6月24日-2015年6月26日、札幌(北海道)
報道発表
  1. 日経バイオテク2015年2月9日
<A01班-計画班> 小林 資正、荒井 雅吉(連携研究者)、古徳 直之(連携研究者)
学術論文および著書
  1. Sumii, Y.; *Kotoku, N.; Fukuda, A.; Kawachi, T.; Sumii, Y.; Arai, M.; *Kobayashi, M. , Structure-activity relationship and in vivo anti-tumor evaluation of dictyoceratin-A and -C, hypoxia-selective growth inhibitors from marine sponge. Marine Drugs 2015, 13, 7419-7432. DOI: 10.3390/md13127074(査読有)
  2. *Arai, M.; Kamiya, K.; Pruksakorn, P.; Sumii, Y.; Kotoku, N.; Joubert, J.-P.; Moodley, P.; Han, C.; Shin, D.; *Kobayashi, M., Anti-dormant mycobacterial activity and target analysis of nybomycin produced by a marine-derived Streptomyces sp. Bioorg. Med. Chem. 2015, 23, 3534-3541. DOI: 10.1016/j.bmc.2015.04.033(査読有)
  3. Sumii, Y.; Kotoku, N.; Fukuda, A.; Kawachi, T.; Sumii, Y.; Arai, M.; Kobayashi, M. Enantioselective synthesis of dictyoceratin-A (smenospondiol) and -C, hypoxia-selective growth inhibitors from marine sponge. Bioorg. Med. Chem., 23, 966-975 (2015).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. ○Masayoshi Arai, Yoshi Yamano, Andi Setiawan and Motomasa Kobayashi 
    “Target identification of agelasine D, a marine spongean diterpene alkaloid, as an antidormant mycobacterial substance.” PACIFICHEM 2015, 2015/12/17, Hawaii (USA)
  2. ○Naoyuki Kotoku, Yuji Sumii, Takashi Kawachi, Akinori Fukuda, Masayoshi Arai and Motomasa Kobayashi “Synthetic study and target analysis of dictyoceratin-A and -C, hypoxia-selective growth inhibitors from marine sponge.”  PACIFICHEM 2015, 2015/12/17, Hawaii (USA)
  3. ○Kentaro Kamiya, Masayoshi Arai, Patamaporn Pruksakorn, Yuji Sumii, Naoyuki Kotoku, Chisu Han, Dayoung Shin and Motomasa Kobayashi  “Anti-dormant mycobacterial activity and action-mechanism of nybomycin produced by Streptomyces sp.” The 9th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists, 2015/11/17, Seoul (Korea)
  4. ○Ryosuke Ishida, Naoyuki Kotoku, Hirokazu Matsumoto, Masayoshi Arai, Kazunari Toda and Motomasa Kobayashi
    “Total synthesis of biakamides, selective growth inhibitors against cancer cells under nutrient-starved condition.”  The 9th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists, 2015/11/17, Seoul (Korea)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. ○石田良典, 古徳直之,松本紘和, 荒井雅吉,小林資正
    「グルコース飢餓環境選択的がん細胞増殖阻害活性を有するポリケチドbiakamide類の全合成と構造活性相関」 第41回反応と合成の進歩シンポジウム2015/10/27、近畿大学(大阪)
  2. ○石田良典, 古徳直之,松本紘和,田畑奎太朗, 小林資正「グルコース飢餓環境選択的増殖阻害物質biakamide類の構造活性相関研究」 第65回日本薬学会近畿支部総会・大会、2015/10/17、大阪大谷大学(大阪)
  3. 古徳直之,松本紘和,○久智也,戸田和成, 荒井雅吉,小林資正 「低栄養選択的増殖阻害物質fasciospyrinadinoneの全合成」 第65回日本薬学会近畿支部総会・大会、2015/10/17、大阪大谷大学(大阪)
  4. ○古徳直之  「実用的な医薬リード化合物の創製を指向した海洋天然物の合成化学研究」 日本生薬学会第62回年会、2015/9/12、長良川国際会議場(岐阜)(日本生薬学会学術奨励賞 受賞講演)
  5. 荒井雅吉,○申多英,松本紘和,神谷謙太朗,久智也, 古徳直之,小林資正「栄養飢餓環境選択的がん細胞増殖阻害物質の探索」  日本生薬学会第62年会、2015/9/11、長良川国際会議場(岐阜)
  6. ○荒井雅吉,河内崇志,高市伸宏,馬田哲也, 古徳直之,小林資正 「海綿由来環状デプシペプチドarenastatin Aの新規結合タンパク質の同定」第57回天然有機化合物討論会、2015/9/9、神奈川県民ホール(横浜)
  7. ○荒井雅吉 「活性天然物で切拓く新規薬剤標的」 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」地区ミニシンポジウム・仙台「ケミカルバイオロジーにおける天然物」、2015/6/30、東北大学(仙台)(招待講演)
  8. ○河内崇志, 荒井雅吉,古徳直之,小林資正 
    「低酸素環境選択的がん細胞増殖阻害物質dictyoceratin-Cの標的分子解析」第19回日本がん分子標的治療学会学術集会、2015/6/11、松山全日空ホテル(松山)
  9. 荒井 雅吉、「Phenotypic screeningによる活性天然物探索と新規薬剤標的の開拓」、日本薬学会第135年会(神戸学院大学)シンポジウム、「天然物ケミカルバイオロジー(3):天然物ターゲットID最前線」、2015年3月28日。
  10. 荒井 雅吉、「活性天然物の標的分子解析による新規薬剤標的の探索」、日本薬学会第135年会(神戸学院大学)、平成26年度日本薬学会学術振興賞受賞講演、2015年3月27日。
  11. 古徳直之、伊藤 葵、○水野華奈子、渋谷俊一、 小林資正 
    「Cortistatin Aアナログ化合物の構造活性相関と標的同定への応用」 日本薬学会第135年会、2015/3/27、デザイン・クリエイティブセンター神戸(神戸)
  12. 古徳直之、○松本紘和、石田良典、 小林資正「新規ポリケチドbiakamide CおよびDの全合成」  日本薬学会第135年会、2015/3/28、神戸学院大学(神戸)
  13. 荒井雅吉、河内崇志、○馬田哲也、高市伸宏、 古徳直之、小林資正 「海綿由来環状デプシペプチドarenastatin Aの結合タンパク質解析」日本薬学会第135年会、2015/3/27、デザイン・クリエイティブセンター神戸(神戸)
受賞
  1. 古徳直之(連携研究者):平成27年度日本生薬学会学術奨励賞/平成27年9月11日
  2. 荒井雅吉(連携研究者):平成26年度日本薬学会学術振興賞/平成27年3月28日
<A01班-第1次・第2次公募班> 西山 賢一
学術論文および著書
  1. Endo, Y. and *Nishiyama, K. “Relationship between glycolipozyme MPIase and components comprising the protein transport machinery” Med. Res. Arch.(査読あり)2, No 11, 1-24 (2015)
    http://journals.ke-i.org/index.php/mra/article/view/403/260.
  2. *西山賢一、島本啓子「“糖脂質酵素(Glycolipozyme)” MPIaseの構造と作用機作」 酵素工学(査読あり)74, 14-18 (2015) http://www.enzyme-eng.com/modules/pico02/index.php?content_id=79
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Yuta Endo, Toshiyuki Yamaguchi, Hideaki Matsubayashi, Yutetsu Kuruma, Takuya Ueda, Keiko Shimamoto, Ken-ichi Nishiyama, “Characterization of an MPIase homologue in plants that catalyses membrane protein integration”, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 17 Dec 2015, Honolulu (USA)
  2. Ryo Sato, Keiko Shimamoto, Toshiyuki Yamaguchi, Michael Moser, Ken-ichi Nishiyama, “Identification of biosynthetic enzymes for MPIase, a glycolipozyme essential for membrane protein integration, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 17 Dec 2015, Honolulu (USA)
  3. Katsuhiro Sawasato, Michael Moser, Ryo Sato, Ken-ichi Nishiyama, “Glycolipozyme MPIase functions as membrane protein integrase in vivo”, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 17 Dec 2015, Honolulu (USA)
  4. Masaru Sasaki, Hideaki Matsubayashi, Yutetsu Kuruma, Takuya Ueda, Ken-ichi Nishiyama, “Reconstitution of glycolipozyme MPIase-dependent protein integration into membrane”, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 17 Dec 2015, Honolulu (USA)
  5. Ken-ichi Nishiyama, Michael Moser, Shoichi Kusumoto, Keiko Shimamoto, “MPIase (membrane protein integrase), a glycolipozyme involved in protein integration into and protein translocation across the cytoplasmic membrane of E. coli, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 15 Dec 2015, Honolulu (USA)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 遠藤 佑太、松林 英明、山口 敏幸、車 ゆうてつ、上田 卓也、 島本 啓子、 西山 賢一、「タンパク質膜挿入に関与する糖脂質酵素MPIaseの植物ホモログの精製」、第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会BMB2015、2015年12月2日、神戸ポートアイランド(兵庫県・神戸市)
  2. 沢里 克宏、Michael Moser、佐藤 諒、田村 康、遠藤 斗志也、 西山 賢一、「タンパク質膜挿入・膜透過に関与する糖脂質酵素MPIaseのin vivoにおける機能解析」、第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会BMB2015、2015年12月2日、神戸ポートアイランド(兵庫県・神戸市)
  3. 佐藤 諒、澤里 克宏、山口 敏幸、Moser Michael、 島本 啓子、 西山 賢一、「タンパク質膜挿入に必須の糖脂質酵素MPIase の生合成因子の同定」、第10回無細胞生命科学研究会、2015年10月13日、理研横浜キャンパス交流棟ホール(神奈川県・横浜市)
  4. 西山賢一、「タンパク質膜挿入・膜透過に関与する糖脂質酵素(Glycolipozyme)MPIaseの構造と機能」岐阜大学大学院連合獣医学研究科特別講演会、2015年8月25日、岩手大学ポランホール(岩手県・盛岡市)
    (招待講演)
  5. 西山賢一、「人工細胞開発のための機能的膜タンパク質試験管内合成システムの構築新」、「動的・多要素な生体分子ネットワークを理解するための合成生物学の基盤構築」研究発表会、九州大学西新プラザ(福岡県・福岡市)
  6. 西山賢一、「タンパク質膜挿入に関わる糖脂質酵素MPIaseの作用原理の解明とその応用」、第16回酵素応用シンポジウム 研究奨励賞受賞講演(天野エンザイム)、2015年6月12日、天野エンザイム慈善堂ホール(愛知県・北名古屋市)(招待講演)
  7. 沢里克宏、「糖脂質酵素MPIase (Membrane Protein Integrase) のin vivoにおける役割」、新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」第7回若手研究者ワークショップ、東北大学青葉サイエンスホール、2015年6月9日(宮城県・仙台市)
  8. 佐々木優、Michael Moser、Maria Huber、 西山 賢一、「タンパク質膜挿入・膜透過に関与する糖脂質MPIaseと標的タンパク質との相互作用」、新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」第8回公開シンポジウム、東北大学さくらホール、2015年6月9日(宮城県・仙台市)
  9. 沢里克宏、Michael Moser、佐藤諒、田村康、遠藤斗志也、 西山賢一、「大腸菌タンパク質膜挿入因子MPIaseのin vivo における役割」、第12回21世紀大腸菌研究会、2015年6月4日、琵琶湖グランドホテル・京近江(滋賀県・大津市)
  10. 佐々木優、松林英明、車ゆうてつ、上田卓也、 西山賢一、「再構成によるタンパク質膜挿入における必須因子の決定」、第12回21世紀大腸菌研究会、2015年6月4日、琵琶湖グランドホテル・京近江(滋賀県・大津市)
  11. 佐藤 諒、山口 敏幸、Moser Michael、 島本 啓子西山 賢一、「タンパク質膜挿入に必須な糖脂質酵素MPIaseの生合成経路の解明」、第12回21世紀大腸菌研究会、2015年6月4日、琵琶湖グランドホテル・京近江(滋賀県・大津市)
  12. 佐々木優、永野孝典、Michael Moser、松林英明、車兪澈、上田卓也、 西山 賢一、「糖脂質酵素MPIaseと タンパク質膜透過チャネル SecYEGに依存したタンパク質膜挿入反応の再構成」、日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月29日、岡山大学(岡山県・岡山市)
  13. 西山 賢一、前田 将秀、Moser Michael、楠本 正一、徳田 元、 島本 啓子、「タンパク質膜挿入・膜透過に関与する糖脂質酵素(Glycolipozyme)MPIaseの構造と機能」日本農芸化学会2015年度大会 大会シンポジウム「天然物ケミカルバイオロジー研究の新展開」、(2015年3月29日)、岡山大学(岡山県・岡山市)招待講演。
  14. 山口敏幸、 西山賢一島本啓子、「NMR測定による糖脂質MPIaseの膜タンパク質膜挿入活性発現機構解析」、日本化学会第95春季年会、2015年3月28日、日本大学(千葉県・船橋市)
受賞
  1. 西山賢一、「タンパク質膜挿入に関わる糖脂質酵素MPIaseの作用原理の解明とその応用」、第16回酵素応用シンポジウム 研究奨励賞受賞(天野エンザイム)、2015年6月12日
報道発表
  1. 大学ホームページ、「農学部 西山賢一教授が「酵素応用シンポジウム研究奨励賞」を受賞」、2015年6月15日、岩手大学 (西山賢一)
  2. 大学ホームページ、「農学研究科バイオフロンティア専攻の沢里克宏君が第12回 21世紀大腸菌研
    究会で優秀口頭発表賞を受賞」、2015年6月15日、 岩手大学(西山賢一)
  3. 大学新聞、「大腸菌研究で学生が新発見 岩手大学」、2015年7月10日
  4. 科学新聞、「日本農芸化学会、シンポジウムから、天然物リガンドの探索など」平成25年3月20日。
<A01班-第1次公募班/A03班-第2次公募班> 浜本 晋
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hamamoto, S., Yabe, I., and Uozumi, N. Regulatory mechanism of TRP channel in yeast tonoplast 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), Dec. 15-20 2015,Honolulu Hawai,USA
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 浜本晋、森泰生、矢部勇、Armando Carpaneto、 魚住信之:酵母の刺激応答性TRPチャネルとtrp欠損酵母を用いたイオン輸送体測定系の構築
    日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月28-30日、岡山市
<A01班-第1次・第2次公募班> 福永 浩司
学術論文および著書
  1. K. Fukunaga, Cognitive function and calcium. Cognitive improvement through T type calcium channel stimulation, Clin Calcium, 25(2):247-254 (2015).
  2. S. Moriguchi, M. Nishi, Y. Sasaki, H. Takeshima, K. Fukunaga, Aberrant behavioral sensitization by methamphetamine in junctophilin-deficient mice, Mol Neurobiol. 51(2):533-542 (2015).
  3. K. Fukunaga, Y. Shinoda, H. Tagashira, The role of SIGMAR1 gene mutation and mitochondrial dysfunction in amyotrophic lateral sclerosis, J Pharmacol Sci, 127(1):36-41 (2015)
  4. Moriguchi S, Sakagami H, Yabuki Y, Sasaki Y, Izumi H, Zhang C, Han F, *Fukunaga K. Stimulation of sigma-1 receptor ameliorates depressive-like behaviors in CaMKIV null mice. Mol Neurobiol. 2015; 52(3): 1210-1222. doi: 10.1007/s12035-014-8923-2. 査読有
  5. Yabuki Y, Shinoda Y, Izumi H, Ikuno T, Shioda N, *Fukunaga K. Dehydroepiandrosterone administration improves memory deficits following transient brain ischemia through sigma-1 receptor stimulation. Brain Res. 2015; 1622: 102-113. doi: 10.1016/j.brainres.2015.05.006. 査読有
  6. Shioda N, Sawai M, Ishizuka Y, Shirao T, *Fukunaga K. Nuclear Translocation of Calcium/Calmodulin-dependent Protein Kinase IIδ3 Promoted by Protein Phosphatase-1 Enhances Brain-derived Neurotrophic Factor Expression in Dopaminergic Neurons. J Biol Chem. 2015; 290(35):21663-21675. doi: 10.1074/jbc.M115.664920. 査読有
  7. Shioda N, *Fukunaga K. [Molecular mechanisms of synapse pathology in ATR-X syndrome]. Nihon Yakurigaku Zasshi. 2015;145(4):174-177. doi: 10.1254/fpj.145.174. 査読有
  8. Murata K, Yoshino Y, Tsuruma K, Moriguchi S, Oyagi A, Tanaka H, Ishisaka M, Shimazawa M, Fukunaga K, *Hara H. The extracellular fragment of GPNMB (Glycoprotein nonmelanosoma protein B, osteoactivin) improves memory and increases hippocampal GluA1 levels in mice. J Neurochem. 2015; 132: 583-594. doi: 10.1111/jnc.13010. 査読有
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Kohji Fukunaga: Post-traumatic stress disorder-like behaviors in FABP3 null mice. Neuroscience 2015. October 17-21, 2015, Chicago, USA
  2. Kohji Fukunaga: Sigma-1 receptor mediates depressive behaviors induced by cardiovascular diseases. Neuroscience 2015. October 17-21, 2015, Chicago, USA
  3. Kohji Fukunaga, Hiroyuki Sakagami, Shigeki Moriguchi, “Sigma-1 receptor agonist and fluvoxamine rescue depressive behaviors in CaMKIV null mice”, Experimental Biology 2015, Boston, Massachusetts (March 2015). Poster presentation.
  4. Hisanao Izumi, Shikei Moriguchi, Satomi Kita, Takahiro Iwamoto, Kohji Fukunaga, “Depression-like behaviors in NCX hetero-deficient mice”, 12th Korea-Japan joint symposium of brain sciences, and cardiac and smooth muscle sciences, Yongin、Korea (January 2015). Poster presentation.
  5. Yasushi Yabuki, Norifumi Shioda, Misaki Onozato, Kohji Fukunaga, “Arachidoic acid aggravates Parkinson disease pathology through α-synuclein oligomerization”, TOHOKU Brain Science Symposium, Miyagi (January 2015). Oral presentation.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 福永 浩司、「Disease-modifying therapeutics for Parkinson’s disease and amyotrophic lateral sclerosis.」、日本薬学会 第135年会、国際交流シンポジウム、2015年3月
  2. 福永 浩司、「心疾患に伴ううつ症状のメカニズムと治療」、第88回 日本薬理学会年会、JPSサテライトシンポジウム、2015年3月
<A01班-第1次・第2次公募班> 岡田 麻衣子
学術論文および著書
  1. Okada M., Ohtake F., Nishikawa H., Wu W., Saeki Y., Tanaka K., Ohta T*., Liganded ER Stimulates the E3 Ubiquitin Ligase Activity of UBE3C to Facilitate Cell Proliferation., Mol Endocrinol., 査読有り, 29, 2015, 1646-1657, doi:10.1210/me.2015-1125.
  2. S. Tsukuda, K. Watashi, M. Iwamoto, R. Suzuki, H. Aizaki, M. Okada, M. Sugiyama, S. Kojima, Y. Tanaka, M. Mizokami, J. Li, S.Tong and T. Wakita*, Dysregulation of Retinoic Acid Receptor Diminishes Hepatocyte Permissiveness to Hepatitis B Virus Infection through Modulation of Sodium Taurocholate Cotransporting Polypeptide (NTCP) Expression. J. Biol. Chem , 290(9)5673-5684 (2015).【Co-study】
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 岡田麻衣子、大竹史明、西川裕之、佐伯泰、田中啓二、太田智彦、ERはUBE3CのユビキチンE3リガーゼ活性に対するリガンド依存的な調整因子として機能する、第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学回大会合同大会、2015年12月1日-4日、神戸ポートアイランド(兵庫、神戸)
  2. 岡田麻衣子、西川裕之、大竹史明、佐伯泰、田中啓二、太田智彦、ERはリガンド依存的なユビキチン化制御因子として機能する、第33回内分泌代謝学サマーセミナー、2015年7月9日-11日、柳川藩主立花邸御花(福岡県、柳川市)
  3. 岡田麻衣子、ER/UBE3Cによるリガンド依存性ユビキチン制御能に着眼したプロテアソーム阻害剤の適応拡大、日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会、2015年6月10日-12日、東北大学川内キャンパス(宮城、仙台市)
  4. 渡士幸一、中嶋翔、紙透伸治、Jesus Izaguirre-Carbonell、Andrew Tae-Jun Kwon、鈴木治和、九十田千子、 岡田麻衣子、鈴木亮介、相崎英樹、菅原二三男、脇田隆字、Neoechinulin Bのliver X receptor 転写阻害効果の同定およびそれによるC型肝炎ウイルス複製制御機構の解析、第25回抗ウイルス療法学会総会、2015年5月22日-24日、リーガロイヤルホテル東京・国立感染症研究所(東京、新宿区)
<A01班-第1次・第2次公募班> 松森 信明
学術論文および著書
  1. H. Shibata, H. Tsuchikawa, T. Hayashi, N. Matsumori, *M. Murata, T. Usui, Modification of bafilomycin structure to efficiently synthesize solid-state NMR probes that selectively bind to vacuolar-Type ATPase. Chem. Asian J. 10, 915-924 (2015). DOI:10.1002/asia.201403299 【Co-study】
  2. Y. Nakagawa, Y. Umegawa, K. Nonomura, N. Matsushita, T. Takano, H. Tsuchikawa, S, Hanashima, T. Oishi, N. Matsumori, *M. Murata, Axial hydrogen at C7 position and bumpy tetracyclic core markedly reduce sterol’s affinity to amphotericin B in membrane. Biochemistry 54, 303-312 (2015). DOI: 10.1021/bi5012942
  3. J. Cui, S. Lethu, T. Yasuda, S. Matsuoka, N. Matsumori, F. Sato, *M. Murata, Phosphatidylcholine bearing 6,6-dideuterated oleic acid: A useful solid-state H-2 NMR probe for investigating membrane properties. Bioorg. Med. Chem. Lett. 25, 203-206 (2015). DOI: 10.1016/j.bmcl.2014.11.072
  4. T. Yasuda, N. Matsumori, H. Tsuchikawa, M. Lonnfors, T.K.M. Nyholm, J.P. Slotte, *M. Murata, Formation of Gel-like Nanodomains in Cholesterol-Containing Sphingomyelin or Phosphatidylcholine Binary Membrane As Examined by Fluorescence Lifetimes and 2H NMR Spectra. Langmuir, 31, 13783-13792 (2015). doi: 10.1021/acs.langmuir.5b03566.
  5. J. Cui, S. Kawatake, Y. Umegawa, S. Lethu, M. Yamagami, S. Matsuoka, F. Sato, N. Matsumori, *M. Murata, Stereoselective synthesis of the head group of archaeal phospholipid PGP-Me to investigate bacteriorhodopsin-lipid interactions. Org. Biomol. Chem., 13, 10578 (2015). doi: 10.1039/c5ob01252j.
  6. T. Yamamoto, Y. Umegawa, H. Tsuchikawa, N. Matsumori, S. Hanashima, *M. Murata, R. Haser, B. J. Rawlings, P. Caffrey, Role of polyol moiety of amphotericin B in ion channel formation and sterol selectivity in bilayer membrane. Bioorg. Med. Chem., 23, 5782-5788 (2015). doi: 10.1016/j.bmc.2015.07.009.
  7. *M. Murata, S. Sugiyama, S. Matsuoka, N. Matsumori, Bioactive Structure of Membrane Lipids and Natural Products Elucidated by a Chemistry-Based Approach. Chemical Record, 15, 675-690 (2015). doi: 10.1002/tcr.201402097.
  8. *N. Matsumori, T. Yamaguchi, Y. Maeta, *M. Murata, Orientation and order of the amide group of sphingomyelin in bilayers determined by solid-state NMR. Biophys. J., 108, 2816-2824 (2015). doi: 10.1016/j.bpj.2015.05.011.
  9. J. Cui, S. Matsuoka, M. Kinoshita, N. Matsumori, F. Sato, *M. Murata, J. Ando, H. Yamakoshi, K. Dodo, M. Sodeoka, Novel Raman-tagged sphingomyelin that closely mimics original raft-forming behavior, Bioorg. Med. Chem., 23, 2989-2994 (2015). doi: 10.1016/j.bmc.2015.05.014.
  10. T. Yasuda, H. Tsuchikawa, *M. Murata, *N. Matsumori, Deuterium NMR of raft model membranes reveals domain-specific order profiles and compositional distribution. Biophys. J., 108, 2502-2506 (2015). doi: 10.1016/j.bpj.2015.04.008.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. N. Matsumori, NMR studies of lipid rafts, Pacifichem2015, Dec. 16, 2015, Honolulu (USA)
  2. N. Matsumori, Small molecule interactions with membrane sterol, Pacifichem 2015, Dec. 17. 2015 Honolulu (USA)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 松森信明、脂質ラフトにおける脂質分子の動的挙動および構造解析、第88回日本生化学会大会フォーラム、2015年12月3日、神戸ポートアイランド(兵庫県神戸市)
  2. 松森信明、脂質膜の統合分析、第33回九州コロイドコロキウム、2015年11月21日、九州大学西新プラザ(福岡市)
  3. 松森信明、村田道雄、脂質ラフトのNMR解析、第53回日本生物物理学会年会, 2015年9月14日、金沢大学(石川県金沢市)
  4. 松森信明「生体膜の統合分析を目指して」 統合分析・生物化学研究特区公開講演会「メンブレンサイエンス研究の新潮流」(福岡市)2015.3.20.
報道発表
  1. 「脊索動物の「スジキレボヤ」の精子誘引物質の構造解析に成功」平成25年1月17日。
    http://news.livedoor.com/article/detail/7323572/
<A01班-第1次・第2次公募班> 菅原 章公
受賞
  1. 2015年有機合成化学協会研究企画賞(Meiji Seikaファルマ)
<A01班-第1次・第2次公募班> 小嶋 聡一
学術論文および著書
  1. Hara, M., Matsuura, T., and Kojima, S. TGF-β LAP degradation products, a novel biomarker and promising therapeutic target for liver fibrogenesis. In Innovative Medicine : Basic Research and Development (Nakao, K., Minato, N., and Umeto, S. eds) Springer Tokyo, 317-325. (2015)
  2. Shrestha, R., Tatsukawa, H., Shrestha, R., Ishibashi, N., Matsuura, T., Kagechika, H., Kose, S., Hitomi, K., Imamoto, N., and *Kojima, S. Molecular mechanism by which acyclic retinoid induces nuclear localization of transglutaminase 2 in human hepatocellular carcinoma cells. Cell Death & Disease, 査読有 6,e2002. doi: 10.1038/cddis.2015.339. (2015) Press Released
  3. Hara, M., Inoue, I., Yamazaki, Y., Kirita, A., Matsuura T., Friedman, S., Rifkin, D.B., and *Kojima, S. L59 TGF-β LAP degradation products serve as a promising blood biomarker for liver fibrogenesis in mice. Fibrogenesis Tissue Repair 査読有 8:17. doi: 10.1186/s13069-015-0034-9. (2015)
  4. Konuma, K., Itoh, M., Suganami, T., Kanai, S., Nakagawa, N., Sakai, T., Kawano, H., Hara, M., Kojima, S., Izumi, Y., and Ogawa, Y. Eicosapentaenoic acid ameliorates non-alcoholic steatohepatitis in a novel mouse model using Melanocortin-4 receptor-deficient mice. PlosOne 10(3):e0121528 (2015)
  5. Tsukuda, S., Watashi, K., Iwamoto, M., Suzuki, R., Aizaki, H., Okada, M., Sugiyama, M., Kojima, S., Tanaka, Y., Mizokami, M., Li, J., Tong, S., and Wakita, T. Retinoic acid receptor modulates hepatocyte permissiveness to hepatitis B virus through transcriptional regulation of NTCP expression. J. Biol. Chem. 290(9):5673-5684. (2015)
  6. Erik Arner, Carsten O. Daub, Kristoffer Vitting-Seerup, Robin Andersson, Berit Lilje, Finn Drabløs, Andreas Lennartsson, Michelle Rönnerblad, Olga Hrydziuszko, Morana Vitezic, Tom C. Freeman, Ahmad M. N. Alhendi, Peter Arner, Richard Axton, J. Kenneth Baillie, Anthony Beckhouse, Beatrice Bodega, James Briggs, Frank Brombacher, Margaret Davis, Michael Detmar, Anna Ehrlund, Mitsuhiro Endoh, Afsaneh Eslami, Michela Fagiolini, Lynsey Fairbairn, Geoffrey J. Faulkner, Carmelo Ferrai, Malcolm E. Fisher, Lesley Forrester, Daniel Goldowitz, Reto Guler, Thomas Ha, Mitsuko Hara, Meenhard Herlyn, Tomokatsu Ikawa, Chieko Kai, Hiroshi Kawamoto, Levon M. Khachigian, S. Peter Klinken, Soichi Kojima, Haruhiko Koseki, Sarah Klein, Niklas Mejhert, Ken Miyaguchi, Yosuke Mizuno, Mitsuru Morimoto, Kelly J. Morris, Christine Mummery, Yutaka Nakachi, Soichi Ogishima, Mariko Okada-Hatakeyama, Yasushi Okazaki, Valerio Orlando, Dmitry Ovchinnikov, Robert Passier, Margaret Patrikakis, Ana Pombo, Xian-Yang Qin, Sugata Roy, Hiroki Sato, Suzana Savvi, Alka Saxena, Anita Schwegmann, Daisuke Sugiyama, Rolf Swoboda, Hiroshi Tanaka, Andru Tomoiu, Louise N. Winteringham, Ernst Wolvetang, Chiyo Yanagi-Mizuochi, Misako Yoneda, Susan Zabierowski, Peter Zhang, Imad Abugessaisa, Nicolas Bertin, Alexander D. Diehl, Shiro Fukuda, Masaaki Furuno, Jayson Harshbarger, Akira Hasegawa, Fumi Hori, Sachi Ishikawa-Kato, Yuri Ishizu, Masayoshi Itoh, Tsugumi Kawashima, Miki Kojima, Naoto Kondo, Marina Lizio, Terrence F. Meehan, Christopher J. Mungall, Mitsuyoshi Murata, Hiromi Nishiyori-Sueki, Serkan Sahin, Sayaka Nagao-Sato, Jessica Severin, Michiel J. L. de Hoon, Jun Kawai, Takeya Kasukawa, Timo Lassmann, Harukazu Suzuki, Hideya Kawaji, Kim M. Summers, Christine Wells, FANTOM Consortium, David A. Hume, Alistair R. R. Forrest, Albin Sandelin, Piero Carninci, and Yoshihide Hayashizaki. Transcribed enhancers lead waves of coordinated transcription in transitioning mammalian cells. Science, 347(6255):1010-1014. doi:10.1126/science.1259418. (2015)
  7. Xian-Yang Qin, Shinya Fujii, Akitaka Shimizu, Hiroyuki Kagechika and Soichi Kojima,
    Carboxylic derivatives of vitamin K2 inhibit hepatocellular carcinoma cell growth through caspase/transglutaminase-related signaling pathways. J. Nutr. Sci. Vitaminol. 61:285-290 doi: 10.3177/jnsv.61.285.(2015)
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Soichi Kojima, Mechanism of cancer-selective pro-apoptotic effect by acyclic retinoid and structurally related compounds derived from foods. International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015, 2015年12月、ハワイ、アメリカ
  2. Soichi Kojima, Novel molecular mechanisms of nuclear localization of TG2. 14th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins, ウィーン、オーストリア、2015年8月 招待
  3. Soichi Kojima, “Identification of MYCN as a biomarker and therapeutic target of hepatocarcinoma under chemoprevention with acyclic retinoid”, MODHEP Symposium – System Biology of Liver Cancer, Yokohama, Japan, oral, invited (Jan 21th, 2015)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 小嶋聡一、秦咸陽、原詳子、HCC治療標的マーカーMYCNとfibrogenesisマーカーTGF-βLAP-D、第51回日本肝臓学会総会、熊本、2015年5月 WS基調講演、招待
特許出願
  1. 小嶋聡一、原詳子、松本武久、高谷大輔 
    「TGF-β受容体の活性化を抑制する活性を有する化合物、そのスクリーニング方法、並びにC型肝炎ウィルスに起因する疾患の予防又は治療のための組成物」 JP2011/069620 平成23年8月30日PCT出願  US優先権出願 13/819.979  登録番号8,951,521(平成27年2月10日)
<A01班-第1次・第2次公募班> 渡士 幸一
学術論文および著書
  1. S. Sato, K. Li, T. Kameyama, T. Hayashi, Y. Ishida, S. Murakami, T. Watanabe, S. Iijima, Y. Sakurai, K. Watashi, S. Tsutsumi, Y. Sato, H. Akita, T. Wakita, CM. Rice, H. Harashima, M. Kohara, Y. Tanaka, A. Takaoka, The RNA sensor RIG-I dually functions as an innate sensor and direct antiviral factor for hepatitis B virus, Immunity, 42, 123-132 (2015).
  2. ◎ S. Tsukuda, K. Watashi*, M. Iwamoto, R. Suzuki, H. Aizaki, M. Okada, M. Sugiyama, S. Kojima, Y. Tanaka, M. Mizokami, J. Li, S. Tong, T. Wakita (*corresponding author), Dysregulation of Retinoic Acid Receptor Diminishes Hepatocyte Permissiveness to Hepatitis B Virus Infection through Modulation of Sodium Taurocholate Cotransporting Polypeptide (NTCP) Expression, J Biol Chem, 290, 5673-5684 (2015).【Co-study】
  3. ◎Yamashita A, Fujimoto Y, Tamaki M, Setiawan A, Tanaka T, Okuyama-Dobashi K, Kasai H, Watashi K, Wakita T, Toyama M, Baba M, de Voogd NJ, Maekawa S, Enomoto N, Tanaka J, Moriishi K. Identification of Antiviral Agents Targeting Hepatitis B Virus Promoter from Extracts of Indonesian Marine Organisms by a Novel Cell-Based Screening Assay. Mar Drugs: 13. 2015. 6759-6773
  4. Watashi K, Wakita T. Hepatitis B Virus and Hepatitis D Virus Entry, Species Specificity, and Tissue Tropism. Cold Spring Harb Perspect Med: 5. 2015. a021378
  5. Tasaka-Fujita M, Sugiyama N, Kang W, Masaski T, Murayama A, Yamada N, Sugiyama R, Tsukuda S, Watashi K, Asahina Y, Sakamoto N, Wakita T, Shin EC, Kato T. Amino Acid Polymorphisms in Hepatitis C Virus Core Affect Infectious Virus Production and Major Histocompatibility Complex Class I Molecule Expression. Sci Rep: 2015. 13994 (2015)
  6. ◎Okuyama-Dobashi K, Kasai H, Tanaka T, Yamashita A, Yasumoto J, Chen W, Okamoto T, Maekawa S, Watashi K, Wakita T, Ryo A, Suzuki T, Matsuura Y, Enomoto N, Moriishi K. Hepatitis B virus efficiently infects non-adherent hepatoma cells via human sodium taurocholate cotransporting polypeptide. Sci Rep: 5. 2015. 17047
  7. Miyakawa K, Matsunaga S, Watashi K, Sugiyama M, Kimura H, Yamamoto N, Mizokami M, Wakita T, Ryo A. Molecular dissection of HBV evasion from restriction factor tetherin: A new perspective for antiviral cell therapy. Oncotarget: 6. 2015. 21840-21852
  8. ◎Matsunaga H, Kamisuki S, Kaneko M, Yamaguchi Y, Takeuchi T, Watashi K, Sugawara F. Isolation and structure of vanitaracin A, a novel anti-hepatitis B virus compound from Talaromyces sp. Bioorg Med Chem Lett: 25. 2015. 4325-4328
  9. ◎Kaneko M, Watashi K, Kamisuki S, Matsunaga H, Iwamoto M, Kawai F, Ohashi H, Tsukuda S, Shimura S, Suzuki R, Aizaki H, Sugiyama M, Park SY, Ito T, Ohtani N, Sugawara F, Tanaka Y, Mizokami M, Sureau C, Wakita T. A Novel Tricyclic Polyketide, Vanitaracin A, Specifically Inhibits the Entry of Hepatitis B and D Viruses by Targeting Sodium Taurocholate Cotransporting Polypeptide. J Virol: 89. 2015. 11945-11953
  10. 渡士幸一, 脇田隆字. B型肝炎ウイルスエントリーについて:メカニズムとその阻害. 肝胆膵 71: 1053-1058 (2015)(査読なし)
  11. 渡士幸一. 南江堂. 抗ウイルス薬. 生命科学のためのウイルス学: 2015年. 143-176
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Akahori Y, Kato H, Fujita T, Moriishi K, Watashi K, Wakita T, Hijikata M. Development of a cell culture and infection system for hepatitis B virus using 3D cultured immortalized human hepatocytes. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  2. Saga R, Fujimoto A, Watanabe N, Matsuda M, Hasegawa M, Watashi K, Aizaki H, Nakamura N, Konishi E, Kato T, Takeyama H, Wakita T, Suzuki R. Japanese encephalitis virus (JEV)-subviral particles harboring HCV neutralization epitopes elicit neutralizing antibodies against JEV and HCV. 22nd International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses, Oct, 2015, Strasbourg(France)
  3. Iwami S, Tanaka Y, Wakita T, Watashi K. Quantifying activity optimizes drug combinations against hepatitis C virus infection. 22nd International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses, Oct, 2015, Strasbourg(France)
  4. Tsukuda S, Watashi K, Iwamoto M, Suzuki R, Aizaki H, Kojima S, Tanaka Y, Wakita T. Cilnidipine inhibits the early phase of HBV infection in a NTCP-independent mechanism. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  5. Shimura S, Watashi K, Sluder A, Peel M, Kawai F, Sugiyama M, Park SY, Tanaka Y, Mizokami M, Wakita T. Identification of HBV entry inhibitors, based on the cyclosporin structure. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  6. Sato S, Li K, Kameyama T, Hayashi T, Ishida Y, Murakami S, Watanabe T, Iijima S, Sakurai Y, Watashi K, Tsutsumi S, Sato Y, Akita H, Wakita T, Rice Cm, Harashima H, Kohara M, Tanaka Y, Takaoka A. Dual function of RIG-I as innate antiviral mediator against hepatitis B virus. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  7. Nicholson S, Moyo B, Bloom K, Mussolino C, Cathomen T, Watashi K, Ely A, Arbuthnot P. Anti-HBV talens delivered by recombinant adeno-associated viral vectors (rAAV) efficiently inhibit HBV replication in vivo and in vitro. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  8. Matsunaga S, Miyakawa K, Watashi K, Sugiyama M, Mizokami M, Wakita T, Ryo A. Development of anti-HBs monoclonal antibody targeting HBs-NTCP interaction. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  9. Toyama M, Hamasaki T, Okamoto M, Watashi K, Wakita T, Baba M. Pyrimidotriazinone derivatives as novel inhibitors of hepatitis B virus core assembly. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  10. Kaneko M, Watashi K, Kamisuki S, Matsunaga H, Iwamoto M, Kawai F, Ohashi H, Tsukuda S, Shimura S, Suzuki R, Aizaki H, Sugiyama M, Park SY, Ohtani N, Sugawara F, Tanaka Y, Mizokami M, Sureau C, Wakita T. Identification of a new tricyclic polyketide, vanitaracin A, which inhibits the entry of HBV, HDV, and nucleoside analog-resistant HBV though targeting NTCP. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  11. Fukasawa M, Shimizu Y, Shirasago Y, Watashi K, Tanaka Y, Wakita T, Kondoh M, Yagi K, Hanada K. Inhibition of hepatitis B virus infection by docosahexaenoic acid in cultured cells. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  12. Watashi K, Tsukuda S, Shimura S, Kaneko M, Sluder A, Peel M, Kamisuki S, Matsunaga S, Morishita R, Futamura Y, Kondoh Y, Suzuki R, Aizaki H, Sugiyama M, Borroto-Esoda K, Ryo A, Sugawara F, Osada H, Tanaka Y, Mizokami M, Wakita T. Identification of NTCP-targeting small molecules that inhibit HBV entry by cell-based and in vitro technologies. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  13. Watashi K. Hepatitis C virus cell culture system identifies fungi-derived NeoB as a liver X receptor inhibitor. Pacifichem 2015, Dec, 2015, Honolulu(USA)
  14. Miyakawa K, Matsunaga S, Watashi K, Sugiyama M, Mizokami M, Wakita T, Ryo A. Molecular dissection of HBV evasion from restriction factor tetherin. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  15. Ito K, Yoneda M, Angata K, Watashi K, Wakita T, Iijima S, Tanaka Y, Tong S, Kuno A, Sugiyama M, Mizokami M, Narimatsu H. Investigation of the mechanism of interaction between host glycosylation system and hepatitis B virus replication system. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  16. Aly HH, Watashi K, Chayama K, Kato T, Wakita T. SKIV2L-dependent HBV-RNA degradation by the RNA-exosome, a new anti-HBV host mechanism. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  17. Okamura H, Akahori Y, Kim S, Nio Y, Watashi K, Wakita T, Hijikata M. Long chain saturated fatty acid contributes to efficient egression of hepatitis B virus particles. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
  18. Moyo B, Nicholson S, Roelofse I, Bloom K, Mussolino C, Cathomen T, Watashi K, Ely A, Arbuthnot P. AAV-delivered engineered repressor transcription activator-like effectors (rTALEs) inactivate hepatitis B virus replication in hNTCP cells and in mice. 2015 International Meeting of Molecular Biology of Hepatitis B Viruses, Oct, 2015, Bad Nauheim(Germany)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 金子学, 渡士幸一, 松永大輝, 紙透伸治, 岩本将士, 河合文啓, 鈴木亮介, 相崎英樹, 朴三用, 菅原二三男, 脇田隆字. 新規真菌二次代謝産物 SF177 の B 型肝炎ウイルス感染阻害活性および NTCP トランスポーター阻害活性の同定. 第25回抗ウイルス療法学会総会, 5月, 2015年, 国立感染症研究所(東京)
  2. 渡士幸一, 九十田千子, 金子学, 松永大輝, 紙透伸治, 齊藤安貴子, 鈴木亮介, 相崎英樹, 杉山真也, 溝上雅史, 菅原二三男, 田中靖人, 脇田隆字. B型肝炎ウイルスに対する直接標的薬proanthocyanidinおよび宿主標的薬vanitaracinの同定および感染阻害機構の解析. 第25回抗ウイルス療法学会総会, 5月, 2015年, 国立感染症研究所(東京)
  3. 松浦知和, 松本喜弘, 永森収志, 渡士幸一, 金井好克, 小嶋聡一, 脇田隆字, 相崎英樹. ヒト肝癌細胞 FLC4 における B 型肝炎ウイルスレセプター NTCP の発現と誘導に関する検討. 第51回日本肝臓学会総会, 5月, 2015年, ホテル日航熊本・熊本ホテルキャッスル・鶴屋東館・同仁堂(熊本)
  4. 山下篤哉, 田中智久, 土橋香織, 葛西宏威, 渡士幸一, 脇田隆字, 外山正明, 馬場昌範, 前川伸哉, 榎本信幸, 玉城麻友美, 田中淳一, 森石恆司. 海綿由来セキステルペン系化合物metachromin AのB型肝炎ウイルスコアプロモーター抑制活性を介した抗ウイルス活性. BMB 2015, 12月, 2015年, 神戸ポートアイランド(神戸)
  5. Suzuki R, Saga R, Fujimoto A, Watanabe N, Matsuda M, Hasegawa M, Watashi K, Aizaki H, Nakamura N, Konishi E, Kato T, Tajima S, Takasaki T, Takeyama H, Wakita T. Development of a novel vaccine platform based on Japanese encephalitis viruses. BMB 2015, 12月, 2015年, 神戸ポートアイランド(神戸)
  6. 渡士幸一, 中嶋翔, 紙透伸治, Izaguirre-Carbonell J, Kwon Atj, 鈴木治和, 九十田千子, 岡田麻衣子, 鈴木亮介, 相崎英樹, 菅原二三男, 脇田隆字. Neoechinulin Bのliver X receptor転写阻害効果の同定およびそれによるC型肝炎ウイルス複製制御機構の解析. 第25回抗ウイルス療法学会総会, 5月, 2015年, 国立感染症研究所(東京)
  7. 渡士幸一. C型肝炎治療薬の個性を探る ~多剤併用から費用対効果の考察まで~. ウイルス感染現象における宿主細胞コンピテンシーの分子基盤 第2回若手研究会, 7月, 2015年, マホロバマインズ三浦(三浦)
  8. 渡士幸一. ウイルス感染増殖系を基盤とした天然化合物の新規生理機能の解析. 天然物ケミカルバイオロジー 分子標的と活性制御 第8回公開シンポジウム, 6月, 2015年, 東北大学片平キャンパス(仙台)
  9. 山下篤哉, 田中智久, 葛西宏威, 渡士幸一, 脇田隆字, 外山政明, 馬場昌範, 前川伸哉, 榎本信幸, 玉城麻友美, 田中淳一, 森石恆司. カイメン由来化合物metachromin A及びその類縁化合物の抗HBV活性の検討. 第25回抗ウイルス療法学会総会, 5月, 2015年, 国立感染症研究所(東京)
  10. 外山政明, 濱崎隆之, 岡本実佳, 渡士幸一, 脇田隆字, Ashoke Sharon, 馬場昌範. 新規核酸誘導体7-deazaneplanocin A誘導体の抗HBV効果について. 第25回抗ウイルス療法学会総会, 5月, 2015年, 国立感染症研究所(東京)
  11. 佐藤精一, 李凱, 亀山武志, 林隆也, 石田雄二, 村上周子, 渡邊綱正, 飯島沙幸, 櫻井遊, 渡士幸一, 堤進, 佐藤悠介, 秋田英万, 脇田隆字, Rice Cm, 原島秀吉, 小原道法, 田中靖人, 高岡晃教. B型肝炎ウイルスの感染に対するRIG-Iを介した自然免疫応答機構. 第25回抗ウイルス療法学会総会, 5月, 2015年, 国立感染症研究所(東京)
  12. Akahori Y, Kato H, Fujita T, Moriishi K, Watashi K, Wakita T, Hijikata M. Development ofa cell culture and infection system for hepatitis B virus using 3D cultured non-neoplasmic HuS-E/2 cells. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  13. Zaitsu T, Aoyagi H, Fujimoto A, Matsuda M, Watanabe N, Watashi K, Suzuki R, Fukuhara T, Matsuura Y, Sakamaki Y, Ichinose S, Wake K, Suzuki T, Iijima H, Matsuura T, Tamura K, Wakita T, Aizaki H. Transfer hepatitis C virus from human liver cells to hepatic stellate cells. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  14. Tsukuda S, Watashi K, Hamada Y, Isogawa M, Iwamoto M, Suzuki R, Aizaki H, Kojima S, Sugiyama M, Saito A, Tanaka Y, Mizokami M, Wakita T. Identification of flavonoid derivative that directly acts on hepatitis B virus surface protein and inhibits viral entry. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  15. Okutsu S, Ito K, Yoneda M, Angata K, Watashi K, Wakita T, Iijima S, Tanaka Y, Tong S, Mizokami M, Narimatsu H. Investigation of mechanisms of interaction between host glycosylation system and hepatitis B virus replication system. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  16. Saga R, Fujimoto A, Watanabe N, Matsuda M, Hasegawa M, Watashi K, Aizaki H, Nakamura N, Konishi E, Kato T, Tajima S, Takasaki T, Takeyama H, Wakita T, Suzuki R. Bivalent vaccine platform based on Japanese encephalitis virus (JEV) elicit neutralizing antibodies against JEV and hepatitis C virus. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  17. Toyama M, Hamasaki T, Okamoto M, Watashi K, Wakita T, Baba M. Identification of novel pyrimidotriazinone derivatives as inhibitors of HBV replication. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  18. Kaneko M, Watashi K, Kamisuki S, Matsunaga H, Iwamoto M, Kawai F, Ohashi H, Tsukuda S, Shimura S, Suzuki R, Aizaki H, Sugiyama M, Park Sy, Ohtani N, Sugawara F, Tanaka Y, Mizokami M, Wakita T. A new fungi-derived vanitaracin A specifically inhibits the entry of hepatitis B and D viruses through interacting with NTCP. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  19. Iwamoto M, Watashi K, Sugiyama M, Suzuki R, Aizaki H, Tanaka Y, Mizokami M, Ohtani N, Koiwai O, Wakita T. Multimerization of hepatitis B virus core protein regulated by microtubules. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  20. Kong L, Aoyagi H, Matsuda M, Fujimoto A, Watashi K, Suzuki R, Yamagoe S, Dohmae N, Suzuki T, Sakamaki Y, Ichinose S, Suzuki T, Wakita T, Aizaki H. Surfeit 4 is involved in HCV replication by interacting with NS4B. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  21. Yasumoto J, Kasai H, Tanaka T, Watashi K, Wakita T, Yamashita A, Dobashi-Okuyama K, Moriishi K. Hepatitis B virus downregulates expression of CIDE-B and CIDE-C and impairs lipid droplet growth. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  22. Aly HH, Watashi K, Chayama K, Kato T, Wakita T. SKIV2L-mediated RNA-exosome regulation of HBV replication. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  23. Okamura H, Akahori Y, Kim S, Nio Y, Watashi K, Wakita T, Hijikata M. Egression of hepatitis B virus particles is promoted by long chain saturated fatty acid. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  24. Ohashi H, Watashi K, Nakajima S, Kim S, Suzuki R, Aizaki H, Fukasawa M, Kamisuki S, Sugawara F, Ohtani N, Wakita T. Flutamide-mediated disruption of lipid droplets impairs the host permisiveness to hepatitis C virus production. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  25. Sakurai F, Yamamoto T, Mitani S, Takayama K, Tachibana M, Watashi K, Wakita T, Iijima S, Tanaka Y, Mizuguchi H. Human iPS-derived hepatocytes as an in vitro HBV infection model. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
  26. Yamashita A, Tanaka T, Okuyama-Dobashi K, Kasai H, Watashi K, Wakita T, Toyama M, Baba M, Moriishi K. Metachromin A, sesquiterpene from marine sponge Dactylospongia metachromia, exerts anti-HBV activity via inhibition of HBV core promoter. 第63回日本ウイルス学会学術集会, 11月, 2015年, 福岡国際会議場(福岡)
受賞
  1. 渡士幸一 小野医学研究奨励助成(H27年度)
アウトリーチ活動
  1. 国立感染症研究所一般公開. 「GSC企画 実験体験&触ってみようバイオ研究者の九つ道具」. 2015年10月3日
<A01班-第2次公募班> 杉本 亜砂子
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 澁川哲、 *杉本亜砂子. 線虫C. elegansを用いた(+)-neopeltolideの作用機序解析. 第10回日本ケミカルバイオロジー学会. 2015/6/29-7/2. 宮城県仙台市.
  2. 柳 翔太、野口拓真、川上雅人、佐々木 誠、*不破春彦、丹羽伸介、 杉本 亜砂子. ネオペルトリド蛍光標識アナログの設計・合成・機能評価. 第10回日本ケミカルバイオロジー学会. 2015/6/29-7/2. 宮城県仙台市.
<A01班-第2次公募班> 有本 博一
学術論文および著書
  1. 高橋大輝, 有本博一,「細菌感染時のニトロ化核酸によるオートファジー誘導」細胞工学,査読無, 34巻, 2015年, 576-579
国際会議における学術講演・研究発表
  1. 有本博一、Endogenous nitrated nucleotide is an autophagy inducer、
    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (PACIFICHEM 2015)、2015年12月18日、ホノルル(アメリカ合衆国)
  2. 有本博一、Roles of 8-nitro-cGMP in autophagy regulation、The 7th International conference on cGMP (cGMP 2015)、2015年6月20日、トリーア(ドイツ)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 有本博一、内因性ヌクレオチドが関与する選択的オートファジーの分子機構、日本農芸化学会 第150回 東北支部大会 シンポジウム、2015年10月3日、東北大学(仙台)
  2. 有本博一、細菌感染症克服にむけた化学生物学研究、平成27年度 化学系学協会 東北大会 有機化学コロキウム、2015年9月 13日、弘前大学(弘前)
  3. 有本博一、内因性低分子による選択的オートファジーの制御機構、第50回 天然物談話会、2015年7月3日、グリーンピア岩沼(岩沼)
  4. 有本 博一、「細菌感染証克服にむけた化学生物学研究」、日本化学会 第95春季年会、日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部(船橋)、招待講演 2015年3月
受賞
  1. 有本博一、 第32回 日本化学会学術賞、平成27年3月28日
<A01班-第2次公募班> 三輪 佳宏
学術論文および著書
  1. Nakagawa H, Matsumoto Y, Matsumoto Y, Miwa Y, Nagasaki Y. Design of high-performance anti-adhesion agent using injectable gel with an anti-oxidative stress function. Biomaterials 2015 69, 165-173
  2. Suan D, Nguyen A, Moran I, Bourne K, Hermes JN, Arshi M, Hampton HR, Tomura M, Miwa Y, Kelleher AD, Kaplan W, Deenick EK, Tangye SG, Brink R, Chtanova T, Phan TG. T follicular helper cells have distinct modes of migration and molecular signatures in naive and memory immune responses. Immunity. 2015; Apr 21;42(4):704-18. doi: 10.1016/j.immuni.2015.03.002. Epub 2015 Mar 31.PMID: 25840682.
  3. S. Tanaka, J. Tanaka, Y. Miwa, DD. Horikawa, T. Katayama, K. Arakawa, A. Toyoda, T. Kubo, T. Kunieda. Novel mitochondria-targeted heat-soluble proteins identified in the anhydrobiotic tardigrade improve osmotic tolerance of human cells. Plos One. Feb 12;10(2):e0118272. doi: 10.1371/journal.pone.0118272. eCollection (2015)
  4. 三輪佳宏、田中順子、千田直子、黒山喬允、逆井智貴、濱田理人、百武篤也、新井達郎、高橋智 「蛍光寿命や近赤外蛍光を応用したイメージング技術」バイオイメージング 2015 vol24. 22-27
<A01班-第2次公募班> 程 久美子
学術論文および著書
  1. Nishi K, Takahashi T, Suzawa M, Miyakawa T, Nagasawa T, Ming Y, Tanokura M, * Ui-Tei K, (2015) Control of the localization and function of a miRNA silencing component TNRC6A by Argonaute protein. Nucleic Acids Res. 43, 9856-9873. doi: 10.1093/nar/gkv1026.
  2. Ishikawa T, Takizawa T, Iwaki J, Mishima T, Ui-Tei K, Takeshita T, Matsubara S, *Takizawa T. (2015) Fc gamma receptor IIb participates in maternal IgG trafficking of human placental endothelial cells. Int. J. Mol. Med. 35, 1273-1789.
    doi: 10.3892/ijmm.2015.2141.
  3. Naito Y, Hino K, Bono H, *Ui-Tei K. (2015) CRISPRdirect: software for designing CRISPR/Cas guide RNA with reduced off-target sites.
    Bioinformatics 31, 1120-1123. doi: 10.1093/bioinformatics/btu743.
  4. 程久美子 (2015) 「ヒトRNAiの発見とその応用的意味」 実験医学増刊 ノンコーディングRNAテキストブック, 32-33, 羊土社.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Kumiko Ui-Tei Suppression of siRNA off-target effect by chemical modifications which regulate thermodynamics in nucleotide base-pairing
    2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (2015.12.17) Hawaii Convention Center,HI,USA
  2. Qingbo Wang, Yuki Naito, Kumiko Ui-Tei
    COMPUTATIONAL IDENTIFICATION OF CRISPR/CAS9 TARGET SITES REVEALED POTENTIAL OFF-TARGET RISKS IN HUMAN AND MOUSE GENOMES
    Conference on Transposition and Genome Engineering 2015 (2015.11.18)Nara Kasugano International Forum IRAKA, Japan
  3. Qingbo Wang, Yuki Naito, Kumiko Ui-Tei
    GENOME-WIDE IDENTIFICATION OF CRISPR/CAS9 TARGET SITES WITH REDUCED OFF-TARGET EFFECTS IN ORGANISMS WITH DIFFERENT GENOME SIZES
    CSHL Meeting on GENOME ENGINEERING: THE CRISPR/CAS REVOLUTION(2015.9.24-27)Cold Spring Horbor Laboratory,NY,USA
  4. Yuki Naito, Kimihiro Hino, Kumiko Ui-Tei, Hidemasa Bono, “CRISPRdirect: web-based tool for designing CRISPR/Cas guide RNA with reduced off-target sites”, Oxford Symposia CRISPR 2015 OXFORD: Technology and Application, St. Hilda’s College, Oxford, UK (Mar, 23, 2015). ポスター
  5. Hisashi Iizasa, Kenichiro Sakata, Josephine Galipon, Kojiro Maeda, Soh Ishiguro, Nozomi Sakurai, Hironori, Yoshiyama, Kazuyoshi Yanagihara, Takanori Kubo, Yoshimasa Kitagawa, Hideyuki Kawauchi, Kumiko Ui-Tei, Junichi Hamada
    A-to-I RNA editing enzyme ADAR2 regulates malignancy in human pleural mesothelioma.
    Gordon Research Conference on RNA editing(2015.3.8-13) Lucca (Barga), Italy
  6. Kumiko Ui-Tei, Fuminori Murakami, Tomoko Takahashi
    Global identification of the interacting RNAs with dual functional RNA binding protein TRBP by next-generation sequencing
    International Symposium on Genome Science 2015″Expanding Frontiers of Genome ScienceⅡ”(2015.1.20)一ツ橋ホール
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 王 青波、内藤 雄樹、 程 久美子
    ゲノムサイズの異なる生物種における、標的遺伝子特異的なCRISPR/Cas9ガイドRNAの網羅的同定
    BMB2015 (2015.12.4) 神戸ポートアイランド
  2. Yvelt Ming, Kenji Nishi, Tomoko Takahashi, Masataka Suzawa, Kumiko Ui-Tei
    Nuclear transport of TNRC6A protein is regulated by the amount of Argonaute protein in the cytoplasm
    BMB2015 (2015.12.2) 神戸ポートアイランド
  3. 小森千晶、高橋朋子、村上文則、 程久美子
    二本鎖RNA結合タンパク質TRBPとHIV-1 TAR RNAおよびmicroRNAとの相互作用
    BMB2015 (2015.12.1) 神戸ポートアイランド
  4. 中野悠子、高橋朋子、尾野本浩司、米山光俊、 程久美子
    RNAサイレンシングと抗ウイルス応答のクロストーク機構の解析
    BMB2015 (2015.12.1) 神戸ポートアイランド
  5. Soh Ishiguro, Josephine Galipon, Rintaro Ishii, Yutaka Suzuki, Shinji Kondo, Mariko Okada-Hatakeyama, Masaru Tomita, Kumiko Ui-Tei
    Genome-wide identification of A-to-I editing in human miRNA by ADAR isoform-specific RIP-sequencing
    BMB2015 (2015.12.1) 神戸ポートアイランド
  6. 高橋朋子、宮川拓也、善野修平、田之倉優、 程久美子
    哺乳類細胞における、アポトーシス誘導によるRNAサイレンシング調節因子TRBPの機能変換
    BMB2015 ワークショップ「RNA機能を制御する酵素・複合体再考」 (2015.12.1) 神戸ポートアイランド
  7. 程 久美子
    RNA核酸医薬の展開 -RNA干渉からCRISPRゲノム編集-
    第1回日本核酸医薬学会年会(2015.11.30) 京都テルサ
  8. 飯笹 久、坂田 健一郎、前田 浩次郎、柳原 五吉、久保 貴紀、吉山 裕規、 程 久美子、浜田 淳一
    RNA 編集酵素 ADAR2 は、ヒト悪性中皮腫において oncomiR のプロセッシングと悪性化を制御する
    第74回日本癌学会学術総会(2015.10.8) 名古屋国際会議場
  9. 村上 文則、高橋 朋子、 程 久美子
    RNAサイレンシングに関わる二本鎖RNA結合タンパク質TRBPが結合するmicroRNAの網羅的解析
    新学術領域研究『ゲノム支援』 2015年度拡大班会議 (2015.8.27)国立京都国際会館 アネックスホール
  10. 飯笹 久、坂田 健一郎 、Josephine Galipon、石黒 宗、前田 浩次郎、柳原 五吉、久保 貴紀、吉山 裕規、 程 久美子、浜田 淳一
    RNA 編集酵素 ADAR2 は、oncomiR のプロセッシングを制御する
    第17回日本RNA学会年会 (2015.7.15-17)ホテルライフォート札幌
  11. 中野悠子、高橋朋子、 程久美子
    RNAサイレンシング機構における二本鎖RNA結合タンパク質の機能解析
    第15回東京大学生命科学シンポジウム (2015.6.27)東京大学 武田先端知ビル
  12. Kumiko Ui-Tei, Hanna Iribe, Jastina Leo, Tomoko Takahashi
    Establishment of a target gene-specific and off-target effect-reduced RNAi system using chemical modifications affecting thermodynamics.
    新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」 第8回公開シンポジウム (2015.6.8)東北大学 片平さくらホール(宮城)
  13. Josephine Galipon, Soh Ishiguro, Rintaro Ishii, Hideaki Kume, Kimihiro Hino, Yutaka Suzuki, Shinji Kondo, Mariko Okada-Hatakeyama, Masaru Tomita, Kumiko Ui-Tei
    A-to-I RNA editing fine-tunes miRNA function in human cells.
    2nd Symposium on Complex Biodynamics & Networks (Bio 2015) (2015.5.11-13)慶應義塾大学鶴岡メタボロームキャンパス(山形)
<A01班-第2次公募班> 浜本 洋
学術論文および著書
  1. S. Jie, M. Iehara, J. Yasukawa, Y. Matsumoto, H. Hamamoto, K. Sekimizu*, A novel mutation in the vraS gene of Staphylococcus aureus contributes to daptomycin resistance, J Antibiot(Tokyo), 68 646-648,(2015) DOI: 10.1038/ja.2015.42, 査読有
  2. M. Murai, T. Kaji, T. Kuranaga, H. Hamamoto, K. Sekimizu, M. Inoue*. Total synthesis and biological evaluation of the antibiotic lysocin e and its enantiomeric, epimeric, and N-demethylated analogues, Angew Chem Int Ed Engl, 54, 1556-1560 (2015), doi: 10.1002/anie.201410270, 査読有
  3. J. Mao, T. Kuranaga, H. Hamamoto, K. Sekimizu, M. Inoue*, Rational design, synthesis, and biological evaluation of lactam-bridged gramicidin a analogues: discovery of a low-hemolytic antibacterial Peptide, ChemMedChem, 10, 540-545, (2015), doi: 10.1002/cmdc.201402473, 査読有
  4. H. Hamamoto, M. Urai, K. Ishii, J. Yasukawa, A. Paudel, M. Murai, T. Kaji, T. Kuranaga, K. Hamase, T. Katsu, J. Su, T. Adachi, R. Uchida, H. Tomoda, M. Yamada, M. Souma, H. Kurihara, M. Inoue, K. Sekimizu,* Lysocin E is a new antibiotic that targets menaquinone in the bacterial membrane, Nat Chem Biol, 11, 127-133 (2015), doi: 10.1038/nchembio.1710, 査読有
  5. 浜本 洋、 関水和久、カイコの細菌感染モデルを利用して同定された新規の抗生物質ライソシンE, ライフサイエンス新着論文レビュー, (2015)
  6. 浜本洋*, MRSAに効く新規抗生物質ライソシンの発見と感染症治療の可能性, Infection control, 24, 1, 2015, 総説 査読無
  7. 浜本洋*, 関水和久, 新規MRSA抗生物質ライソシンEの発見 -カイコを用いる治療効果を指向したスクリーニング創薬, 化学, 70, 12-16, 2015 査読無
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hiroshi Hamamoto, Jie Su, Keniichi Ishii, Jyunichiro Yasukawa, Atmika Paudel, Kazuhisa Sekimizu, Host factors enhance antimicrobial activity of “Lysocin E”, The international chemical congress of pacific basin societies 2015 (Pacifichem 2015), Dec. 15-20 2015, Hawaii (USA)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 浜本洋、安川淳一朗、石井健一、Su Jie、Paudel Atmika、 関水和久、宿主因子による抗生物質カイコシンの抗菌活性の促進、第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2015年11月19〜20日、熊本大学薬学部(熊本県熊本市)
  2. 浜本洋関水和久、カイコ細菌感染モデルにて同定された新規抗生物質ライソシンE
    第64回日本感染症学会東日本地方学術集会、第62回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会、10月21〜23日、ロイトン札幌(北海道札幌市)、招待講演
  3. 浜本洋、新規抗生物質ライソシンの抗菌活性を促進する血清因子のメカニズム解析 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」 第8回公開シンポジウム、2015年6月8〜9日、東北大学仙台南キャンパス萩ホール、仙台市宮城県
  4. 浜本 洋、石井健一、安川淳一朗、西田 智、 関水和久、「カイコモデルを用いた治療効果を有する新規抗菌薬の同定と開発」、日本薬学会第135年会、2015年3月26日、神戸学院大学、神戸
<A01班-第2次公募班> 加藤 博章
学術論文および著書
  1. ◎Moritsugu Kei, Koike Ryotaro, Yamada Kouki, Kato Hiroaki, *Kidera Akinori, Motion Tree Delineates Hierarchical Structure of Protein Dynamics Observed in Molecular Dynamics Simulation, PLoS One, (査読有) 10, e0131583 (2015) doi: 10.1371/journal.pone.0131583
  2. 加藤博章、ヒトABC多剤排出トランスポーター類似タンパク質の立体構造決定と新規阻害剤の創製、ファルマシア (2015) 51, 315–319 (査読有).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Ka Lu, Yamaguchi Tomohiro, Nakatsu Toru, Kato Hiroaki, Altering stability of a transmembrane protein, MsbA by structural comparison with its thermophilic homolog, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015, December 15 – 20, 2015, Honolulu (USA)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 小田健人、山口知宏、宮ノ入洋平、中津 亨、甲斐荘正恒、 加藤博章、NMR解析を目指したABCトランスポーターの大腸菌高密度培養による安定同位体標識系の確立、日本薬学会近畿支部総会・大会、2015年10月17日、大阪大谷大学(大阪府富田林市)
  2. 大塚哲央、山口知宏、中津亨、 加藤博章、Trp変異導入によるABC多剤排出トランスポーターと基質の相互作用解析、日本薬学会第135年会、2015年3月25日~28日、神戸学院大学(兵庫県神戸市)
<A01班-第2次公募班> 島村 達郎
学術論文および著書
  1. Nakane T, Song C, Suzuki M, Nango E, Kobayashi J, Masuda T, Inoue S, Mizohata E, Nakatsu T, Tanaka T, Tanaka R, Shimamura T, Tono K, Joti Y, Kameshima T, Hatsui T, Yabashi M, Nureki O, Iwata S, *Sugahara M. Native sulfur/chlorine SAD phasing for serial femtosecond crystallography. Acta Crystallogr D Biol Crystallogr. 2015 Dec 1;71(Pt 12):2519-25. doi: 10.1107/S139900471501857X.
  2. Nomura N, Verdon G, Kang HJ, Shimamura T, Nomura Y, Sonoda Y, Hussien SA, Qureshi AA, Coincon M, Sato Y, Abe H, Nakada-Nakura Y, Hino T, Arakawa T, Kusano-Arai O, Iwanari H, Murata T, Kobayashi T, Hamakubo T, Kasahara M, *Iwata S, *Drew D. Structure and mechanism of the mammalian fructose transporter GLUT5. Nature. 2015 Oct 15;526(7573):397-401. doi: 10.1038/nature14909.
  3. *Tono K, Nango E, Sugahara M, Song C, Park J, Tanaka T, Tanaka R, Joti Y, Kameshima T, Ono S, Hatsui T, Mizohata E, Suzuki M, Shimamura T, Tanaka Y, Iwata S, Yabashi M. Diverse application platform for hard X-ray diffraction in SACLA (DAPHNIS): application to serial protein crystallography using an X-ray free-electron laser. J Synchrotron Radiat. 2015 May 1;22(Pt 3):532-7. doi: 10.1107/S1600577515004464.
  4. Sugahara M, Mizohata E, Nango E, Suzuki M, Tanaka T, Masuda T, Tanaka R, Shimamura T, Tanaka Y, Suno C, Ihara K, Pan D, Kakinouchi K, Sugiyama S, Murata M, Inoue T, Tono K, Song C, Park J, Kameshima T, Hatsui T, Joti Y, Yabashi M, Iwata S. Grease matrix as a versatile carrier of proteins for serial crystallography. Nat Methods. 2015 Jan;12(1):61-3. doi: 10.1038/nmeth.3172.
<A01班-第2次公募班> 林 良雄
学術論文および著書
  1. K. Hamada, A. Taguchi, M. Kotake, S. Aita, S. Murakami, K. Takayama, F. Yakushiji, Y. Hayashi, Structure−Activity Relationship Studies of 3-epi-Deoxynegamycin Derivatives as Potent Readthrough Drug Candidates, ACS Med.Chem Lett., (査読有り), 6, 2015, 689-694.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Akihiro Taguchi, Keisuke Hamada, Masaya Kotake, Suguru Aita, Saori Murakami, Kentaro Takayama, Fumika Yakushiji, Yoshio Hayashi, “Structure-Activity Relationship Studies Focused on 3-Amino Moiety of Negamycin Derivatives for Potent Readthrough Activity”, 14-16, September, 2015, Antwerp, Belgium, Poster.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 濵田圭佑、田口晃弘、小竹優也、会田 俊、村上沙織、高山健太郎、薬師寺文華、 林 良雄、「Development of (+)-Negamycin Derivatives at the C-Terminal Part as Potent Readthrough Drug Candidates」、第52回ペプチド討論会、2015年11月16-18、平塚中央公民館(平塚)、口頭発表
  2. 濵田圭佑、田口晃弘、小竹優也、生澤俊太郎、会田 俊、高山健太郎、薬師寺文華、臼井健郎、 林 良雄、「3位アミノ基部に着目した新規ネガマイシン誘導体の合成とそのリードスルー活性評価」、創薬懇話会2015 in Tokushima、2015年7月2-3日、徳島、ポスター。
  3. 林 良雄、「ネガマイシン誘導体3位アミノ基部の修飾による高活性リードスルー化合物の創製」、新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー〜分子標的と活性制御〜」第8回公開シンポジウム、2015年6月8-9日、東北大学さくらホール(仙台)、ポスター。

【 A02班 天然物リガンドの探索と合成 】

<A02班-班長/計画班> 入江 一浩
学術論文および著書
  1. Y. Hanaki, R. C. Yanagita, T. Sugahara, M. Aida, H. Tokuda, N. Suzuki, *K. Irie, Synthesis and biological activities of the amide derivative of aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin with anti-proliferative and cytotoxic activity, Biosci. Biotechnol. Biochem.,79.888-895(2015) (DOI: 10.1080/09168451.2014.1002452).【Co-study】(査読あり)
  2. 入江一浩、アプリシアトキシンの骨格を利用した抗がん剤シーズの開発研究、CSJ Curr. Rev. 19 「生物活性分子のケミカルバイオロジー」、日本化学会編、Chapter 12, p127-133 (2015).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Irie, K., “Extraction of anti-proliferative activity from pleiotropic debromoaplysiatoxin, a potent tumor promoter and a highly inflammatory principle isolated from sea hare”, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), Hawaii, USA, Dec. 15, 2015 (Invited Lecture)
  2. Ashida, Y., Yanagita, R. C., Takahashi, C., Fujii, M., Kawanami, Y., Irie, K., “Structure–activity studies on the PKC-recognition domain of aplysiatoxin, a potent tumor-promoter isolated from a sea hare”, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), Hawaii, USA, Dec. 15, 2015 (Oral Presentation)
  3. Hanaki, Y., Yanagita, R. C., Takahashi, C., Sugahara, T., Aida, M., Tokuda, H., Suzuki, N., Irie, K., “Synthesis and biological activities of the amide derivative of aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin with anti-proliferative and cytotoxic activities”, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), Hawaii, USA, Dec. 15, 2015 (Poster Presentation)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 入江一浩,「アプリシアトキシンの構造単純化による抗がん剤シーズの開発研究」,第33回メディシナルケミストリーシンポジウム,幕張国際研修センター(千葉市),平成27年11月26日(招待講演)
  2. 入江一浩,「天然のプロテインキナーゼCリガンドの単純化による抗がん剤シーズの開発研究」,日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会,愛媛大学農学部(樽味キャンパス,松山市),平成27年9月17日(招待講演)
  3. 芦田能基, 柳田 亮,川浪康弘, 入江一浩,「AplysiatoxinのPKC C1ドメイン認識部位の構造活性相関研究」,2015年度日本農芸化学会大会,岡山大学津島キャンパス(岡山市),平成27年3月28日(一般講演)
  4. 花木祐輔, 柳田 亮,菅原貴弘,相田美砂子,徳田春邦,鈴木信孝, 入江一浩,「細胞増殖抑制能を有するアプリシアトキシン単純化アナログのアミド誘導体の合成と活性」,2015年度日本農芸化学会大会,岡山大学津島キャンパス(岡山市),平成27年3月28日(一般講演)【Co-study】
特許出願
  1. 入江一浩,菊森将之,蒲池弘明, 柳田 亮,中川 優:新規アプリシアトキシン誘導体及びそれを含有する抗がん剤,特願2012−092842,平成24年4月16日;PTC出願:PTC/JP2013/061333, 平成25年4月16日
<A02班-計画班> 井本 正哉、田代 悦(連携研究者)
学術論文および著書
  1. 井本正哉:ビッグデータを利用した標的同定の実例 「生物活性分子のケミカルバイオロジー-標的同定と作用機構」 カレントレビュー19 化学同人 79-85 (2015)
  2. 井本正哉,川谷誠:分子標的同定の実例 「生物活性分子のケミカルバイオロジー-標的同定と作用機構」 カレントレビュー19 化学同人 26-33 (2015)
  3. Krajarng A, Imoto M, Tashiro E, Fujimaki T, Shinjo S, Watanapokasin R. Apoptosis induction associated with the ER stress response through up-regulation of JNK in HeLa cells by gambogic acid. BMC Complementary and Alternative Medicine. 15:26, (2015)
  4. Kiga M, Nakayama A, Shikata Y, Sasazawa Y, Murakami R, Nakanishi T, Tashiro E, Imoto M. SMK-17, a MEK1/2-specific inhibitor, selectively induces apoptosis in -catenin-mutated tumors. Scientific Report. 5: 8155 (2015)
  5. 田代悦,井本正哉.メタボロミクスと分子標的治療.日本臨床73: 1268-1272 (2015)
  6. Tashiro E, *Imoto M. Chemistry and biology of the compounds that modulate cell migration (Review Article) . J Ind Microbiol Biotechnol. Jul 15. (2015).
  7. Tashiro E, *Imoto M. Chemical Biology of the compounds obtained from screening using disease models. Arch Pharm Res. 38:1651-1660 (2015)
  8. Mizotani Y, Itoh S, Hotta K, Tashiro E, Oka K, *Imoto M. Evaluation of drug toxicity profiles based on the phenotypes of ascidian Ciona intestinalis. Biochem Biophys Res Commun. 463: 656-660 ( 2015)
  9. Ishikawa F, Miyamoto K, Konno S, Kasai S, Kakeya H. Accurate Detection of Adenylation Domain Functions in Nonribosomal Peptide Synthetases by an Enzyme-linked Immunosorbent Assay System Using Active Site-directed Probes for Adenylation Domains. ACS Chem Biol. 10:2816-2826. 2015. doi: 10.1021/acschembio.5b00595.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. S.Saito, T.Fujimaki, E.Tashiro, Y.Igarashi, M.Imoto、Isolation and biological activities of novel androgen receptor antagonist produced by Streptomyces、2015環太平洋国際化学会議(PACIFICHEM 2015)、2015年12月17日、ホノルル(米国)
  2. M.Imoto, T.Fujimai, S.Saiki, E.Tashiro, D.Yamada, N.Hattor、Identification of licopyranocoumarin and glycyrurol from herbal medicines as neuroprotective compounds for Parkinson’s disease、2015環太平洋国際化学会議(PACIFICHEM 2015)、2015年12月17日、ホノルル(米国)
  3. S.Ioka, T.Saito, S.Iwano, S.Maki, H.Niwa, M.Imoto, S.Nishiyama、 Development of the new firefly luciferin analog aiming at detection of a free radical in the living body、2015環太平洋国際化学会議(PACIFICHEM 2015)、2015年12月17日、ホノルル(米国)
  4. Yuki Shikata, Etsu Tashiro, Masaya Imoto、Screening for the compound that induces cell death selectively in β-catenin mutant tumor cells、第27回AACR-NCI-EORTC International Conference、2015年11月 7日、ボストン(米国)
  5. Yuji Mizotani, Shun Itoh, Kohji Hotta, Etsu Tashiro, Kotaro Oka, Masaya Imoto、Evalution of drug toxicity profile using Ciona intestinalis、8th International Tunicate Meeting、2015年7月16日、Aomori City Cultural Hall(Aomori City Aomori Pref. )
  6. M. Imoto、Chemistry and biology of natural products that modulate cellular responses、SIBM Natural Products 2015、2015年 1月12日、San Diego(USA) (口頭発表.招待講演)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 吉丸哲郎、小松正人、 田代悦、長田裕之、 井本正哉、豊國伸哉、三好康雄、笹三徳、片桐豊雅、エストロゲン受容体制御分子BIG3を標的とした新規ER陽性乳がんの治療法、第74回日本癌学会学術総会、2015年10月 9日、名古屋国際会議場(愛知県名・古屋市)
  2. 池田拓慧、四方雄貴、 田代悦、井本正哉、β-catenin変異型がん細胞選択的に細胞死を誘導する化合物の探索、第74回日本癌学会学術総会、2015年10月 9日、名古屋国際会議場(愛知県名・古屋市)
  3. 四方雄貴、 田代悦、井本正哉、カリウムイオノフォアであるNonactinはβ-catenin変異がん選択的に細胞死を誘導する、第74回日本癌学会学術総会、2015年10月 9日、名古屋国際会議場(愛知県名・古屋市)
  4. 今辻紗也佳、 田代悦、井本正哉、CDDP耐性細胞におけるTGF-β受容体阻害剤によるMET誘導、第74回日本癌学会学術総会、2015年10月 9日、名古屋国際会議場(愛知県・名古屋市)
  5. 齋藤駿、藤巻貴宏、 田代悦、五十嵐康弘、 井本正哉、放線菌由来新規アンドロゲン受容体アンタゴニストAntarlide類の単離・構造決定及び生物活性、第57回天然有機化合物討論会、2015年9月10日、神奈川県民ホール(神奈川県・横浜市)
  6. 吉丸哲郎、小松正人、 田代悦、長田裕之、 井本正哉、片桐豊雅、エストロゲン受容体制分子BIG3を標的とした新規ER陽性乳がん治療法の開発、日本がん分子標的治療学会第19回学術集会、2015年6月12日、松山全日空ホテル(愛媛県・松山市)
  7. 井岡秀二、斉藤毅、岩野智、牧昌次郎、丹羽治樹、 井本正哉、西山繁、生体内フリーラジカルの検出を目的とした新規ホタルルシフェリンアナログの開発、日本ケミカルバイオロジー第10回年会、2015年6月11日、東北大学 川内キャンパス(宮城県・仙台市)
  8. 井本正哉、Bcl-2/Bcl-xL機能阻害物質インセドニンの標的分子同定、天然物ケミカルバイオロジー第8回公開シンポジウム、2015年6月8日、東北大学 片平キャンパス(宮城県・仙台市)
  9. Yuji Mizotani, Shun Itoh, Kohji Hotta, Etsu Tashiro, Kotaro Oka, Masaya Imoto、Evaluation system of chemical toxicity using Ciona intestinalis、48th Annual Meeting of the Japanese Sosiety of Developmental Biologists、2015年6月2日〜6月5日、International Congress Center Tsukuba(茨城県・つくば市)
  10. 片桐豊雅、吉丸哲郎、小松正人、 田代悦、井本正哉、長田裕之、エストロゲン受容体制御分子BIG3を標的とした新規ホルモン依存性乳がん治療法の開発、日本農芸化学会2015年度大会、2015年 3月29日、岡山大学 津島キャンパス(岡山県・岡山市)
  11. 田代悦、大嶽弘之、奈良部進、 井本正哉、抗がん剤耐性とEMTの関係に着目したMET誘導物質の探索系構築、日本農芸化学会2015年度大会、2015年 3月27日、岡山大学 津島キャンパス(岡山県・岡山市)
  12. 井本正哉、田代悦 微生物由来天然化合物の治療薬シードへの展開 日本農芸化学会2015年度大会(岡山)3月29日
  13. 溝谷優治、伊藤俊、堀田耕司、 田代悦、岡浩太郎、 井本正哉 カタユウレイボヤにおける薬剤の毒性評価系の構築 日本農芸化学会2015年度大会(岡山)3月27日
  14. 齋藤駿、藤巻貴宏、榊原康文、 田代悦、井本正哉 in silico及び天然物スクリーニングによる新規アンドロゲン受容体アンタゴニストの探索 日本農芸化学会2015年度大会(岡山)3月27日
<A02班-計画班> 松永 茂樹
学術論文および著書
  1. Peddie, V.; *Takada, K.; Okuda, S.; Ise, Y.; Morii, Y.; Yamawaki, N.; Takatani, T.; Arakawa, O.; Okada, S.; *Matsunaga, S.: Cytotoxic Glycosylated Fatty Acid Amides from a Stelletta sp Marine Sponge. J. Nat. Prod. 2015, 78, 2808-2813: DOI:10.1021/acs.jnatprod.5b00795.
  2. Takanashi, E.; *Takada, K.; Hashimoto, M.; Itoh, Y.; Ise, Y.; Ohtsuka, S.; Okada, S.; *Matsunaga, S.: Cytotoxic linear acetylenes from a marine sponge Pleroma sp. Tetrahedron 2015, 71, 9564-9570: doi:10.1016/j.tet.2015.10.062.
  3. Moran, D. A. P.; *Takada, K.; Ise, Y.; Bontemps, N.; Davis, R. A.; Furihata, K.; Okada, S.; *Matsunaga, S.: Two cell differentiation inducing pyridoacridines from a marine sponge Biemna sp and their chemical conversions. Tetrahedron 2015, 71, 5013-5018: doi:10.1016/j.tet.2015.05.070.
  4. Fukuhara, K.; *Takada, K.; Okada, S.; *Matsunaga, S.: Nazumazoles A-C, Cyclic Pentapeptides Dimerized through a Disulfide Bond from the Marine Sponge Theonella swinhoei. Org. Lett. 2015, 17, 2646-2648: DOI: 10.1021/acs.orglett.5b01020.
  5. Arita, Y.; *Nishimura, S.; Ishitsuka, R.; Kishimoto, T.; Ikenouchi, J.; Ishii, K.; Umeda, M.; Matsunaga, S.; Kobayashi, T.; *Yoshida, M.: Targeting Cholesterol in a Liquid-Disordered Environment by Theonellamides Modulates Cell Membrane Order and Cell Shape. Chem. Biol. 2015, 22, 604-610: doi:10.1016/j.chembiol.2015.04.011.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Matsunaga, S., “Search for marine natural products with anticancer associated activity”, 2015 International Chemical Congress of Pacific BAsin Societies (PACIFICHEM 2015), Hawaii, USA, Dec. 16, 2015 (Invited Lecture).
  2. Pederazzoli, M. D. A., Takada, K., Furihata, K., Okada, S., Matsunaga, S., Ise, Y., Bontemps, N., Davis, R. A.,”Cell differentiation inducing metabolites from marine sponges”2015 International Chemical Congress of Pacific BAsin Societies (PACIFICHEM 2015), Hawaii, USA, Dec. 17, 2015 (Poster Presentation).
  3. Matsunaga, S., “Search for marine natural products with anticancer associated activity”, 46th Annual Meeting of Korean Society of Pharmacognoxy, Seoul, Korea, Dec. 3, 2015 (Invited Lecture).
  4. Matsunaga, S., “Search for marine natural products with anticancer associated activity”, International Seminar and Workshop on Marine Natural Products, Burapha University, Thailand, Sep. 15, 2015 (Invited Lecture).
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 福原和哉, 高田健太郎,岡田茂, 松永茂樹,「カイメンTheonella swinhoei由来の新規細胞毒性ペプチドnazumazoles A-Fの単離と構造決定」第57回天然有機化合物討論会,2015年9月10日,神奈川県民ホール.(一般講演)
  2. 福原和哉, 高田健太郎,岡田茂, 松永茂樹,「カイメンTheonella swinhoei由来の新規細胞毒性ペプチドnazumazoles A-Fの単離と構造決定」平成27年度日本水産学会春季大会,2015年3月30日,東京海洋大学.(一般講演)
  3. 人羅勇気, 高田健太郎,松永茂樹,「HeLa/Fucci2細胞を用いたカイメン由来細胞周期停止誘導性物質の探索」平成27年度日本水産学会春季大会,2015年3月30日,東京海洋大学.(一般講演)
  4. Sun Yi, 高田健太郎,岡田茂, 松永茂樹,能木裕一,「深海底泥から分離された放線菌由来の酵素阻害物質」平成27年度日本水産学会春季大会,2015年3月30日,東京海洋大学.(一般講演)
  5. Victoria Peddie, 高田健太郎,岡田茂, 松永茂樹,「カイメンStelletta sp.由来の新規細胞毒性物質の単離と構造決定」平成27年度日本水産学会春季大会,2015年3月30日,東京海洋大学.(一般講演)
<A02班-計画班> 石橋 正己、荒井 緑(研究分担者)、當銘 一文(研究分担者(2014年10月まで))、石川 直樹(研究分担者(2014年11月以降)
学術論文および著書
  1. M. A. Arai, K. Uemura, N. Hamahiga, N. Ishikawa, T. Koyano, T. Kowithayakorn, T. Kaddar, M. Carreau, M. Ishibashi, Naturally occurring FANCF-Hes1 complex inhibitors from Wrightia religiosa, Med. Chem. Commun., 6, 455-460 (2015). DOI:10.1039/C4MD00495G「査読有」
  2. K. Toume, T. Habu, M. A. Arai, T. Koyano, T. Kowithayakorn, M. Ishibashi, Prenylated flavonoids and resveratrol derivatives isolated from Artocarpus communis with the ability to overcome TRAIL resistance, J. Nat. Prod., 78, 103-110 (2015). DOI:10.1021/np500734t「査読有」
  3. M. A. Arai, K. Koryudzu, M. Ishibashi, Inubosin A, B, and C are new acridine alkaloids isolated from Streptomyces sp. IFM 11440 that show Ngn2 promoter activity, J. Nat. Prod., 78, 311-314 (2015). DOI:10.1021/np5006218「査読有」
  4. R. G. Fuentes, K. Toume, M. A. Arai, S. K. Sadhu, F. Ahmed, M. Ishibashi, Limonoids with Wnt signal inhibitory activity isolated from the fruits of Azadirachta excels, Phytochem. Lett. 11, 280-285 (2015). DOI:10.1016/j.phytol.2015.01.015「査読有」
  5. 荒井緑,天然由来ヘッジホッグシグナル阻害剤の探索,日本女性科学者の会学術誌,15,20-27 (2015).「査読有」
  6. Yixizhuoma; Tsukahara, K.; Toume, K.; Ishikawa, N.; Abdelfattah, M. S.; *Ishibashi, M. “Novel cytotoxic isobenzofuran derivatives from Streptomyces sp. IFM 11490″ Tetrahedron Lett. 2015, 56, 6345-6347 DOI:10.1016/j.tetlet.2015.09.116 査読有
  7. Ohishi, K.; Toume, K.; Arai, M. A.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; *Ishibashi, M. “Coronaridine, an iboga type alkaloid from Tabernaemontana divaricata, inhibits Wnt signaling pathway by decreasing β-catenin mRNA expression” Bioorg. Med. Chem. Lett. 2015, 25, 3937-3940 DOI:10.1016/j.bmcl.2015.07.036 査読有
  8. Yoneyama, T.; *Arai, M. A.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; *Ishibashi, M. “Hedgehog inhibitors from Withania somnifera” Bioorg. Med. Chem. Lett. 2015, 25, 3541-3544 DOI:10.1016/j.bmcl.2015.06.081 査読有
  9. Karmakar, U. K.; Ishikawa, N.; Toume, K.; Arai, M. A.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; *Ishibashi, M. “Sesquiterpenes with TRAIL-resistance overcoming activity from Xanthium strumariumBioorg. Med. Chem. 2015, 23, 4746-4754 DOI:10.1016/j.bmc.2015.05.044 査読有
  10. *Arai, M. A.; Uchida, K.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; Koyano, T.; Kowithayakorn, T.; *Ishibashi, M. “Hedgehog inhibitors from Artocarpus communis and Hyptis suaveolensBioorg. Med. Chem. 2015, 23, 4150-4154 DOI:10.1016/j.bmc.2015.06.058 査読有
  11. *Arai, M. A.; Akamine, R.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; *Ishibashi, M. “Hedgehog/GLI- mediated transcriptional activity inhibitors from Crinum asiaticumJ. Nat. Med. 2015, 69, 538-542 DOI:10.1007/s11418-015-0922-8 査読有
  12. Shono, T.; Ishikawa, N.; Toume, K.; Arai, M. A.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; *Ishibashi, M. “Boehmenan, a lignan, isolated from Hibiscus ficulneus showed Wnt signal inhibitory activity” Bioorg. Med. Chem. Lett. 2015, 25, 2735-2738 DOI:10.1016/j.bmcl.2015.05.037 査読有
  13. Fuentes, R. G.; *Arai, M. A.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; *Ishibashi, M. “Phenolic compounds from the bark of Oroxylum indicum identified as Ngn2 promoter activators” J. Nat. Med. 2015, 69, 589-594 DOI:10.1007/s11418-015-0919-3 査読有
  14. Ohishi, K.; Toume, K.; Arai, M. A.; Koyano, T.; Kowithayakorn, T.; Mizoguchi, T.; Itoh, M.; *Ishibashi, M. “9-Hydorxycanthin-6-one, a β-carboline alkaloid from Eurycoma longifolia, is the first Wnt signal inhibitor through activation of GSK3β without depending on CK1α” J. Nat. Prod. 2015, 78, 1139-1146 DOI:10.1021/acs.jnatprod.5b00153 査読有
  15. Fuentes, R. G.; Toume, K.; Arai, M. A.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; *Ishibashi, M. “Scopadulciol, isolated from Scoparia dulcis, induces β-catenin degradation and overcomes tumor necrosis factor-related apoptosis ligand resistance in AGS human gastric adenocarcinoma cells” J. Nat. Prod. 2015, 78, 864-872 DOI:10.1021/np500933v 査読有
  16. Tahmina, H.; Toume, K.; Arai, M. A.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; *Ishibashi, M. “Isolation of alkamides with death receptor-enhancing activities from Piper chabaHeterocycles 2015, 90, 1317-1322 DOI:10.3987/COM-14-S(K)68 査読有
  17. Fuentes, R. G.; Arai, M. A.; *Ishibashi, M. “Natural compounds with Wnt signal modulating activity” Nat. Prod. Rep. 2015, 32, 1622-1628 DOI: 10.1039/C5NP00074B 査読有
  18. 石川直樹,“既知ポリアミノ酸が新薬候補に? 薬剤耐性克服作用の発見”,ファルマシア,2015,51 (3),253 査読有
  19. 石橋正己,“膜脂質と脂肪酸誘導体”,大学院講義有機化学Ⅱ(第2版), 野依良治・中筋一弘・玉尾皓平・奈良坂紘一・柴﨑正勝・橋本俊一・鈴木啓介・山本陽介・村田道雄編,東京化学同人,2015,377-382(総ページ数456ページ)
  20. 野依良治,奥山格,柴﨑正勝,檜山為次郎(監訳), 石橋正己,岩澤伸治,大嶋孝志,金井求,木越英夫,忍久保洋,白川英二,橋本俊一,吉田潤一(共訳),”ウォーレン有機化学第2版(上)(下)” 東京化学同人,2015,総ページ数1301ページ
国際会議における学術講演・研究発表
  1. M. Ishibashi,“Natural products-based screening study on disease and development pathways”, Pacifichem 2015; December 17, 2015, Honolulu, U.S.A.
  2. M. Ishibashi, “Natural products screening studies on disease and development signaling pathways”, The 4th Annual Conference of the Society for Laboratory Automation and Screening (SLAS2015), February 10, 2015, Washington, DC, U.S.A.「招待講演」
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 石橋正己,“シグナル伝達調節作用をもつテルぺノイド成分の探索”, 第59回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,2015年9月5日,大阪
  2. 荒井緑,“神経幹細胞分化活性化を目指した天然基盤分子の探索”,新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」地区ミニシンポジウム・仙台「ケミカルバイオロジーにおける天然物」,2015年6月30日,仙台
  3. 石橋正己,“ウィントシグナル阻害作用をもつ天然物のスクリーニング”, 天然有機化合物の生合成研究―新潟ミニシンポジウム―,2015年5月22日,新潟
  4. 石橋正己,「疾患シグナルに作用する天然物スクリーニング研究」,日本農芸化学会2015年度大会シンポジウム,2015年3月29日,岡山「招待講演」
  5. 荒井緑,赤嶺隆太,小柳津和音, 當銘一文,岡本隆一,小谷野喬,T. Kowithayakorn, 石橋正己,“Notch-Hes経路阻害を指標とする神経幹細胞分化活性化剤の探索”,日本薬学会第135年会,2015年3月28日,神戸「一般講演」【Co-study】
  6. 米山達朗, 荒井緑,小柳津和音, 岡本隆一,S. K. Sadhu,F. Ahmed, 石橋正己,“Calotropis giganteaからのノッチシグナル伝達経路阻害剤の探索”,日本薬学会第135年会,2015年3月27日,神戸「ポスター発表」【Co-study】
  7. 荒井緑,“bHLH転写因子に影響する天然基盤神経幹細胞分化活性化小分子の創製”,東京生化学研究会助成研究報告会,2015年3月6日,東京
  8. 荒井緑,「天然物基盤分子による幹細胞およびがん細胞の制御をめざして」,有機合成のニュートレンド2015,2015年2月3日,大阪「招待講演」
  9. 荒井緑,「神経幹細胞,がん細胞に作用する天然物基盤分子の探索と創製」,金沢大学薬学シンポジウム2014,2015年1月28日,金沢「招待講演」
<A02班-計画班> 品田 哲郎、大船泰史(研究分担者)
学術論文および著書
  1. A. Manabe, R. Matsumoto, *T. Shinada, Cyclopropanation of E-dehydroaspartic acid esters with furan derivatives: the synthesis of highly functionalized α-2,3-methanoamino acid esters, Synlett (査読有)2015, 26, 1710-1714. DOI: 10.1055/s-0034-1380812
  2. Facile Synthesis of Deuterium-Labelled Geranylgeraniols, Y. Totsuka, S. Ueda, T. Kuzuyama, T. Shinada, Bull. Chem. Soc. Jp . 2015, 44, 575-577. DOI: 10.1246/bcsj.20140384
  3. Total synthesis of a Monomeric Phloroglucinol Derivative isolated from Myrtus Communis, E. Nishimura, Y. Ohfune, T. Shinada, Chem. Lett. 44, 445-447. DOI: 10.1246/cl.141168
  4. Reaction of cyclopropenes with a trichloromethyl radical: unprecedented ring-opening reaction of cyclopropanes with migration, M. Ueda, N. Doi, H. Miyagawa, S. Sugita, N. Takeda, T. Shinada, O. Miyata, Chem. Commun. 2015, 4204-4207. DOI: 10.1039/C4CC09649E
  5. Total synthesis structure elucidation of (±)-triumphalone (±)-isotriumphalone, E. Nishimura, Y. Ohfune, T. Shinada, Tetrahedron Lett. 2015, 56, 539-541. DOI: 10.1016/j.tetlet.2014.12.005
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 品田 哲郎、「複雑な天然物の化学:テトロドトキシンの触媒的不斉全合成研究と新奇環状ジテルペン生合成機構」第6回 合同研究発表会、2015年1月10日(土)、神戸薬科大学(依頼講演)
アウトリーチ活動
  1. 品田哲郎 高校生のための化学体験入学、触媒の効果が目に見える化学発光とその応用、大阪市立大学、2015年8月8~9日、参加者(30名)
<A02班-計画班> 渡邉 秀典
学術論文および著書
  1. Naoki Mori, Takeshi Kitahara, Kenji Mori, *Hidenori Watanabe, Asymmetric Formal Synthesis of Azadirachtin. Angewandte Chemie, 査読有り, 127巻, 2015年, 15133–15136.
  2. *Ken Ishigami, Shinya Yamada, Hidenori Watanabe, Synthesis of (±)-(Z)-2β-hydroxy-14-hydro-β-santalol employing tandem radical cyclization, Tetrahedron Letters, 査読有り, 56巻, 2015年, 5816-5819.
  3. Ken Ishigami, Masaoki Yamamoto, *Hidenori Watanabe, Synthesis and revision of the relative configuration of glabramycin B, Tetrahedron Letters, 査読有り, 56巻, 2015年, 6290-6293.
  4. *Ken Ishigami, Munetaka Kobayashi, Motoki Takagi, Kazuo Shin-ya, Hidenori Watanabe, Synthesis of marine oxylipin topsentolide A1 and its stereoisomers, and determination of the absolute configuration of the natural product. Tetrahedron, 査読有り, 71巻, 2015年, 8436-8443.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Nozomu Kakimoto, Ken Ishigami, Hidenori Watanabe, “Total Synthesis of (+)-Clavigerin B” in The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, 2015年11月10日,リーガロイヤルホテル京都(京都).
  2. Masaoki Yamamoto, Ken Ishigami, Hidenori Watanabe, “Total Synthesis of Glabramycin B” in The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, 2015年11月12日,リーガロイヤルホテル京都(京都).
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 小林 宗隆、小西 俊介、 渡邉 秀典「Dichrocephone類の合成研究」日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月30日、札幌コンベンションセンター(札幌市)
  2. 柿本 望、石神 健、 渡邉 秀典「クラビゲリン類の両鏡像体の合成」日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月30日、札幌コンベンションセンター(札幌市)
  3. 久保 伸一郎、 渡邉 秀典「抗マラリア活性を有するMyristicyclin類の合成研究」日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月29日、札幌コンベンションセンター(札幌市)
  4. 山本 将起、石神 健、 渡邉 秀典「Glabramycin Bの合成と構造訂正」日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月29日、札幌コンベンションセンター(札幌市)
  5. 柿本望、 渡邉秀典「昆虫摂食阻害活性を有するClavigerin類の全合成」日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月28日、岡山大学(岡山)
  6. 影治秀晃、 渡邉秀典「Litseaone Aの不斉全合成」日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月28日、岡山大学(岡山)
  7. 野上恭平、石神健、 渡邉秀典「ピペリジンアルカロイドMicrogrewiapin Aの合成研究」日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月28日、岡山大学(岡山)
  8. 渡邉秀典、「多様な構造の天然物への多様な合成アプローチ」、平成26年度天然物化学セミナー特別講演会、2015年1月8日、筑波大学生命環境系。
<A02班-第1次・第2次公募班> 難波 康祐
学術論文および著書
  1. R. Araki, K. Kousaka, K. Namba, Y. Murata, J. Murata, 2′-Deoxymugineic acid promotes growth of rice (Oryza sativa L.) by orchestrating iron and nitrate uptake processes under high pH conditions. Plant. J., 81, 233-246 (2015).
  2. K. Namba, A. Osawa, A. Nakayama, A. Mera, F. Tano, Y. Chuman, E. Sakuda, T. Taketsugu, K. Sakaguchi, N. Kitamura, K. Tanino. Synthesis of Yellow and Red Fluorescent 1,3a,6a-Triazapentalene and Theoretical Investigation of Optical Properties. Chem. Sci., 6, 1083-1093 (2015).
  3. M. Shibata, R. Fuchigami, R. Kotaka, K. Namba, K. Tanino. Acid-catalyzed [4+3] cycloaddition reaction of N-nosyl pyrroles. Tetrahedron,71, 2015, 4495-4499. (DOI: 10.1016/j.tet.2015.02.071)
  4. 大澤歩, 難波康祐、小型蛍光発色団1,3a,6a-Triazapentalene、社団法人日本化学会生体機能関連化学部会NEWS LETTER、29(4), 11-14 (2015).
  5. 土川博史, 難波康祐, 中尾佳亮, 田中克典、第12章 機器分析による分析,有機合成実験法ハンドブック 第2版, 公益社団法人有機合成化学協会監修, 丸善出版株式会社,2015年, 91-123(総ページ数1202).
  6. Namba, K.; Takeuchi, K.; Kaihara, Y.; Oda, M.; Nakayama, A.; Nakayama, A.; Yoshida, M.; *Tanino K. Total Synthesis of Palau’amine. Nature Communications(査読あり)6, 2015, 8731 (1-9). (DOI: 10.1038/ncomms9731) 「薬事日報にて紹介記事(2015年11月25日)、NHK四国4県ニュースで報道(2015年11月4日)」
  7. Murata, Y.*; Itoh, Y.; Iwashita, T.; Namba, K. Transgenic Petunia with the Iron(III)-Phytosiderophore Transporter Gene Acquires Tolerance to Iron Deficiency in Alkaline Environments.(査読有り) PloS one, 10(3) 2015, e0120227. (http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0120227)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 難波康祐、「Palau’amineの全合成」、有機合成化学協会東海支部 総合講演会、2015年12月12日、名古屋大学(名古屋市)
  2. 難波康祐、「有機合成を基盤とした新規機能性分子の合成研究」、徳島大学大学院医歯薬学研究部 第12回 公開シンポジウム、2015年11月5日、徳島大学(徳島市)
  3. 難波康祐、「Palau’amineの全合成〜なぜ複雑な天然物を作るのか?〜」、プロセス化学東四国フォーラムセミナー、2015年10月3日、徳島文理大学(徳島市)
  4. 難波康祐、「生物活性天然物の実践的合成研究」、愛媛大学大学院特別講演会、2015年9月28日、愛媛大学(松山市)
  5. 難波康祐、「Palau’amineの全合成」、アスビオファーマ株式会社講演会、2015年7月6日
  6. Kosuke Namba「Organic Chemistry Research on Iron Acquisition in Graminaceous Plants」, Osaka City University International Conference, 2015年3月、大阪市立大学理学部(大阪市)
  7. 難波康祐「イネ科植物の鉄イオン取り込み機構に関する有機化学的研究」、 難波康祐 日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月、岡山大学(岡山市)
受賞
  1. 笠井 知世 “優秀発表賞” 日本薬学会第135年会, 2015, 4, 9
報道発表
  1. NHK徳島ニュース報道:2015年11月4日 午前6:45−7:00(四国4県ニュース)、午前7:45-8:00(おはよう徳島)、午後6:10-7:00(とく6徳島)報道タイトル「海綿の免疫抑制物質 合成に成功」
  2. 薬事日報 第11652号(2015年11月25日)「パラウアミンの合成に成功」
  3.  NHK徳島ニュース報道:2015年12月8日 午前6:45−7:00(四国4県ニュース)、午前7:45-8:00(おはよう徳島)、午後11:45-12:00(お昼のニュース)報道タイトル「”鉄分吸収促す”肥料開発へ」
<A02班-第1次・第2次公募班> 市川 聡
学術論文および著書
  1. Nakaya, Takeshi; Matsuda, Akira; *Ichikawa, Satoshi. Design, synthesis and biological evaluation of 5′-C-piperidinyl-5′-O-aminoribosyluridines as a potential antibacterial agent. Org. Biomol. Chem. 2015, 14, 7720-7735, DOI: 10.1039/C5OB01037C.
  2. Chiba, Takuya; Matsuda, Akira; *Ichikawa, Satoshi. Synthesis and biological activity of syringolin A analogues. Bioorg. Med. Chem. Lett. 2015, 25, 4872-4877, DOI:10.1016/j.bmcl.2015.06.015.
  3. S. Ichikawa, M. Yamaguchi, L. S. Hsuan, Y. Kato, A. Matsuda. Carbacaprazamycins: Chemically Stable Analogues of the Caprazamycin Nucleoside Antibiotics. ACS Infect. Dis.  2015, 1, 151-156, DOI: 10.1021/id5000376.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Nakaya, T.; Matsuda, A.; Ichikawa, S. Design and synthesis of simplified caprazamycin analogs. PACIFICHEM, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Poster Presentation), 15th Dec. 2015, Honolulu (Hawaii, USA).
  2. Yamaguchi, M.; Ichikawa, S.; Matsuda, A. Design and synthesis of conformationally restricted caprazamycin analogs as antibacterial agents. PACIFICHEM, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Poster Presentation), 15th Dec. 2015, Honolulu (Hawaii, USA).
  3. Katsuyama, A.; Matsuda, A.; Ichikawa, S. Synthetic study of plusbacin A3 PACIFICHEM, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Poster Presentation), 15th Dec. 2015, Honolulu (Hawaii, USA).
  4. Chiba, T.; Matsuda, A.; Ichikawa, S. Improvement of biological activities of syringolin A PACIFICHEM, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Poster Presentation), 15th Dec. 2015, Honolulu (Hawaii, USA).
  5. Nakaya, T.; Matsuda, A.; Ichikawa, S. Design, synthesis and biological evaluation of 5′-C-piperidinyl-5′-aminoribosyluridines as potential antibacterial agents. The 42nd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2015 (Oral Presentation), 23rd Sep. 2015, イーグレ姫路(兵庫県・姫路市)
  6. Ichikawa Satoshi, Medicinal chemistry based on natural products, Taipei Medical University, 2015, March, 17th, Taipei, Taiwan (invited lecture).
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 北畑舜、千葉拓也、 市川聡、syrbactin類を基盤とした新規プロテアソーム阻害剤の開発研究、第33回 メディシナルケミストリーシンポジウム(口頭発表&ポスター発表) 2015年11月26日、幕張国際研修センター(千葉県・幕張市)
  2. Katsuyama, A.; Matsuda, A.; Ichikawa, S. Synthetic study of plusbacin A3第52回ペプチド討論会, 口頭発表, 2015年11月16日, 中央公民館(神奈川県・平塚市)
  3. 北畑舜、千葉拓也、 市川聡、Syringolin類の合成と構造活性相関研究、第57回 天然物有機化学討論会 (ポスター発表)、2015年9月10日、神奈川県民ホール(神奈川県・横浜市)
  4. 勝山彬、松田彰、 市川聡、Plusbacin A3の全合成研究、第27回万有札幌シンポジウム (ポスター発表、ベストポスター賞)、2015年7月4日、北海道大学(北海道・札幌市)
  5. 山口繭美、松田彰、 市川聡、新規抗菌剤開発を指向したリポヌクレオシド系抗菌抗生物質の単純化研究、第13回 次世代を担う有機化学シンポジウム (口頭発表)、2015年5月22日、立命館大学(滋賀県・草津市)
  6. 北畑舜、松田彰、 市川聡、Syringolin類の合成と生物活性、日本薬学会北海道支部第142例会 (口頭発表、優秀発表賞)、2015年5月16日、札幌コンベンションセンター(北海道・札幌市)
  7. 勝山彬、松田彰、 市川聡、Plusbacin A3の全合成研究、日本薬学会第135年会 (口頭発表)、2015年3月28日、神戸学院大学(兵庫県・神戸市)
  8. 北畑舜、松田彰、 市川聡、Syringolin誘導体の合成、日本薬学会第135年会 (口頭発表、優秀発表賞)、2015年3月28日、神戸学院大学(兵庫県・神戸市)
<A02班-第1次・第2次公募班> 不破 春彦
学術論文および著書
  1. J. A. Rubiolo, *C. Vale, V. Martin, H. Fuwa, M. Sasaki, *L. M. Botana, “Potassium Currents Inhibition by Gambierol Analogs Prevents Human T Lymphocyte Activation,” Archives of Toxicology, 89, 1119–1134 (2015). DOI: 10.1007/s00204-014-1299-2. 査読有
  2. *H. Fuwa, K. Sakamoto, T. Muto, M. Sasaki, “Concise synthesis of the C15–C38 fragment of okadaic acid, a specific inhibitor of protein phosphatases 1 and 2A,” Tetrahedron, 71, 6369–6383 (2015). DOI: 10.1016/j.tet.2015.04.001. 査読有(招待論文)
  3. H. Fuwa,* R. Fukazawa, and M. Sasaki, Concise synthesis of the A/BCD-ring fragment of gambieric acid A, Front. Chem., 2, 116 (2015). DOI: 10.3389/fchem.2014.00116
  4. M. Sasaki,* Y. Kawashima, and H. Fuwa, Studies toward the total synthesis of amphidinolide N: Stereocontrolled synthesis of the C13-C29 segment, Heterocycles, 90, 579-599 (2015). DOI: 10.3987/COM-14-S(K)66
  5. H. Fuwa,* Y. Okuaki, N. Yamagata, and M. Sasaki, Total synthesis, stereochemical reassignment, and biological evaluation of (-)-lyngbyaloside B, Angew. Chem. Int. Ed., 54, 868-873 (2015). DOI: 10.1002/anie.201409629
  6. H. Fuwa,* K. Sakamoto, T. Muto, and M. Sasaki, Concise synthesis of the C15-C38 fragment of okadaic acid: Application of Suzuki-Miyaura reaction to spiroacetal synthesis, Org. Lett., 17, 366-369 (2015). DOI: 10.1021/ol503491t
  7. K. Konoki,* Y. Suga, H. Fuwa, M. Yotsu-Yamashita, and M. Sasaki,* Evaluation of gambierol and its analogs for their inhibition of human Kv1.2 and cytotoxicity, Bioorg. Med. Chem. Lett., 25, 514-518 (2015). DOI: 10.1016/j.bmcl.2014.12.022
国際会議における学術講演・研究発表
  1. H. Fuwa, Y. Okuaki, N. Yamagata, M. Sasaki, “Total Synthesis, Stereochemical Revision, and Biological Evaluation of Lyngbyaloside B, a Marine Macrolide Glycoside,” PACIFICHEM 2015, 15-Dec-2015, Honolulu (USA)
  2. K. Sakamoto, A. Hakamata, H. Fuwa, M. Sasaki, “Synthetic Studies on Iriomoteolide-2a,” PACIFICHEM 2015, 17-Dec-2015, Honolulu (USA)
  3. Y. Kawashima, H. Fuwa, M. Sasaki, “Studies toward the Total Synthesis of Amphidinolide N,” PACIFICHEM 2015, 17-Dec-2015, Honolulu (USA)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 奥秋佑太,山縣直哉,尾形有也, 不破春彦,佐々木 誠,リングビアロシドBの全合成と構造改訂,第108回有機合成シンポジウム,2015年11月6日,早稲田大学(東京都新宿区)
  2. 不破春彦,複雑海洋天然物の全合成と構造改訂,平成27年度化学系学協会東北大会・有機化学コロキウム(依頼講演),2015年9月13日,弘前大学(青森県弘前市)
  3. 不破春彦,山縣直哉,奥秋佑太,尾形有也,佐々木 誠,リングビアロシドBの全合成と完全立体構造決定,第57回天然有機化合物討論会,2015年9月10日,神奈川県民ホール(神奈川県横浜市)
  4. 坂本渓太, 不破春彦,佐々木 誠,オカダ酸C15–C38フラグメントの効率的合成,日本化学会第95春季年会,2015年3月29日,日本大学(千葉県船橋市
  5. 奥秋佑太, 不破春彦,佐々木 誠,リングビアロシドBの全合成と構造改訂,日本化学会第95春季年会,2015年3月26日,日本大学(千葉県船橋市)
  6. 不破春彦、「海洋マクロリド天然物の全合成とケミカルバイオロジー」、依頼講演、天然物化学研究の最前線:生合成とケミカルバイオロジーの新展開、日本化学会第95春季年会、2015年3月26日,船橋
<A02班-第1次・第2次公募班> 西村 慎一
学術論文および著書
  1. Sugiyama, R., Nishimura, S.*, Ozaki, T., Asamizu, S., Onaka, H., Kakeya, H.* 5-Alkyl-1,2,3,4-tetrahydroquinolines, new membrane-interacting lipophilic metabolites, produced by combined culture of Streptomyces nigrescens and Tsukamurella pulmonis. Org. Lett..17, 1918-1921. DOI: 10.1021/acs.orglett.5b00607.【Co-study】
  2. Yoshimura, A., Nishimura, S., Otsuka, S., Hattori, A. & Kakeya, H. (2015) Structure elucidation of verucopeptin, a potent HIF-1 inhibitory polyketide-hexapeptide hybrid metabolite from an actinomycete. Org. Lett. 17, 5364-5367. DOI: 10.1021/acs.orglett.5b02718.
  3. Lu, S., Nishimura, S., Hirai, G., Ito, M., Kawahara, T., Izumikawa, M., Sodeoka, M., Shin-ya, K., Tsuchida, T. & Kakeya, H. (2015) Saccharothriolides A-C, novel phenyl-substituted 10-membered macrolides isolated from a rare actinomycete Saccharothrix sp. Chem. Commun. 51, 8074-8077. DOI: 10.1039/c5cc01953b.
  4. 西村慎一, 掛谷秀昭. (2015) 生体膜微小環境への挑戦:膜ステロールに作用する海洋天然物セオネラミド. CSJカレントレビュー「生物活性分子のケミカルバイオロジー」, 102-108.
  5. 西村慎一 & 掛谷秀昭. (2015) ステロール標的抗真菌剤の活性発現における細胞膜輸送バランスの重要性. バイオサイエンスとインダストリー, 73, 383-385.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Sugiyama, R., Nishimura, S., Ozaki, T., Asamizu, S., Onaka, H., Kakeya, H. 5-Alkyl-1,2,3,4-tetrahydroquinolines (5aTHQs), new membrane-interacting lipophilic metabolites, produced by combined-culture of Streptomyces nigrescens and Tsukamurella pulmonis. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (PACIFICHEM 2015). Dec. 15-20, 2015, Hawaii, USA.
報道発表
  1. 科学新聞「抗真菌の活性発現に膜輸送バランスが重要」に掲載されました。(平成27年1月9日)
<A02班-第1次・第2次公募班(2015年8月終了)・研究協力者> 田中 克典、岩田隆幸(連携研究者)、北谷方嵩(連携研究者)
学術論文および著書
  1. A. Tsutsui, A. R. Pradipta, E. Saigitbatalova, A. Kurbangalieva, K. Tanaka, Exclusive Formation of Imino [4+4] cycloaddition Products with Biologically Relevant Amines: Plausible Candidates for Acrolein Biomarkers and Biofunctional Modulators, Med. Chem. Commun., 6, 431-436 (2015).
  2. 土川博史, 田中克典,クロマトグラフィーによる分析と分取,有機合成実験法ハンドブック 第2版, 公益社団法人有機合成化学協会監修, 丸善出版株式会社, 第11章 (2015).
  3. 土川博史, 難波康祐, 中尾佳亮, 田中克典, 機器分析による分析, 有機合成実験法ハンドブック 第2版, 公益社団法人有機合成化学協会監修, 丸善出版株式会社, 第12章(2015).
  4. K. Tanaka, K. Fukase, Chemical Approach to A Whole Body Imaging of Sialo-N-linked Glycans, In Topics in Current Chemistry volumes, SialoGlyco Chemistry and Biology, R. Gerardy-Schahn, P. Delannoy, and M. von Itzstein (eds), Springer, 査読有, 367, (2015), 201-230, DOI: 10.1007/128_2014_603
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 田中克典、有機合成化学を起点とするものづくり戦略:特別企画講演 趣意説明、日本化学会第95春季年会、2015.3.26(船橋)、招待講演
  2. Ambara R. Pradipta, Kazuki Tsubokura, Akihiro Ogura, Katsunori Tanaka, Therapeutic in vivo synthetic chemistry: Synthetic studies of bioactive compounds in live mouse, 日本化学会第95春季年会, 2015.3.26-29(船橋)
  3. 筒井歩、座古保、Bu Tong、山口芳樹、前田瑞夫、 田中克典、ポリアミン由来環化化合物によるアミロイド-β-ペプチドの線維化抑制効果,日本化学会第95春季年会、2015.3.26-29(船橋)
  4. 岩田隆幸、大塚悟史、坪倉一輝、新井大祐、深瀬浩一、中尾洋一、 田中克典、Ageladine A誘導体のワンポット合成と神経分化促進活性、日本化学会第95春季年会、 2015.3.26-29 (船橋)
  5. 高松正之、深瀬浩一、 田中克典、アクロレインによる生体内での8員環化合物の生成とその酸化ストレスマーカーへの変換,日本化学会第95春季年会、2015.3.26-29(船橋)
  6. 坪倉一輝、中尾洋一、 田中克典、生体内合成化学治療への戦略:酸化ストレス条件下での還元反応の開発、日本化学会第95春季年会、2015.3.26-29(船橋)
受賞
  1. Katsunori Tanaka “Division of Carbohydrate Chemistry, Horace S. Isbell Award”, ACS, 2015.3.22
<A02班-第1次・第2次公募班> 戸嶋 一敦
学術論文および著書
  1. T. Kimura, D. Takahashi, *K. Toshima, Glycosylation of glycals using N-iodosuccinimide (NIS) and phosphorus compounds for syntheses of 2-iodo- and 2-deoxyglycosides, Journal of Organic Chemistry, 80, 9552-9562 (2015). (査読有)
    DOI: 10.1021/acs.joc.5b01542
  2. ◎A. Kasai, S. Arafuka, N. Koshiba, *D. Takahashi, *K. Toshima, Systematic synthesis of low-molecular weight fucoidan derivatives and their effect on cancer cells, Organic & Biomolecular Chemistry, 13, 10556-10568 (2015). (査読有)
    DOI: 10.1039/C5OB01634G
  3. M. Aoyagi, T. Kimura, A. Ohba, Y. Katayama, D. Takahashi, *K. Toshima, One-pot transformation of N-succinyl chitosan to nitrogen-containing alkyl glycosides using an ionic liquid containing a protic acid, Chemistry Letters, 44, 1467-1469 (2015) (査読有)
    DOI: 10.1246/cl.150623
  4. A. Nakagawa, M. Tanaka, S. Hanamura, *D. Takahashi, *K. Toshima, Regioselective and 1,2-cis-α-stereoselective glycosylation utilizing glycosyl-acceptor-derived boronic ester catalyst, Angewandte Chemie, International Edition, 54, 10935-10939 (2015). (査読有)
    DOI: 10.1002/anie.201504182
  5. ◎*K. Toshima, D. Takahashi, Chemical approach for target-selective degradation of oligosaccharides using photoactivatable organic molecules, Glycoconjugate Journal, 32, 475-482 (2015). (査読有)
    DOI: 10.1007/s10719-015-9591-9
  6. *Y. Katayama, Y. Oshino, N. Ichihashi, N. Tachikawa, Y. Kazuki, K. Toshima, Electrochemical preparation of palladium nanoparticles in bis(trifluoromethylsulfonyl)amide ionic liquids consisting of pyrrolidinium cations with different alkyl chain lengths, Electrochimica Acta, 183, 37-41(2015). (査読有)
    DOI: 10.1016/j.electacta.2015.02.211
  7. K. Yoshii, Y. Oshino, N. Tachikawa, K. Toshima, *Y. Katayama, Electrodeposition of palladium from palladium(II) acetylacetonate in an amide-type ionic liquid, Electrochemistry Communications, 52, 21-24 (2015). (査読有)
    DOI: 10.1016/j.elecom.2015.01.003
  8. K. Sato, Y. Oaki, D. Takahashi, K. Toshima, *H. Imai, Hierarchical CaCO3 chromatography: A stationary shase based on biominerals, Chemistry-A European Journal, 21, 5034-5040 (2015). (査読有)
    DOI: 10.1002/chem.201405724
  9. 佐々木要、高橋大介、 戸嶋一敦、環境調和型グリコシル化反応、 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック、エヌ・ティー・エス、339-342 (2015).
  10. ◎高橋大介、 戸嶋一敦、*標的糖鎖光分解用生体機能分子、糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック、エヌ・ティー・エス、377-379 (2015).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. T. Kimura, D. Takahashi, K. Toshima, Novel chemical glycosylation with recognition of alcohol chirality and its application to natural product synthesis, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, December 20, 2015, Honolulu, ( USA).
  2. D. Takahashi, A. Nakagawa, M. Tanaka, K. Toshima, Regio- and 1,2-cis-α-stereoselective glycosylation utilizing glycosyl acceptor-derived boronic ester catalyst, The 2015 Chemical Congress of Pacific Basin Societies, December 19, 2015, Honolulu, ( USA).
  3. K. Toshima, Target-selective photodegradation of oilgosaccharides in health and disease, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, December 16, 2015, Honolulu, ( USA).
  4. K. Toshima, Target-selective photodegradation of proteins in chemical biology, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, December 15, 2015, Honolulu, ( USA).
  5. S. Kusumi, H. Nakayama, H. Kuriki, D. Takahashi, K. Toshima, Synthetic studies on vineomycin A1, The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry(IKCOC-13), November 11, 2015, Rihga Royal Hotel (Kyoto).
  6. M. Tanaka, A. Nakagawa, D. Takahashi, K. Toshima, Regio- and stereoselective glycosylation using glycosyl acceptor-derived boronic ester catalyst, 3rd National Tsing Hua University / Keio University Bilateral Symposium of Advanced Chemistry, July 16, 2015,Yagami campus, Keio University(Kanagawa).
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 笠井章弘、荒深慎介、小柴望実、高橋大介、 戸嶋一敦、天然フコイダンの主鎖を基本構造とした硫酸化オリゴフコシドの系統的合成と構造活性相関研究、Glyco TOKYO 2015シンポジウム、平成27年10月24日、慶應義塾大学矢上キャンパス(神奈川県・横浜市).
  2. 奥山真衣、上野晴菜、小林夕香、河岸洋和、高橋大介、 戸嶋一敦、肝がん関連糖タンパクAFP-L3を選択的に光分解するアントラキノン-PhoSL ハイブリッドの創製と肝がん細胞に対する効果、GlycoTOKYO 2015シンポジウム、平成27年10月24日、慶應義塾大学矢上キャンパス(神奈川県・横浜市).
  3. 木村智哉、高橋大介、 戸嶋一敦、グリカールに対してNIS及び有機リン化合物を活性化剤として用いた2-ヨード及び2-デオキシ糖の新規合成法の開発、Glyco TOKYO 2015シンポジウム、平成27年10月24日、慶應義塾大学矢上キャンパス(神奈川県・横浜市).
  4. 高橋大介、田中将道、中川彰、 戸嶋一敦、ボロン酸及びボリン酸-糖受容体エステル触媒を用いた立体選択的グリコシル化反応の開発と天然物合成への応用、第57回天然有機化合物討論会、平成27年9月11日、神奈川県民ホール(神奈川県・横浜市).
  5. 木村智哉、高橋大介、 戸嶋一敦、グリカールのNIS-有機リン化合物複合系活性化剤を用いたグリコシル化反応による2-ヨード及び2-デオキシ糖の新規合成法の開発、第34回日本糖質学会年会、平成27年7月31日、東京大学安田講堂(東京都).
  6. 高橋大介、田中将道、 戸嶋一敦、ボリン糖-糖受容体エステルを触媒とした立体選択的グリコシル化反応の開発と天然糖脂質合成への応用、第34回日本糖質学会年会、平成27年7月31日、東京大学安田講堂(東京都).
  7. 上野晴菜、小林夕香、河岸洋和、高橋大介、 戸嶋一敦、アントラキノン-PhoSLハイブリッド分子による肝がん関連糖タンパクAFP-L3の光分解及びヒト肝がん細胞HuH-7に対する効果、日本ケミカルバイオロジー学会 第10 回年会、平成27年6月12日、東北大学川内キャンパス(宮城県・仙台市).
  8. 増田奏衣、高橋大介、 戸嶋一敦、アントラキノン-糖ヌクレオチドハイブリッドによる糖転移酵素の光分解、日本ケミカルバイオロジー学会 第10 回年会、平成27年6月11日、東北大学川内キャンパス(宮城県・仙台市).
  9. 高橋大介、荒深慎介、小柴望実、 戸嶋一敦、フコイダン類縁体の系統的合成とがん細胞に対する効果、日本ケミカルバイオロジー学会 第10 回年会、平成27年6月11日、東北大学川内キャンパス(宮城県・仙台市).
  10. 高橋大介、中川彰、田中将道、 戸嶋一敦、ボロン酸-糖受容体エステルを触媒とした位置及び立体選択的グリコシル化反応の開発と天然物合成への応用、第107回有機合成シンポジウム、平成27年6月9日、慶應義塾大学薬学部マルチメディア講堂(東京都).
  11. 木村智哉、高橋大介、 戸嶋一敦、トリフェニルホスフィンを新規反応促進剤として用いた効率的ヨードグリコシル化反応の開発、日本化学会第95春季年会、平成27年3月27日、日本大学(千葉県・習志野市) .
  12. 青柳学、大場朗生、木村智哉、高橋大介、 戸嶋一敦、イオン液体を用いたバイオマス糖質キトサンからの効率的配糖体合成、日本化学会第95春季年会、平成27年3月27日、日本大学(千葉県・習志野市) .
  13. 志村拓海、大久保聡太、上野晴菜、高橋大介、 戸嶋一敦、ノロウイルス関連タンパクVP1を光分解するアントラキノン‐H抗原糖鎖ハイブリッドの創製、日本化学会第95春季年会、平成27年3月26日、日本大学(千葉県・習志野市) .
  14. 奥山真衣、増田奏衣、高橋大介、 戸嶋一敦、アントラキノン-ハルミンハイブリッドによるアルツハイマー病関連タンパクDYRK1Aの選択的光分解、日本化学会第95春季年会、平成27年3月26日、日本大学(千葉県・習志野市) .
  15. 戸嶋一敦、糖質および抗生物質の合成と生体機能光制御分子の創製に関する研究、日本化学会第95春季年会、日本大学、千葉、平成27年3月26-29日.
受賞
  1. 戸嶋一敦、 平成26年度(第32回)日本化学会学術賞、研究業績「糖質および抗生物質の合成と生体機能光制御分子の創製に関する研究」による、公益社団法人 日本化学会、2015年3月28日
<A02班-第1次・第2次公募班> 平井 剛
学術論文および著書
  1. Eisuke Ota, Yu Mikame, *Go Hirai, Hiroyuki Koshino, Shigeru Nishiyama, *Mikiko Sodeoka, “Photo-induced formation of cyclopropanols from α-ketoamides via γ-C-H bond activation”, Tetrahedron Lett.、査読有、56, 2015, 5991-5994, DOI:10.1016/j.tetlet.2015.09.038
  2. *Go Hirai, Eri Nishizawa, Daiki Kakumoto, Masaki Morita, Mitsuaki Okada, Daisuke Hashizume, Sayoko Nagashima, *Mikiko Sodeoka, “Reactions of Carbonyl Compounds with Phosphorus Ylide Generated from Tribromofluoromethane and Tris(dimethylamino)phosphine”, Chem. Lett.、査読有、44, 2015, 1389-1391, DOI:10.1246/cl.150523.
  3. Shan Lu, Shinichi Nishimura, Go Hirai, Masashi Ito, Teppei Kawahara, Miho Izumikawa, Mikiko Sodeoka, Kazuo Shin-ya, Toshio Tsuchida and Hideaki Kakeya*, “Saccharothriolides A-C, novel phenyl-substituted 10-membered macrolides from a rare actinomycete Saccharothrix sp.”, Chem. Commun.、査読有、51, 2015, 8074-8077, DOI: 10.1039/c5cc01953b.
  4. *平井剛、“分子設計と有機合成による高機能型生物活性分子の創製:Physalin類のかご型構造の合成と生物機能”、有機合成化学協会誌、査読あり、73、2015、595-606、DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.73.595.
  5. *Go Hirai and *Mikiko Sodeoka, “Focused Library with a Core Structure Extracted from Natural Products and Modified: Application to Phosphatase Inhibitors and Several Biochemical Findings”, Acc. Chem. Res.、査読有、48, 2015, 1464-1473, DOI: 0.1021/acs.accounts.5b00048.
  6. *Go Hirai, “Mimicking/Extracting Structure and Functions of Natural Products: Synthetic Approaches that Address Unexplored Needs in Chemical Biology”, Chem. Rec.、査読有、5, 2015, 445-456, DOI: 10.1002/tcr.201402074.
  7. *Go Hirai, Eisuke Ota, Motonari Sakai, Shigeru Nishiyama, *Mikiko Sodeoka, “C-Sialosides: Synthesis and Biological Activities(C-シアロシド結合を有する糖鎖アナログ:その合成と利用価値)”, Trends in glycoscience and glycotechnology (Minireview)、査読有、7, 2015, 47-60, DOI: 10.4052/tigg.1313.1.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Shan Lu, Saccharothriolides A-C, novel phenyl-substituted 10-membered macrolides from a rare actinomycete saccharothrix sp, Natural Product-based Drug Discovery, PacifiChem 2015, Dec. 18th, 2015, Honolulu.
  2. Masaki Morita, Synthetic strategy toward unique complex right-side structures of physalins, Molecular Function of Natural Products: Advances towards Chemical Biology, PacifiChem 2015, Dec. 17th, 2015, Honolulu.
  3. Go Hirai, Fluorine containing C-linked gangliosides GM3 analogs: Synthesis, conformational analysis, and biological activities, Molecular Function of Natural Products: Advances towards Chemical Biology, PacifiChem 2015, Dec. 15th, 2015, Honolulu.
  4. Xiaoying Sun, Identification of an endogenous factor that regulates the adaptive uptake of amino acids in fission yeast, Pombe 2015 : 8th International Fission Yeast Meeting, 2015年6月21-26日、生田神社(兵庫県神戸市)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. Shan Lu, Studies on Saccharothriolides A-C, Novel Phenyl-substituted 10-Membered Macrolides from a Rare ActinomyceteSaccharothrix sp., 第57回天然有機化合物討論会、2015年9月10日、神奈川県民ホール(神奈川県横浜市)
  2. 野村勇作、Spectomycin A1 全立体異性体の合成とSUMO化阻害活性、第57回天然有機化合物討論会、2015年9月10日、神奈川県民ホール(神奈川県横浜市)
  3. 平井剛、Spectomycin A1全異性体の合成とSUMO化阻害活性、日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会、2015年6月11日、東北大学百周年記念会館川内萩ホール(宮城県仙台市)
  4. 森田昌樹、フィサリンの全合成研究: C環部構築法の開拓、日本化学会第95回春季年会、2015年3月28日、日本大学船橋キャンパス(千葉県船橋市)
  5. 小嶋俊太郎、C-H挿入反応を用いたフィサリン類CDEFGH環部の合成研究、日本化学会第95回春季年会、2015年3月28日、日本大学船橋キャンパス(千葉県船橋市)
  6. 彦根佑哉、DOTA-M8リガンドを用いた蛋白質の常磁性NMR研究、日本化学会第95回春季年会、2015年3月26日、日本大学船橋キャンパス(千葉県船橋市)
  7. 角本大樹、自発的Meinwald転位反応を利用する新規エステル合成法の開発、日本化学会第95回春季年会、2015年3月26日、日本大学船橋キャンパス(千葉県船橋市)
  8. Yuya Hikone, Synthetic study of DOTA-M8 lanthanide ligands for in-cell NMR, 物理と化学で紡ぐグローバル人材育成プログラムシンポジウム、2015年1月30日、首都大学東京南大沢キャンパス(東京都八王子市)
受賞
  1. 平井 剛、Thieme Chemistry Journal Award 2015
<A02班-第2次公募班> 桑原 重文
学術論文および著書
  1. T. Teranishi, T. Murokawa, M. Enomoto, S. Kuwahara, Synthesis of (±)-terpendole E, Biosci. Biotechnol. Biochem., 79, 11-15 (2015).
  2. K. Fukuyama, H. Ohrui, S. Kuwahara, Synthesis of EFdA via a diastereoselective aldol reaction of a protected 3-keto furanose, Org. Lett., 17, 828-831 (2015).
  3. T. Suzuki, T. Nagasawa, M. Enomoto, S. Kuwahara, Stereoselective total synthesis of amicoumacin C, Tetrahedron, 71, 1992-1997 (2015).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Shuntaro Sato, Mayuko Murakami, Takafumi Hirokawa, Shigefumi Kuwahara 「Synthetic studies toward strophasterol A」, 2015 International Chemistry Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015), December 17, 2015,  Honolulu (USA)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 佐藤俊太郎,福田裕紀,村上真裕子,廣川高史, 桑原重文「Strophasterol Aの合成研究」
     日本農芸化学会東北支部第150回大会,2015年10月3日,東北大学講義棟(宮城県・仙台市)
  2. 佐藤俊太郎,村上真祐子,廣川高史,福田裕紀, 桑原重文「キノコ子実体形成誘導物質Strophasterol Aの全合成研究」新学術領域「天然物ケミカルバイオロジー〜分子標的と活性制御」第8回公開シンポジウム,2015年6月8日,東北大学片平サクラホール(宮城県,仙台市) 
  3. H. Kiyota, C. Vavricka, K. Tanaka, Y. Suzuki, S. Kuwahara, H. Ohrui, F. Gao, “Difluorosialic acid: elucidation of nucleophilic mechanism and covalent inhibition of influenza sialidases”, 2015 Annual Conference of JSBBA, Symposium 4SY02 (Okayama, Mar. 29, 2015).
<A02班-第2次公募班(2015年10月終了)・研究協力者> 土井 隆行
学術論文および著書
  1. M. Yoshida, K. Sasahara, T. Doi, Total Synthesis of Spiruchostatin A on Silyl-linked Polymer-Support, Tetrahedron, 71, 7647-7653 (2015) DOI: 10.1016/j.tet.2015.07.064. 査読有
  2. T. Doi, H. Otaka, K. Umeda, M. Yoshida, Study for diastereoselective aldol reaction in flow: Synthesis of (E)-(S)-3-hydroxy-7-tritylthio-4-heptenoic acid, a key component of cyclodepsipeptide HDAC inhibitors, Tetrahedron, 71, 6463-6470 (2015): DOI: 10.1016/j.tet.2015.05.051. 査読有
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Takayuki Doi, Synthesis of cyclodepsipeptide histone deacetylase inhibitors, PACIFICHEM 2015, Dec 16, 2015, Honolulu (USA)
  2. Takayuki Doi, Total synthesis of cyclodepsipeptide natural products and their biological evaluation, PACIFICHEM 2015, Dec 16, 2015, Honolulu (USA)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. Masahito Yoshida, Koji Umeda, Takayuki Doi、「Synthetic study for spiruchostatin Analogues」、平成27年度化学系学協会東北大会、2015年9月12日、弘前大学文京キャンパス(青森)、ポスター発表
受賞
  1. 梅田晃司、平成27年度化学系学協会東北大会優秀ポスター賞(2015)
  2. 増田裕一、田中錬、 土井隆行、甲斐建次、A. Ganesan、日本農芸化学会2015年度大会トピックス賞(2015)
  3. 安達謙太、日本薬学会第135年会優秀発表賞(2015)、神戸
<A02班-第2次公募班> 川上 隆史
学術論文および著書
  1. T. Kawakami, A. Shungo, K. Ogawa, T. Hatta, T. Kubo, N. Goshima, T. Natsume, Proteomic Mapping of Biological Complexes Using Directed Ligand Evolution and Ultra-High Sensitive Mass Spectrometry, Peptide Science, 2014, 339-340 (2015).
  2. Kawakami, T., Ogawa, K., Goshima, N., Natsume T. DIVERSE System: De Novo Creation of Peptide Tags for Non-enzymatic Covalent Labeling by In Vitro Evolution for Protein Imaging Inside Living Cells. Chemistry & Biology, 査読有、22, 2015, 1671-1679
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 川上隆史、村上一馬、阪本大樹、花木瑞穂、夏目徹、入江一浩、アミロイドβ二量体を標的とする非天然型環状ペプチドの試験管内分子進化、第52回ペプチド討論会、2015.11.17、神奈川県平塚市
  2. 川上隆史、伊藤進也、五島直樹、永田和宏、夏目徹、無細胞分子進化法と超高感度質量分析を用いたHSP47翻訳後修飾の網羅的解析、第52回ペプチド討論会、2015.11.16、神奈川県平塚市
  3. 川上隆史、五島直樹、夏目徹、タンパク質ラベリング用ペプチドタグの進化分子工学的創製システムの構築、日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会、2015.6.11、宮城県仙台市
<A02班-第2次公募班> 占部 大介
学術論文および著書
  1. Asaba, T.; Katoh, Y.; Urabe, D.; *Inoue, M. “Total Synthesis of Crotophorbolone,” Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 14457-14461. DOI: 10.1002/anie.201509160
  2. Goto, T.; Urabe, D.; Isobe, Y.; Arita, M.; *Inoue, M. “Total synthesis of four stereoisomers of (5Z,8Z,10E,14Z)-12-hydroxy-17,18-epoxy-5,8,10,14-eicosatetraenoic acid and their anti-Inflammatory activities,” Tetrahedron 2015, 71, 8320-8332. DOI: 10.1016/j.tet.2015.08.047
  3. Goto, T.; Urabe, D.; Masuda, K.; Isobe, Y.; Arita, M.; *Inoue, M. “Total synthesis of four stereoisomers of (4Z,7Z,10Z,12E,16Z,18E)-14,20-dihydroxy-4,7,10,12,16,18-docosahexaenoic acid and their anti-inflammatory activities,” J. Org. Chem. 2015, 80, 7713-7726. DOI: 10.1021/acs.joc.5b01461
  4. Mukai, K.; Kasuya S.; Nakagawa, Y.; Urabe, D.; *Inoue, M. “A convergent total synthesis of ouabagenin,” Chem. Sci. 2015, 6, 3383-3387. DOI: 10.1039/C5SC00212E
  5. Hagiwara, K.; Iwatsu, M.; Urabe, D.; * Inoue, M.N-(2,3,4,5,6-Pentafluorophenyl)maleimide as a powerful dienophile in dearomatizing Diels-Alder reactions,” Heterocycles 2015, 90, 659-672. DOI: 10.3987/COM-14-S(K)23
  6. Urabe, D.; Todoroki, H.; *Inoue, M. “Asymmetric total synthesis of (-)-4-hydroxyzinowol, a highly oxygenated dihydro--agarofuran” J. Synth. Org. Chem. Jpn. 2015, 73, 1081-1091. DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.73.1081
  7. Urabe, D. “Radical-mediated three-component reaction: a study toward the total synthesis of resiniferatoxin” Chem. Pharm. Bull. 2015, 63, 565-572. DOI: 10.1248/cpb.c15-00373
  8. *Nishikawa, T.; Urabe, D.; Adachi, M.; Isobe, M. “Multifunctionality of the N-trichloroacetyl group developed in the synthesis of tetrodotoxin, a puffer fish toxin” Synlett 2015, 26, 1930-1939. DOI: 10.1055/s-0034-1380781
  9. Urabe, D.; Asaba, T.; *Inoue, M. “Convergent strategies in total syntheses of complex terpenoids,” Chem. Rev. 2015, 115, 9207-9231. DOI: 10.1021/cr500716f
  10. 占部大介 “合成化学者の特権!? 新規抗炎症性脂質メディエーターの発見” ファルマシア, 公益社団法人日本薬学, 2015年51巻pp. 800.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Urabe, D.; Inoue, M. PACIFICEHM2015, Molecular Function of Natural Products: Advances towards Chemical Biology (#237) “Unified total synthesis of oxygenated cardenolides,” Honolulu, USA, Dec. 15, 2015.
  2. Urabe, D.; Inoue, M. the 15th Tateshina Conference on Organic Chemistry “Total Synthesis of Crotophorbolone,” Chino, Japan, Nov. 8, 2015.
  3. Urabe, D. Institute of Microbial Chemistry, The Shibasaki Group Seminar ” Radical-based couplings toward the total synthesis of tigliane/daphnane diterpene,” Tokyo, Japan, July 30, 2015.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 占部大介, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」地区ミニシンポジウム・仙台「ケミカルバイオロジーにおける天然物」, 「抗炎症性脂質メディエーターの全合成」東北大学, 仙台, 2015年6月30日
  2. 占部大介, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」第8回公開シンポジウム, 「チグリアン/ダフナンジテルペン類の合成戦略:クロトホルボロンの全合成」東北大学, 仙台, 2015年6月8日
  3. 占部大介、「ラジカル反応を基盤とした複雑天然物の全合成研究」、日本薬学会第135年会(神戸)、2015年3月27日
受賞
  1. 日本薬学会奨励賞 (2015年3月)
<A02班-第2次公募班> 田中 浩士
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Ryota Suzuki, Kou Sato, Shinichiro Fuse, Hiroshi Tanaka, One-pot Sequential Palladium-Catalyzed Cross-Coupling Reaction of Cyclic Boron Compounds, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), Dec 15-20、Hilton Hawaiian Village (Honolulu, Hawaii, USA)
  2. Hiroki Hamagami, Yukinori Hatasa, Yoshiki Yamaguchi, Shinichiro Fuse, Takahiro Shibata, Hirofumi Tachibana, Koji Uchida, Hiroshi Tanaka , Synthesis of Sugar-Modified EGCGs by Direct C-Glycosylation and Its Application to a Chemical Biology, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), 2015, Dec 15-20、Hilton Hawaiian Village (Honolulu, Hawaii, USA)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 佐藤 航・鈴木涼太・ 田中浩士, 環状ホウ素化合物を用いた連続的鈴木宮浦カップリングを用いる糖脂質類縁体合成法の開発、2015年10月13日(火)~15日(木) 第5回CSJ化学フェスタ2015 タワーホール船堀 (東京)
  2. 濱上大基、畑佐行紀、山口芳樹、布施新一郎、立花宏文、内田浩二、 田中浩士、糖をスペーサーとして用いる緑茶カテキン分子プローブの合成とその機能評価、平成27年6月10日-12日 第10回日本ケミカルバイオロジー学会、東北大学川内キャンパス萩ホール(宮城)
  3. Hiroshi Tanaka Synthesis of Epigallocatechin Gallate Derivatives as Biochemical Probes International Mini Symposium on Chemical Biology of Natural Products 2015年3月24日 横浜・慶應義塾大学(招待講演)
<A02班-第2次公募班> 藤本 ゆかり、井貫 晋輔(連携研究者)、相羽 俊彦(連携研究者)
学術論文および著書
  1. Inuki, S., Sato, K., *Fujimoto, Y., Visible-light-mediated decarboxylative benzoyloxylation of -hydroxy amino acids and its application to synthesis of functional 1,2-amino alcohol derivatives. Tetrahedron Lett. 2015, 56, 5787-5790. DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.09.012 査読有
  2. Aiba, T., Suehara, S., Bernin, H., Lotter, H., Inuki, S., Fukase, K., *Fujimoto, Y. Synthesis and Biological Activity of Inositol Phospholipid as NKT Cell Modulator. Glycoconjugate J. 2015, 32, 301. doi:10.1007/s10719-015-9596-4 査読無
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Yukari Fujimoto The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies “Synthesis of immunomodulatory glycoconjugates based on recently developed chemical glycosylation” (Honolulu (USA) 2015.12.19).(Invited)
  2. Shinsuke Inuki, Keisuke Sato, and *Yukari Fujimoto “Decarboxylative functionalization of b-hydoroxy amino acids via photoredox catalysis and its application to the synthesis of the functional 1,2-amino alcohol derivatives” The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) (Honolulu, USA, 2015.12.15-20) Poster
  3. Sae Suehara, Toshihiko Aiba, Shou Nakagawa, Masaki Sato, Yuuki Maekawa, Toshiaki Murai, Koichi Fukase, Shinsuke Inuki, *Yukari Fujimoto
    “Synthesis of inositol phospholipids from Ascaris suum using regioselective phosphorylation” The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) (Honolulu, USA, 2015.12.15-20) Poster
  4. Shunichi Ishibashi, Shinsuke Inuki, *Yukari Fujimoto “Synthetic study on cardiolipin containing cyclopropane fatty acids” The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) (Honolulu, USA, 2015.12.15-20) Poster
  5. Sho Nakagawa, Atsushi Shimoyama, Toshihiko Aiba, *Yukari Fujimoto, *Koichi Fukase
    “Synthesis and biological activity of phosphatidylinositol for the elucidation of NKT cell pre-activation mechanism” The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) (Honolulu, USA, 2015.12.15-20) Poster
  6. Toshihiko Aiba, Sae Suehara, Hannah Bernin, Hanna Lotter, Shinsuke Inuki, Koichi Fukase, *Yukari Fujimoto “Synthesis and Immunoregulatory Activity of Lipophosphoglycans as NKT Cell Modulator” The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13)(Rihga Royal Hotel in Kyoto, Kyoto, JPN, 2015.11.9-13) Poster
  7. Shinsuke Inuki, Keisuke Sato, *Yukari Fujimoto “Decarboxylative functionalization of β-hydoroxy amino acids via photoredox catalysis and its application to the synthesis of the functional 1,2-amino alcohol derivatives” The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13) (Rihga Royal Hotel in Kyoto, Kyoto, JPN, 2015.11.9-13) Poster
  8. Toshihiko Aiba, Sae Suehara, Hannah Bernin, Hanna Lotter, Shinsuke Inuki, Koichi Fukase, *Yukari Fujimoto “Synthesis and Biological Activity of Inositol Phospholipid as NKT Cell Modulator” 23rd International Symposium on Glycoconjugates (Glyco23), (Split, Croatia, 2015.11.16-19) Poster
  9. Toshihiko Aiba, Sae Suehara, Bernin Hannah, Lotter Hanna, Shinsuke Inuki, Koichi Fukase *Yukari Fujimoto, Synthesis and biological activity of Inositol phospholipids as NKT cel modulator,The 3rd National Tsing Hua University-Keio University Bilateral Symposium of Advanced Chemistry(慶應義塾大学・神奈川県横浜市)2015.7.16
  10. Yukari Fujimoto, “Chemistry and Functional Analysis of Immunomodulatory Microbial Glycoconjugates” in International Mini Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, Yokohama, Kanagawa (Mar. 2015).(招待講演)
  11. Yukari Fujimoto, “Chemistry and Immunomodulation of Microbial Glycoconjugates” in The First Yoshida Prize Symposium, Kyoto (Jan, 2015). (招待講演)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 柏原瑛美、 相羽俊彦、井貫晋輔、 *藤本ゆかり Gal(α1-6)Gal構造を含有する糖脂質の合成研究、 GlycoTokyo 2015(慶應義塾大学・神奈川県横浜市)2015.10.24
  2. 末原紗英、 相羽俊彦、前川侑輝、村井利昭、深瀬浩一、 井貫晋輔、 *藤本ゆかり、Ascaris suum由来イノシトールリン脂質の合成研究、 GlycoTokyo 2015(慶應義塾大学・神奈川県横浜市)2015.10.24
  3. 中川翔、下山敦史、 相羽俊彦*藤本ゆかり、*深瀬浩一 内因性CD1dリガンドの探索を目指したホスファチジルイノシトールの合成とその生理活性、 第5回CSJ化学フェスタ(タワーホール船堀・東京都江戸川区)2015.10.13-15
  4. 末原紗英、 相羽俊彦、前川侑輝、村井利昭、深瀬浩一、 井貫晋輔、 *藤本ゆかり、Ascaris suum由来イノシトールリン脂質の合成研究、第32回有機合成化学セミナー(ニューウェルシティ湯河原・静岡県熱海市)2015.9.15-17
  5. 石橋俊一、 井貫晋輔、 *藤本ゆかり、シクロプロパン含有脂質の合成研究、第32回有機合成化学セミナー(ニューウェルシティ湯河原・静岡県熱海市)2015.9.15-17
  6. 藤本ゆかり、有機合成夏期セミナー「明日の有機合成化学」“免疫機構調節に関わる信号を伝える細胞表層分子群:有機合成と機能解析”(大阪科学技術センター・大阪府大阪市), 2015.9.1(招待講演)
  7. 相羽俊彦、末原紗英、Bernin Hannah、 Lotter Hanna、 井貫晋輔、深瀬浩一、* 藤本ゆかり、 Entamoeba histolytica由来GPI アンカー部分構造の合成と生物活性、第34回日本糖質学会年会(東京大学・東京都文京区)2015.7.31-8.2
  8. 中川翔、下山敦史、相羽俊彦、 *藤本ゆかり、*深瀬浩一 NKT細胞の前活性化機構解明を目指したホスファチジルイノシトールの合成とその生理活性、
    第34回日本糖質学会年会(東京大学・東京都文京区)2015.7.31-8.2
  9. 中川翔、下山敦史、相羽俊彦、 *藤本ゆかり、*深瀬浩一、NKT細胞の活性化機構解明を目指した_ホスファチジルイノシトールの合成とその生理活性、第50回天然物化学談話会  (グリーンピア岩沼、宮城県岩沼市)2015.7.1-3
  10. 藤本ゆかり、 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー 〜分子標的と活性制御〜」第8回公開シンポジウム“免疫調節に関わる微生物由来分子群:化学合成を基盤とした機能解析”(東北大学片平さくらホール・宮城県仙台市), 2015.6.8(招待講演)
  11. 相羽俊彦、末原紗英、Bernin Hannah、Lotter Hanna、 井貫晋輔、深瀬浩一、 *藤本ゆかり、Entamoeba histolytica由来糖イノシトールリン脂質の合成と免疫調節活性、第24回新規素材探索研究会セミナー(新横浜フジビューホテル・神奈川県横浜市)2015.6.5 
  12. 井貫 晋輔*藤本 ゆかり、Photoredox 触媒を用いた光学活性1,2-アミノアルコール類の合成法開発、第24回新規素材探索研究会セミナー(新横浜フジビューホテル・神奈川県横浜市)2015.6.5
  13. 藤本ゆかり、 新規素材探索研究会 第14回セミナー“免疫機構制御を目指した調節活性分子の探索と創製” (新横浜フジビューホテル・神奈川県横浜市, 2015.6.3)(招待講演)
  14. 相羽俊彦、末原紗英、佐藤昌紀、田中慎二、北村雅人、BERNIN, Hannah、LOTTER, Hanna、 井貫晋輔、深瀬浩一、 *藤本ゆかり、免疫調節作用を有する原虫由来イノシトールリン脂質の合成と生物活性、日本化学会第98回春季年会(日本大学・千葉県船橋市)2015.3.26-29
  15. 末原紗英、相羽俊彦、中川翔、佐藤昌紀、前川侑輝、村井利昭、深瀬浩一、井貫晋輔、 *藤本ゆかり、位置選択的リン酸化反応を用いたAscaris suum由来イノシトールリン脂質の合成研究、日本化学会第98回春季年会(日本大学・千葉県船橋市)2015.3.26-29
  16. 藤本ゆかり「自然界での生体防御シグナル物質群と複合型分子による免疫制御への展開」日本化学会第95春季年会 特別企画講演“バイオ超分子が拓く驚異の物質科学”(船橋) 2015年3月。

【 A03班 標的探索・合理的分子設計の新方法論 】

<A03班-班長/計画班> 上田 実
学術論文および著書
  1. K. Kurotani, K. Hayashi, S. Hatanaka, Y. Toda, D. Ogawa, H. Ichikawa, Y. Ishimaru, R. Tashita, M. Ueda, T. Hattori, *S. Takeda, Elevated levels of CYP94 family gene expression alleviate the jasmonate response and enhance salt tolerance in rice, Plant Cell Physiol., 56, 779-789 (2015).
  2. K. Bashir, Y. Ishimaru, R. Nakanishi Itai, T. Senoura, M. Takahashi, G. An, T. Oikawa, M. Ueda, A. Sato, N. Uozumi, H. Nakanishi, and *N. K Nishizawa, Iron deficiency regulated OsOPT7 is essential for iron homeostasis in rice, Plant Mol. Biol., 88, 165-176 (2015).
  3. Saito, H., Oikawa, T., Hamamoto, S., Ishimaru, Y., Sato, M.K, Sekimoto, Y. S., Utsumi, T., Chen, J., Kanno, Y., Masuda, S., Kamiya, Y., Seo, M., Uozumi, N., Ueda, M., Ohta, H.: The jasmonate-responsive GTR1 transporter is required for gibberellin-mediated stamen development in Arabidopsis. Nat Commun (2015)6: 6095 doi: 10.1038/ncomms7095 査読あり
  4. Ueda, M., Yang, G., Nukadzuka, Y., Ishimaru, Y., Tamura, S., Manabe, Y.: Functioncal importance of the sugar moiety of jasmonic acid glucoside for bioactivity and target affinity Org Biomol Chem 13: 55-58, 2015.  査読あり
  5. 1章-フロントランナーに聞く、2章-Basic concept-1 生物活性リガンドと分子標的の基礎、4章-学会・シンポジウム・研究会の紹介、15章-“Glycosylation Switching”による内因性リガンドの活性制御CSJカレントビュー19 生物活性分子のケミカルバイオロジー 標的同定と作用機構 日本化学会編(化学同人)ISBN978-4-7598-1379-1
  6. 上田 実編著、「CSJカレントレビュー19 生物活性分子のケミカルバイオロジー:標的同定と作用機構」、化学同人 (2015).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. M. Ueda, Chemical biology of coronatine: Pathogenic infection in plants, Pacifichem 2015 symposium#66 Natural product-based drug discovery, 15-20 Dec 2015, Honolulu, (USA).
  2. M. Ueda, Plant Chemical Biology using Natural Products, NEA-ASIAHOC, 9-12 Nov 2015, OIST, Okinawa (Japan).
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 上田実、石丸泰寛、江越 脩祐 「ジャスモン酸類のケミカルバイオロジー」日本農芸化学会2015年度大会(岡山・岡山大学)(シンポジウム)2015年3月29日
  2. 上田実、江越脩祐、石丸泰寛; コロナチンのケミカルバイオロジー 第56回日本植物生理学会(東京・東京農業大学)2015年3月17日(S08-1シンポジウム(英語))
アウトリーチ活動
  1. 上田 実、「生物の謎に挑むケミカルバイオロジー」、第5回CSJ化学フェスタ、2015年10月15日(船堀)
  2. 上田 実、「植物の不思議と化学物質」1-6、河北新報朝刊連載コラム、2015年3月10日−15日.
<A03班-計画班> 叶 直樹、臼井健郎(研究分担者)
学術論文および著書
  1. T. Suzuki, T. Okamura, T. Tomohiro, Y. Iwabuchi, N. Kanoh, Third Generation Photo-Cross-Linked Small-Molecule Affinity Matrix: Photoactivatable and Photocleavable System Enables Quantitative Analysis of the Photo-Cross-Linked Small Molecules and Their Target Purification, Bioconjugate Chem., 3, 389-395 (2015).
  2. 叶 直樹、化合物の標的タンパク質を検出するための技術、生体の科学, 66, 156-162 (2015).
  3. 叶 直樹、標的同定の迅速化を目指した生物活性リガンドの非古典的修飾・固相担持法、CSJ カレントレビュー 19 「生物活性分子の標的同定と機能解明—生命科学の基盤技術としてのアプローチ」, 化学同人, 48-56 (2015).
  4. T. Chinen, P. Liu, S. Shioda, J. Pagel, B. Cerikan, T. Lin, O. Gruss, Y. Hayashi, H. Takeno, T. Shima, T. Okada, I. Hayakawa, Y. Hayashi, H. Kigoshi, T. Usui*, E. Schiebel*, The γ-tubulin specific inhibitor gatastatin reveals temporal requirements of microtubule nucleation during the cell cycle, Nat. Commun., 6, 8722 (2015), doi:10.1038/ncomms9722
  5. S.-i. Uesugi, T. Watanabe, T. Imaizumi, Y. Ota, K. Yoshida, H. Ebisu, T. Chinen, Y. Nagumo, M. Shibuya, N. Kanoh, T. Usui*, Y. Iwabuchi*, Total Synthesis and Biological Evaluation of Irciniastatin A (a.k.a. Psymberin) and Irciniastatin B, J. Org. Chem., 80, 12333-12350 (2015). DOI: 10.1021/acs.joc.5b02256
  6. S. Hirano, Q. Tu Hue, T. Watahabe, N. Kanoh, Y. Iwabuchi, T. Usui, T. Kataoka, Irciniastatin A, a Pederin Family of Translation Inhibitor, Promotes Ectodomain Shedding of Cell-surface Tumor Necrosis Factor (TNF) Receptor 1 and Blocks TNF-α-induced Nuclear Factor κB Signaling Pathway, J. Antibiot., 68, 417-420, (2015)
  7. S. Hirano, H. T. Quach, T. Watahabe, N. Kanoh, Y. Iwabuchi, T. Usui, T. Kataoka, Irciniastatin A Induces a Potent and Sustained Activation of Extracellular Signal-regulated Kinase and Thereby Promotes Ectodomain Shedding of TNF Receptor 1 in Human Lung Carcinoma A549 Cells, Biol. Pharm. Bull., 38, 941-946 (2015).
  8. H. Shibata, H. Tsuchikawa, T. Hayashi, N. Matsumori, M. Murata*, T. Usui, Modification of bafilomycin structure to efficiently synthesize solid-state NMR probes that selectively bind to vacuolar-type ATPase, Chem. Asian J., 10, 915-924 (2015). DOI: 10.1002/asia.201403299
国際会議における学術講演・研究発表
  1. ○Ayano Kawamata, Tomohiro Itagaki, Yuta Miyazaki, Kenzo Yahata, Naoki Kanoh, and Yoshiharu Iwabuchi, Synthetic Study of FD-891 and FD-892(Poster presentation),Pacifichem 2015 (Hawaii, 2015年12月15日-20日)
  2. ○Naoki Kanoh, Third generation photo-cross-linked small-molecule affinity matrix enabling quantitative analysis of the photocross-linked small molecules and their target purification(oral presentation),Pacifichem 2015 (Hawaii, 2015年12月15日-20日)
  3. ○Naoki Kanoh, Photo-cross-linked Small Molecule Affinity Matrix as a Tool for Target Identification of Bioactive Small Molecules(oral presentation),
    Pharmaceutical Science Symposium 2015 in Sendai (11月16日, 東北大学片平桜ホール)
  4. ○Naoki Kanoh, Shunya Itoh, Kohei Sakanishi, and Yoshiharu Iwabuchi, Total synthesis and structural revision of heronamide C(Poster presentation),
    14th International Conference on the Chemistry of Antibiotics and other Bioactive Compounds (Texas 2015年10月13-16日)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. ○岡村俊孝、鈴木貴大、 叶 直樹、岩渕好治, 芳香族生物活性小分子に対する多点同時修飾法の開発(口頭発表), 第54回日本薬学会東北支部大会 (岩手 2015年9月26日)
  2. ○寺嶋優太、伊東俊哉, 坂西航平, 叶 直樹, 岩渕好治,  8-Deoxyheronamide C の全合成研究(口頭発表)、第54回日本薬学会東北支部大会 (岩手 2015年9月26日)
  3. ○叶 直樹、伊東俊哉、寺嶋優太、坂西航平、岩渕好治、藤田航平、杉山龍介、西村慎 一、掛谷秀昭, Heronamides A-C の全合成と構造改訂、および構造活性相関(口頭発表)、
    第57回天然有機化合物討論会(横浜 2015年9月9-11日)
  4. ○叶 直樹、 有機小分子と蛋白質の相互作用を直接的・間接的に検出する(口頭発表)、 第9回東北大学学際科学フロンティア研究所FRISセミナー(2015年8月10日、東北大学学際科学フロンティア研究所)
  5. ○叶 直樹、鈴木貴大、岡村俊孝、岩渕好治, 第三世代光親和型小分子固定化アフィニティー樹脂(口頭発表)、 第10回 日本ケミカルバイオロジー学会(仙台 2015年6月10-12日)
  6. ○鈴木貴大, 岡村俊孝, 叶直樹, 岩渕好治, 光開裂性光親和型アフィニティー樹脂による固定化小分子の定量解析(口頭発表)、 日本薬学会 第135年会 (神戸 2015年3月25-28日)
  7. ○真野昂裕, 叶 直樹, 岩渕好治, 生合成仮説に基づく tripartilactam の全合成研究(口頭発表)、 日本薬学会 第135年会 (神戸 2015年3月25-28日)
  8. ○伊東俊哉, 坂西航平, 寺嶋優太, 叶直樹, 岩渕好治, Heronamide C の全合成研究 (3) -改訂構造の合成と実証-(口頭発表), 日本薬学会 第135年会 (神戸 2015年3月25-28日)
  9. 吉田 圭佑、太田 優、知念 拓実、南雲 陽子、 臼井 健郎 「多剤超感受性酵母を用いた遺伝学的アプローチによる薬剤標的分子の同定」、日本薬学会第135年会一般シンポジウムS68、「天然物ケミカルバイオロジー(3) 天然物ターゲットID最前線」、2015年3月
受賞
  1. 叶直樹、平成27年度 国際的な賞:Elsevier Poster Prize at 14th International Conference on the Chemistry of Antibiotics and other Bioactive Compounds (13-16 Oct. 2015, TX, USA) Bern, Switzerland
<A03班-計画班> 木越 英夫、北将樹(研究分担者)
学術論文および著書
  1. Yoneda, K.; Hu, Y.; *Kita, M.; *Kigoshi, H.,6-Amidopyrene as a label-assisted laser desorption/ionization (LA-LDI) enhancing tag:development of photoaffinity pyrene derivative, Sci. Rep. 2015, 5, 17853. 10.1038/srep17853
  2. *Kita, M.; Oka, H.; Usui, A.; Ishitsuka, T.; Mogi, Y.; Watanabe, H.; Tsunoda, M.; *Kigoshi, H.,Total Synthesis of Mycalolides A and B through Olefin Metathesis,
    Angew. Chem., Int. Ed. 2015, 54 (47), 14174–14178. 10.1002/ange.201507795
  3. M. Kita, H. Kigoshi, “Antitumor Effects of Sea Hare-derived Compounds in Cancer.” in Handbook of Anticancer Drugs from Marine Origin, Ed. S. -K. Kim (Springer International Publishing Switzerland), pp. 701-740 (2015). 総ページ数805. 査読有
  4. 北 将樹、木越英夫、光親和性プローブを用いた抗腫瘍性天然物アプリロニンAの標的分子と作用機序の研究、有機合成化学協会誌, 73 (2), 151-160 (2015). DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.73.151、査読有
  5. 平山裕一郎, 北 将樹, 木越英夫、海洋産抗腫瘍性物質 アプリロニンAの作用機序、化学と生物, 53 (3), 164-170 (2015). 、査読有
国際会議における学術講演・研究発表
  1. 北将樹、Recent Advances in the Study of Actin-Targeting Natural Products.
    Tsukuba Global Science Week (TGSW2015), 2015年9月28-30日, 筑波大学つくばキャンパス(茨城県).
  2. 北将樹、Comparative Analysis of Toxicity In the Cuban Solenodon and Its Potential Role in the Species. Vth International Wildlife Management Congress 2015 (IWMC2015), 2015年7月26-30日,
    札幌コンベンションセンター(北海道).
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 北将樹、切れ味の良い分子を自然界にもとめて、第6回横幹連合コンファレンス、名古屋工業大学(愛知県)、2015年12月5-6日
  2. 北将樹、哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究、第38回日本分子生物学会・第88回日本生化学会合同大会(BMB2015)ワークショップ『最新の生物毒の多様性がおもしろい! ~その構造と機能、進化そして利用について~』、神戸ポートアイランド(兵庫県)、2015年12月1-4日
  3. 早川一郎、高度に縮環した天然物の合成研究、有機合成化学協会 第31回若手化学者のための化学道場 師範講演 2015年8月27日,淡路夢舞台国際会議場
  4. 早川一郎、高度に縮環した天然物の合成研究、岡山大学異分野融合研究育成支援事業「有機合成を基盤とした生体機能制御分子の創製」第2回講演会 2015年7月31日,岡山大学理学部
  5. 北将樹、哺乳類由来の神経毒の化学生物学研究、第15回日本蛋白質科学会年会 ワークショップ「バイオインパクトマテリアル:その生体衝撃性の仕組みと応用性」,あわぎんホール(徳島県), 2015年6月24-26日
  6. 早川一郎、13-オキシインゲノールの全合成、日本薬学会 第135年会(神戸)シンポジウム「有機合成化学の若い力:今,いろんな有機化学が面白い Young Challengers in Synthetic Organic Chemistry: Diverse Organic Chemistry is Interesting!」 2015年3月26日,神戸学院大学
  7. 山岸航大、土屋幸太、知念拓実、 臼井健郎、北将樹、木越英夫、「遺伝学的手法を用いたアプリロニンAのチューブリンにおける結合位置に関する研究」、日本化学会第95春季年会、2015年3月26-29日、日本大学理工学部(船橋)、口頭、発表番号3J7-05 【Co-study】
  8. 塩田秀也、知念拓実、 臼井健郎・早川一郎・ 木越英夫、「グラジオビアニンAと微小管の相互作用解析研究」、日本化学会第95春季年会、2015年3月26-29日、日本大学理工学部(船橋)、口頭、発表番号2J7-44 【Co-study】
<A03班-計画班>西川 俊夫、安立 昌篤(研究分担者)、此木 敬一(研究分担者)
学術論文および著書
  1. Konoki, K., Suga, Y., Fuwa, H., Yotsu-Yamashita, M., *Sasaki, M. Evaluation of gambierol and its analogs for their inhibition of human Kv1.2 and cytotoxicity. Bioorg. Med. Chem. Lett., 25, 514-518 (2015).(査読有)(doi:10.1016/j.bmcl.2014.12.022)
  2. Tsuchiya, S., Cho, Y., Konoki, K, Nagasawa, K., Oshima, Y., *Yotsu-Yamashita, M. Synthesis of a Tricyclic Bisguanidine compound structurally related to saxitoxin and its identification in paralytic shellfish toxin-producing microorganisms. Chem. Eur. J., 21, 7835-7840 (2015).(査読有)(doi: 10.1002/chem.201500064)
  3. Ehara, H., Makino, M., Kodama, K., Konoki, K., Ito, T, Sekine, S., *Fukuzawa, S., *Yokoyama, S., *Tachibana, K. Crystal Structure of okadaic acid binding protein 2.1: A sponge protein implicated in cytotoxin accumulation. ChemBioChem, 16, 1435-1439 (2015).(査読有)(doi: 10.1002/cbic.201500141)
  4. Kudo, Y., Chiba, C., Konoki, K., Cho Y., *Yotsu-Yamashita, M. Confirmation of the absence of tetrodotoxin and its analogues in the juveniles of the Japanese fire-bellied newt, Cynops pyrrhogaster, captive-reared from eggs in the laboratory using HILIC-LC-MS. Toxicon, 101, 101-105 (2015).(査読有)(doi: 10.1016/j.toxicon.2015.05.008)
  5. Puilingi, C. G., Kudo, Y., Cho, Y., Konoki, K., *Yotsu-Yamashita, M. Tetrodotoxin and its analogues in the pufferfish Arothron hispidus and A. nigropunctatus from the Solomon Islands: A comparison of their toxin profiles with the same species from Okinawa, Japan. Toxins, 7, 3436-3454 (2015).(査読有)(DOI:10.3390/toxins7093436)
  6. Cho, Y., Tsuchiya, S., Yoshioka, R., Omura, T., Konoki, K., Oshima, Y., *Yotsu-Yamashita, M. The presence of 12β-deoxydecarbamoylsaxitoxin in the Japanese toxic dinoflagellate Alexandrium determined by simultaneous analysis for paralytic shellfish toxins using HILIC-LC–MS/MS. Harmful Algae, 49, 58-67 (2015).(査読有)(doi:10.1016/j.hal.2015.09.003)
  7. *Konoki, K., Okada, K., Kohama, M., Matsuura, H., Saito, K., Cho, Y., Nishitani, G., Miyamoto, T., Fukuzawa, S., Tachibana, K., Yotsu-Yamashita, M. Identification of okadaic acid binding protein 2 in reconstituted sponge cell clusters from Halichondria okadai and its contribution to the detoxification of okadaic acid, Toxicon, 108, 38-45 (2015).(査読有)(doi:10.1016/j.toxicon.2015.09.026)
  8. Nakazaki, A., Nakane, Y., Ishikawa, Y., *Nishikawa, T. Synthesis of 1.5-dioxaspiro[3.4]octane through bromocation-induced cascade cyclization. Heterocycles, 91, 1157-1163 (2015).(査読有)(doi:10.3987/COM-15-13208)
  9. Nakazaki, A., Miyagawa, K., Miyata, N., *Nishikawa, T. Synthesis of a C-N Axially Chiral N-Aryl Isatin through Asymmetric Intramolecular N-Arylation. Eur. J. Org. Chem., 4603-4606 (2015).(査読有)(doi: 10.1002/ejoc.201500593)
  10. *Nishikawa, T., Urabe, D., Adachi, M., Isobe, M. Multifunctionality of the N-Trichloroacetyl Group Developed in the Synthesis of Tetrodotoxin, a Puffer Fish Toxin. Synlett, 26, 1930-1939 (2015).(査読有)(doi: 10.1055/s-0034-1380781)
  11. R. Kimura, Y. Sawayama, A. Nakazaki, K. Miyamoto, M. Uchiyama, T. Nishikawa, Unexpected Metal-Free Transformation of gem-Dibromomethylenes to Ketones under Acetylation Conditions. Chem. Asian J, 10, 1035-1041 (2015). DOI: 10.1002/asia.201403277(査読有)
  12. M. Adachi, M. Nakajima, M. Isobe, Asymmetric Synthesis of 3-Azide-4-fluoro-L-phenylalanine. Biosci. Biotechnol. Biochem. 79.707-709(2015). DOI:10.1080/09168451.2014.997185,(査読有)
  13. M. Adachi, M. Torii, T. Nishikawa, Stereocontrolled Synthesis of ABC-tricycle of Solanoeclepin A. Synlett, 26 ,965-969 (2015). DOI: 10.1055/s-0034-1380399,(査読有)
  14. A. Nakazaki, K. Miyagawa, T. Nishikawa, Diastereoselective Synthesis of 3,3-Disubstituted Oxindoles from N-Aryl-3-Chlorooxindoles Bearing C–N Axial Chirality via Nucleophilic Substitution. Synlett 26, 1116-1120 (2015).(査読有)(doi: 10.1055/s-0034-1380266)(2015).
  15. 西川俊夫: 官能基の保護。第2版有機合成ハンドブック。丸善出版株式会社, 315-319 (2015).
  16. *安立昌篤:分子内C-グリコシル化反応を利用したPolygalolide Aの全合成。有機合成化学協会誌, 73, 607-615 (2015).
  17. *西川俊夫:ジャガイモシスト線虫孵化促進物質の化学合成。第38回公益財団法人 山田科学進行財団事業報告書2014年度 2015.11.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Toshio Nishikawa, Yoshiki Nakane, Atsuo Nakazaki, Takuya Imazu, Shouta Tokoro, Ryo Sakakibara, Masaatsu Adachi, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita: Synthesis of biologically active steroid-derived compounds from an edible mushroom. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) (Honolulu, Hawaii, USA) 2015.12.15-2015.12.20.
  2. Toshio Nishikawa, Yoshiki Nakane, Atsuo Nakazaki, Takuya Imazu, Shouta Tokoro, Ryo Sakakibara, Masaatsu Adachi, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita: Synthesis and biological activities of guanidine-containing natural products. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) (Honolulu, Hawaii, USA) 2015.12.15-2015.12.20.(一般講演)
  3. Yuushi Hiratra, Toshio Nishikawa: Eight-step synthesis of chaxine B based on a proposed biosynthetic pathway. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) (Honolulu, Hawaii, USA) 2015.12.15-2015.12.20.(ポスター発表)
  4. Yoshiki Nakane, Yuki Ishikawa, Atsuo Nakazaki, Toshio Nishikawa: Asymmetric synthesis of crambescin B carboxylic acid, a potent inhibitor of voltage-gated sodium channels, and its analogues. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015) (Honolulu, Hawaii, USA) 2015.12.15-2015.12.20.(ポスター発表)
  5. Toshio Nishikawa: Biomimetic Synthesis of Biologically Active Steroidal Natural Products. ICCEOCA-10/ARNCEOCA-1 (Taiwan) 2015.11.2-2015.11.5.
  6. Toshio Nishikawa: Syntheses of Guanidine-containing Natural Products Aiming at development of Ion-channel Blockers.10th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS2015)(ICC JEJU, KOREA) 2015.10.18-2015.10.21.
  7. Toshio Nishikawa:Syntheses of Biologically Active natural products by Means of Cascade Reactions. The 6th Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists (Sendai, Japan) 2015.9.6-2015.9.9.
  8. Toshio Nishikawa:Biomimetic Synthesis of Biologically Active Steroidal Natural Products. Kick-off Symposium on Advanced Research Network for Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (Tohoku University, Japan) 2015.8.25-2015.8.26.
  9. 西川俊夫:天然物合成と構造決定。静岡大学講演会(静岡)2015.4.24.
  10. Masaatsu Adachi ,” Total Synthesis of Chiriquitoxin, an Analogue of Tetrodotoxin Isolated from the Skin of a Dart Frog.”、 日本化学会第95春季年会、日本化学会アジア国際シンポジウム、2015年3月27日、(船橋)招待講演
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 宮澤 悠、駒田武馬、 安立昌篤、西川俊夫:ジャガイモシスト線虫孵化促進物質ソラノエクレピンAの右側部分の合成研究。第46回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(津)2015.11.7-2015.11.8.(ポスター発表)
  2. 塚本匡顕、千葉雪絵、長 由扶子、 安立昌篤、榊原 良、所 聖太、今津拓也、中崎敦夫、石川裕生、 西川俊夫、山下まり、 此木敬一:電位依存性ナトリウムチャネルに対するテトロドトキシンおよび類縁体の活性阻害評価。日本農芸化学会東北支部第150回大会(仙台)2015.10.3.(ポスター発表)
  3. 橋本圭古、池田 藍、 西川俊夫、中崎敦夫:Inagami-Tamura EDLF (Endogenous Digitalis-Like Factor) の合成化学的研究。2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会(富山)2015.9.19-20.(一般講演)
  4. 山本雄太、 西川俊夫:エンドファイトが産生するペラミンの合成研究。2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会(富山)2015.9.19-2015.9.20.(一般講演)
  5. 上野壮平、中崎敦夫、 西川俊夫:(+)-サキシトキシンの合成研究。第32回有機合成化学セミナー(湯河原)2015.9.15-2015.9.17.(ポスター発表)
  6. 中根嘉祈、中崎敦夫、石川裕生、澤山裕介、山下まり、 西川俊夫:クランベシンBカルボン酸とその誘導体の合成研究。第57回天然有機化合物討論会(横浜)2015.9.9-2015.9.11.(一般講演)
  7. 西川俊夫、中崎敦夫、中根嘉祈、石川裕生、 安立昌篤、橋本穂果、今津拓也、所聖太、榊原良、 此木敬一、千葉雪絵、山下まり:ナトリウムチャネル阻害剤の創製を目指したグアニジン系天然物の合成。日本ケミカルバイオロジー学会 第10回年会(仙台)2015.6.10-2015.6.12.(ポスター発表)
  8. 中根嘉祈、中崎敦夫、石川裕生、澤山裕介、山下まり、 西川俊夫: Crambescin B カルボン酸とその誘導体の不斉合成と生物活性評価。新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第7回若手研究者ワークショップ(仙台)2015.6.9.(一般講演)
  9. 西川俊夫、中崎敦夫、 安立昌篤、此木敬一、山下まり:天然グアニジン化合物を基盤としたイオンチャネル阻害剤の開発。天然物ケミカルバイオロジー〜分子標的と活性制御〜 第8回公開シンポジウム(仙台)2015.6.8-2015.6.9.(ポスター発表)
  10. 平田裕嗣、 西川俊夫:生合成仮説に基づいたチャキシンBの7 段階合成。新規素材探索研究会第14回セミナー(横浜)2015.6.5.(ポスター発表)
  11. 千葉雪絵、塚本匡顕、長由扶子、 安立昌篤、榊原良、所聖太、中崎敦夫、石川裕生、 西川俊夫、山下まり、 此木敬一:電位依存性ナトリウムチャネルのサブタイプを識別するテトロドトキシン類縁体の探索。日本農芸化学会2015年度大会(岡山)2015.3.26-2015.3.29.(一般講演)
  12. 中根嘉祈、中崎敦夫、 西川俊夫 : クランベシンBカルボン酸とその誘導体の不斉合成。日本農芸化学会2015年度大会(岡山)2015.3.26.-2015.3.30.(一般講演)
  13. 宮川敬太朗、 西川俊夫、中崎敦夫 : 分子内不斉N-アリール化を利用したC-N軸性キラリティを有するオキシインドールの合成。日本農芸化学会2015年度大会(岡山)2015.3.26-2015.3.29.(一般講演)
  14. 橋本穂果、今津拓也、榊原 良、 安立昌篤、西川俊夫:6-epiテトロドトキシンの合成研究。日本農芸化学会2015年度大会(岡山)2015.3.26-2015.3.29.(一般講演)
報道発表
  1. 西川俊夫: BSフジ、ガリレオX「毒と薬 毒がささやく生命の謎」放送 平成25年2月24日9:30−10:00
<A03班-計画班> 佐々木 誠
学術論文および著書
  1. Juan A. Rubiolo, Carmen Vale, Víctor Martín, Haruhiko Fuwa, Makoto Sasaki, and *Luis M. Botana, Potassium currents inhibition by gambierol analogs prevents human T lymphocyte activation, Archives of Toxicology, 査読有, 89, 2015, 1119–1134. DOI: 10.1007/s00204-014-1299-2
  2. H. Fuwa, Y. Okuaki, N. Yamagata, and M. Sasaki, Total synthesis, stereochemical reassignment, and biological evaluation of (–)-lyngbyaloside B, Angew. Chem. Int. Ed. 54, 868-873 (2015). DOI: 10.1002/anie.201409629 査読有
  3. K. Konoki, Y. Suga, M. Yotsu-Yamashita, H. Fuwa, and M. Sasaki, Evaluation of gambierol and its analogs for their inhibition of human Kv1.2 and cytotoxicity, Bioorg. Med. Chem. Lett., 25, 514-518 (2015). DOI: 10.1007/s00204-014-1299-2 査読有
  4. H. Fuwa, R. Fukazawa, and M. Sasaki, Concise synthesis of the A/BCD-ring fragment of gambieric acids, Front. Chem., 2, 116 (2015). doi: 10.3389/fchem.2014.00116 査読有
  5. H. Fuwa, K. Sakamoto, T. Muto, and M. Sasaki, Concise synthesis of the C15–C38 fragment of okadaic acid: Application of Suzuki–Miyaura reaction to spiroacetal synthesis, Org. Lett., 17, 366-369 (2015). DOI: 10.1021/ol503491t 査読有
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 小野寺 悠、 不破春彦、佐々木 誠、Synthesis of medium-sized cyclic ethers via diastereoselective ring-closing metathesis、平成25年度化学系学協会東北大会、平成27年9月13日、弘前大学(弘前)
<A03班-第1次・第2次公募班(2015年終了)・研究協力者> 永次 史
学術論文および著書
  1. Akisawa, T., Ishizawa, Y., Nagatsugi, F, Synthesis of Peptide Nucleic Acids Containing a Crosslinking Agent and Evaluation of Their Reactivities, Molecules, 20, 4708-4719 (2015) 10.3390/molecules20034708 査読有
  2. Sato, N., Tsuji, G., Sasaki, Y., Usami, A., Moki, T., Onizuka, K., Yamada, K. and *Nagatsugi, F. A new strategy for site-specific alkylation of DNA using oligonucleotides containing an abasic site and alkylating probes. Chem.Commun., 51, 14885-14888 (2015). 10.1039/c5cc03915k 査読有
  3. ◎Kusano, S., Ishiyama, S., Lam, S.L., Mashima, T., Katahira, M., Miyamoto, K., Aida, M. and *Nagatsugi, F. Crosslinking reactions of 4-amino-6-oxo-2-vinylpyrimidine with guanine derivatives and structural analysis of the adducts. Nucleic Acids Research, 43, 7717-7730 (2015) 10.1093/nar/gkv797 査読有
  4. Kikuta, K., Piao, H., Brazier, J., Taniguchi, Y., Onizuka, K., Nagatsugi, F. and *Sasaki, S. Stabilization of the i-motif structure by the intra-strand cross-link formation. Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 25, 3307-3310 (2015) .10.1016/j.bmcl.2015.05.064 査読有
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Kazumitsu Onizuka, Takuya Miyashita , Fumi Nagatsugi , Pseudorotaxane formation via slipping process targeting on nucleic acids, The 42th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Egret Himeji, Himeji Japan, 2015/9/23-25
  2. Kenji Kikuta, Piao Haishun, John Brazir, Kazumitsu Onizuka, Fumi Nagatsugi, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, The effect of intra-strand cross-link formation on the stability of DNA i-motif, The 42th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Egret Himeji, Himeji Japan, 2015/9/23-25
  3. Fumi Nagatsugi, Shuhei Kusano, Shogo Ishiyama, Sik Lok Lam, Tsukasa Mashima, Masato KatahiraFumi Nagatsugi, Development of the selective crosslinking reactions to 8-oxoguanine The 42th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Egret Himeji, Himeji Japan, 2015/9/23-25
  4. Yusuke Abe, Ken Yamada, Yuta Ida, and Fumi Nagatsugi, Synthesis and Evaluation of the Reactivity of 7-Deaza-6-vinylguanosine Derivatives, Tohoku University Campus Asia Program Summer School 2015, 2015/8/28-30, Sendai, Japan
  5. Tomohito Kobayashi, Kazumitsu Onizuka, Fumi Nagatsugi, Synthesis of vinyltriazine derivatives aiming at alkylation to U‒U mismatch structure in RNA, Tohoku University Campus Asia Program Summer School 2015, 2015/8/28-30, Sendai, Japan
  6. Yoshihiro Sasaki, Norihiro Sato, Genichiro Tsuji, Ken Yamada, Fumi Nagatsugi, Development of small molecular probes for selective alkylation of the higher-order structure of nucleic acids, Tohoku University Campus Asia Program Summer School 2015, 2015/8/28-30, Sendai, Japan
  7. Takuya Amemiya, Kazumitsu Onizuka, Fumi Nagatsugi, Development of the interlocked structure formation method targeted RNA, Tohoku University Campus Asia Program Summer School 2015, 2015/8/28-30, Sendai, Japan
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 永次 史、効率的遺伝子発現制御を目指した選択的化学反応の開発、第32回有機合成セミナー、湯河原、2015/9/15-17 招待講演
  2. 秋澤 拓也、 永次 史、架橋反応性ペプチド核酸(PNA)を用いた遺伝子発現制御法の開発、第26回万有シンポジウム、仙台国際センター、仙台市、2015/6/6
  3. 永次 史、茂木 琢磨、草野修平、佐藤憲大、遺伝子を標的とした新規機能性低分子プローブの開発 天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御 第8回領域公開シンポジウム、東北大学、2015/6/8-9
  4. 永次 史、佐藤憲大、佐々木欣宏、辻厳一郎、小林倫仁、山田 研、鬼塚和光、核酸高次構造における選択的アルキル化反応の開発、日本ケミカルバイオロジー学会 第11回年会、東北大学 川内萩ホール、2015/6/10-12
  5. 秋澤 拓也、 永次 史、遺伝子の発現を効率よく制御可能な架橋反応性ペプチド核酸(PNA)の開発、日本ケミカルバイオロジー学会 第11回年会、東北大学 川内萩ホール、2015/6/10-12
  6. 山田 研、石山 翔午、鬼塚和光、 永次 史、核酸結合性蛋白質との架橋反応を目指したビニルトリアジン誘導体の開発、日本ケミカルバイオロジー学会 第11回年会、東北大学 川内萩ホール、2015/6/10-12
  7. 小林倫仁、鬼塚和光、 永次 史、RNAのミスマッチ構造選択的にアルキル化する分子の開発、日本ケミカルバイオロジー学会 第11回年会、東北大学川内萩ホール、2015/6/10-12
  8. 永次 史、遺伝子の化学的マニュピュレーションに向けた新規技術の開発、金沢大学薬学シンポジウム2014、金沢大学、2015/01/25
<A03班-第1次・第2次公募班> 細谷 孝充
学術論文および著書
  1. 細谷孝充, 吉田 優, 化学同人, 「生物活性分子のケミカルバイオロジー:標的同定と作用機構(CSJカレントレビュー19)」(日本化学会 編), Part I 2章 Basic concept-2:標的分子同定の基礎, 2015年, 総ページ数189ページ(pp. 20–25)
  2. 細谷孝充, 吉田 優, 化学同人, 「生物活性分子のケミカルバイオロジー:標的同定と作用機構(CSJカレントレビュー19)」(日本化学会 編), Part II 4章 光親和性標識法の基礎と実際, 2015年, 総ページ数189ページ(pp. 63–70)
  3. 吉田 優, 細谷孝充.逐次環化付加反応によるビストリアゾール合成.化学工業,66(5): 389–393, 2015.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hosoya T, Yoshida S, Misawa Y. Formal C–H azidation-based shortcut to diazido building blocks for the versatile preparation of photoaffinity labeling probes of natural products and pharmaceuticals. PACIFICHEM 2015, Honolulu, Hawaii, USA, Dec. 2015.
  2. Hosoya T, Yoshida S, Shiraishi A, Kanno K, Kii I, Johmoto K, Uekusa H, Hagiwara M. Azido-type selective reactions for molecular conjugation. PACIFICHEM 2015, Honolulu, Hawaii, USA, Dec. 2015.
  3. Yoshida S, Hatakeyama Y, Johmoto K, Uekusa H, Hosoya T. Transient Protection of strained alkynes from click reaction via complexation with copper. PACIFICHEM 2015, Honolulu, Hawaii, USA, Dec. 2015.
  4. Meguro T, Yoshida S, Hosoya T. Cycloaddition of Thiophene S,S-Dioxide Derivatives with Strained Cycloalkynes. The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13), Kyoto, Japan, Nov. 2015.
  5. Hosoya T, Hatakeyama Y, Karaki F, Johmoto K, Uekusa H, Yoshida S. Transient Protection of Strained Alkynes from Click Reaction via Complexation with Copper. The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13), Kyoto, Japan, Nov. 2015.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 後藤沙由里,吉田 優,近藤正一,松下武司, 細谷孝充.さまざまなアルケニルアジドの環状アルキンとのクリック反応性に関する検討.第45回複素環化学討論会,東京,2015年11月.
  2. 目黒友啓,吉田 優, 細谷孝充.チオフェン-S,S-ジオキシドの反応性を利用した分子連結法の開発.第70回記念有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟(長岡)シンポジウム),長岡,2015年11月.
  3. 細谷孝充.ケミカルバイオロジーのツールを開発する.第5回CSJ化学フェスタ2015:「分子」の生体内での働きを調べる新しい化学「ケミカルバイオロジー」,東京,2015年10月.
  4. 大谷和弘,三澤善大,後藤沙由里,吉田 優, 細谷孝充.アジド基を有するα-ジアゾアセトフェノンの合成と多成分連結への応用.第5回CSJ化学フェスタ2015,東京,2015年10月.
  5. 牧尾直明,唐木文霞,畠山泰朋,上本紘平,植草秀裕,吉田 優, 細谷孝充.銅塩を用いた様々な環状アルキンのクリック反応の抑制.第32回有機合成化学セミナー,熱海,2015年9月.
  6. 牧尾直明,唐木文霞,畠山泰朋,上本紘平,植草秀裕,吉田 優, 細谷孝充.カチオン性銅塩との錯形成による様々な環状アルキンの保護に関する検討.第62回有機金属化学討論会,吹田,2015年9月.
  7. 細谷孝充.生命科学研究のための分子連結法.分子イメージングサマースクール2015,神戸,2015年8月.
  8. 細谷孝充.アジド基の特性に着目した「ジアジドプローブ法」による標的分子同定.第365回CBI学会講演会:「フェノタイプスクリーニング 古くて新しい創薬手法 Part2」,東京,2015年7月.
  9. 吉田 優.高活性化学種の反応性制御にもとづく分子連結法の開発.第50回天然物化学談話会,岩沼,2015年7月.
  10. 細谷孝充.マルチアジドプラットフォーム分子に対する機能性分子の逐次集積法の開発.新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」
第8回公開シンポジウム,仙台,2015年6月.
  11. 目黒友啓,吉田 優, 細谷孝充.標的タンパク質の多重標識を目指した多機能性分子の効率的創製法の開発.新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」
第7回若手研究者ワークショップ,仙台,2015年6月.
  12. 吉田 優,畠山泰朋,唐木文霞,上本紘平,植草秀裕, 細谷孝充.高機能性分子プローブ創製を目指した環状アルキン保護法の開発.第107回有機合成シンポジウム,東京,2015年6月.
  13. 吉田 優,三澤善大,森田隆太,細谷孝充.異種アジド選択的マルチクリック反応の開発.日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会,仙台,2015年6月.
  14. 目黒友啓,吉田 優, 細谷孝充.多機能性分子プローブの創製を指向した、チオフェン-S,S-ジオキシドと環状アルキンとの環化付加反応に関する研究.日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会,仙台,2015年6月.
  15. 細谷孝充,吉田 優,唐木文霞,畠山泰朋,上本紘平,植草秀裕.高歪みアルキン保護法を利用する高機能環状アルキンの合成.日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会,仙台,2015年6月.
  16. 細谷孝充.歪み分子の特異な反応性に着目した分子連結法の開発.新規素材探索研究会第14回セミナー,東京,2015年6月.
  17. 細谷孝充.アジド化学にもとづく新規創薬標的同定法の開発.東京医科歯科大学 第6回医学・歯学・工学連携セミナー「創薬標的探索ケミカルバイオロジー」,東京,2015年6月.
  18. 細谷孝充.アジド化学を基盤とした生命科学研究に役立つ分子連結法の開発.微化研セミナー,東京,2015年4月.
  19. 細谷孝充.多機能性分子プローブ創製技術の革新を目指した異種アジド選択的反応の開発.公益財団法人 長瀬科学技術振興財団 平成26年度受賞者研究成果発表会,大阪,2015年4月.
  20. 吉田 優.官能基の「歪み」に着目した分子連結法の開発.日本化学会第95春季年会:若い世代の特別講演,船橋,2015年3月.
  21. 田中淳子,吉田 優,松下武司, 細谷孝充.環状アルキンとの環化付加反応において1,3-双極子の骨格や置換基が及ぼす影響.日本化学会第95春季年会,船橋,2015年3月.
  22. 後藤沙由里,吉田 優,松下武司, 細谷孝充.アルケニルアジドと環状アルキンとの環化付加反応.日本化学会第95春季年会,船橋,2015年3月.
  23. 目黒友啓,吉田 優, 細谷孝充.生体分子の化学修飾法の開発を指向したチオフェン-S,S-ジオキシドと環状アルキンとの環化付加反応に関する研究.日本化学会第95春季年会,船橋,2015年3月.
  24. 畠山泰朋,吉田 優,上本紘平,植草秀裕, 細谷孝充.環状アルキンの保護・脱保護法の開発と機能性環状アルキン合成への応用.日本化学会第95春季年会,船橋,2015年3月.
  25. 細谷孝充,三澤善大,吉田 優.形式的なC−Hアジド化反応によるジアジド化合物の簡便合成法の開発と異種アジド選択的な逐次分子連結への応用.日本化学会第95春季年会,船橋,2015年3月.
<A03班-第1次・第2次公募班> 高岡 洋輔
学術論文および著書
  1. Song Zhining, Yousuke Takaoka, Yoshiyuki Kioi, Kazuhiro Komatsu, Tomonori Tamura, Takayuki MIki, Itaru Hamachi*;Extended Affinity-guided DMAP Chemistry with Finely-tuned Acyl Donor for Intarcellular FKBP12 Labeling Chem. Lett. 44:333-335(2015)査読有
  2. Yuki Yasueda, Tomonori Tamura, Keiko Kuwata, Yousuke Takaoka, Itaru Hamachi, Biomembrane-embedded Catalysis for Membrane-associated Protein Labeling on Red Blood Cells. Chem. Lett., 44, 1673-1675 (2015). DOI: 10.1246/cl160797. 【査読有】
  3. Takahiro Hayashi, Yuki Yasueda, Tomonori Tamura, Yousuke Takaoka, Itaru Hamachi*, Analysis of Cell-surface Dynamics Through Covalent Labeling by Catalyst-tethered Antibody. J. Am. Chem. Soc., 137, 5372-5380 (2015). DOI: 10.1021/jacs.5b02867. 【査読有】
  4. Yousuke Takaoka, Yuki Nishikawa, Yuki Hashimoto, Kenta Sasaki, Itaru Hamachi*, Ligand-directed Dibromophenyl Benzoate Chemistry for Rapid and Selective Acylation of Intracellular Natural Proteins. Chem. Sci., 6, 3217-3224 (2015). DOI: 10.1039/c5sc00190k. 【査読有】
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Yuuki Nukadzuka, Yousuke Takaoka, Minoru Ueda, 「Development of novel protein labeling method useful for plant chemical biology」、Pacifichem 2015, 2015年12月17日、ホノルル、ハワイ
  2. Yousuke Takaoka, Toshiki Iwashita, Takeshi Suzuki, Kengo Hayashi, Shusuke Egoshi, Yasuhiro Ishimaru, Minoru Ueda, 「Development of novel fluorescent PPI detection system for subtype selective ligand of phytohormone co-receptor」、Pacifichem 2015, 2015年12月17日、ホノルル、ハワイ
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 高岡洋輔、「タンパク質リガンド連結プローブによる動物/植物細胞内ケミカルバイオロジー」、理研ケミカルバイオロジー勉強会(招待講演)、2015年11月18日、和光、理化学研究所
  2. 高岡洋輔、岩下利基、岩橋万奈、鈴木健史、林謙吾、石丸泰寛、江越脩祐、上田実、「植物毒素コロナチンの誘導体化による植物ホルモン受容体サブタイプ選択的アゴニスト開発と未知標的探索」、第57回天然有機化合物討論会、2015年9月9日、横浜、パシフィコ横浜
  3. 岩下利基、 高岡洋輔、鈴木健史、田下諒、江越脩祐、石丸泰寛、上田実、「植物毒素コロナチンの気孔開口誘導メカニズム解明を目指した生理活性制御による新規分子プローブの開発」、日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会、2015年6月10日、仙台、東北大学
  4. 高岡洋輔、「自己集合性ケミカルナノプローブによる細胞内タンパク質ラベリングとセンシング」、日本化学会第95春季年会、若い世代の特別講演会、2015年3月、日大船橋キャンパス
  5. 高岡洋輔、「生理機能制御と標的同定を目指した天然物分子プローブの開発」、新学術領域「天然物ケミカルバイオロジー」地区ミニシンポジウム、2015年1月、東北大片平キャンパス
<A03班-第1次・第2次公募班> 大神田 淳子
学術論文および著書
  1. Prakash Parvatkar, Nobuo Kato, Motonari Uesugi, Shin-ichi Sato, *Junko Ohkanda
    “Intracellular generation of a diterpene-peptide conjugate that inhibits 14-3-3-mediated interactions”
    J. Am. Chem. Soc., 2015, 137, 15624-15627.
    DOI: 10.1021/jacs.5b09817
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Junko Ohkanda “Structure-based Design of PPI Inhibitors that Disrupt Ras Prenylation”• Pacifichem2015, Hawaii, USA • December 15.
  2. Junko Ohkanda “Rational Design of Peptide-based Agents that Control Intracellular Protein-protein Interactions” • The Seventh Peptide Engineering Meeting PEM7 • Indian Institute of Science Education and Research •Pune, India • December 5 to 7.
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 大神田淳子「細胞内たんぱく質間相互作用を制御する中分子の創製」中外製薬鎌倉研究所講演会、中外製薬鎌倉研究所(神奈川県・鎌倉市)2015年10月7日 
  2. 大神田淳子「たんぱく質間相互作用を標的とする中分子を創る」創薬懇話会、グランドエクシブ鳴門 ザ・ロッジ(徳島県・鳴門市)2015年7月2日
  3. 大神田淳子「結晶構造に基づくたんぱく質間相互作用阻害剤の設計」日本薬学会東海支部特別講演会、岐阜薬科大学(岐阜県・岐阜市)2015年5月22日
  4. 大神田淳子、「モジュール法による中分子設計とたんぱく質間相互作用の制御」、日本薬学会第135年会 (神戸)一般シンポジウムS53 中分子創薬のフロンティア、2015年3月28日
  5. 渡邉 はるひ、楠本 純士、Prakash Parvatkar、王 辰宇、加藤 修雄、佐藤 慎一、 上杉 志成、大神田 淳子、「抗がん活性フシコクシン誘導体の作用機序解明に向けた標的探索」、第95日本化学会春季年会 2015年3月27日 【Co-study】
  6. 大神田淳子、「たんぱく質間相互作用を制御する細胞透過性中分子を創る」天然物ケミカルバイオロジー地区ミニシンポジウム、東北大学、2015年1月15日
<A03班-第1次・第2次公募班> 相田 美砂子
学術論文および著書
  1. Dai Akase, Hiroyuki Teramae, Misako Aida, A Comprehensive Search of Topologically Distinct Local Minimum Structures of Protonated Water Octamer and the Classification of O-H Topological Types, Chemical Physics Letters, 618, 51-56 (2015). DOI: 10.1016/j.cplett.2014.10.071 (査読有)
  2. Yusuke Hanaki, Ryo C. Yanagita, Takahiro Sugahara, Misako Aida, Harukuni Tokuda, Nobutaka Suzuki and Kazuhiro Irie, Synthesis and biological activities of the amide derivative of aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin with anti-proliferative and cytotoxic activities, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Published online: 23 Jan 2015. DOI: 10.1080/09168451.2014.1002452(査読有)【Co-study】
  3. Kusano, S. Ishiyama, SL, Lam, T. Mashima, M. Katahira, K. Miyamoto, M. Aida, F. Nagatsugi (2015) Crosslinking reactions of 4-amino-6-oxo-2-vinylpyrimidine with guanine derivatives and structural analysis of the adducts. Nucleic Acids Research, 43, 7717-7730.
  4. Ami Kosaka, Misako Aida, Yukiteru Katsumoto (2015) Reconsidering the activation entropy for anomerization of glucose and mannose in water studied by NMR spectroscopy. Journal of Molecular Structures, 1093, 195-200.
  5. Tomonori Yamada and Misako Aida (2015) Fundamental frequency from classical molecular dynamics. Phys. Chem. Chem. Phys., 17, 3227-3240.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Misako Aida, Theoretical study on the mutual influence of water and biomolecules. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem2015) (December 15, 2015, Honolulu, Hawaii, USA)
  2. Dai Akase, Misako Aida, Koichi Ohno, Suehiro Iwata, Analysis of hydrogen bond energies and hydrogen bonding networks in water clusters using the locally projected molecular orbital perturbation theory. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem2015) (December 17, 2015, Honolulu, Hawaii, USA)
  3. Yudai Watanabe, Dai Akase, Misako Aida, Theoretical study on the electronic structure of trimethylamine N-oxide (TMAO) in aqueous solution. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem2015) (December 17, 2015, Honolulu, Hawaii, USA)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 佐々木 一繁,赤瀬 大, 相田 美砂子, プロトン化水クラスターH3O+(H2O)n−1(n≤7)の安定構造とOH伸縮振動のトポロジー的な分類に関する理論化学的研究。2015年日本化学会中国四国支部大会(2015年11月14日-15日,岡山)
  2. 細田 萌,赤瀬 大, 相田 美砂子, NMRスペクトルにおける溶媒効果についての理論化学的研究。2015年日本化学会中国四国支部大会(2015年11月14日-15日,岡山)
  3. 吉川 太基,赤瀬 大, 相田美砂子, 水溶液中におけるヘキソピラノースの構造に関する研究。2015年日本化学会中国四国支部大会(2015年11月14日-15日,岡山)
  4. 渡部 雄大, 相田 美砂子, 尿素とトリメチルアミンオキシドの水和構造の特徴に関する理論化学的研究。第38回溶液化学シンポジウム(2015年10月21日-23日,高知)
  5. 菅原 貴弘, 相田 美砂子, QM/MM-MD法を用いたハロゲン化カルシウムの水和構造と水分子に及ぼす影響についての理論化学的研究。第38回溶液化学シンポジウム(2015年10月21日-23日,高知)
  6. 宮本 健悟, 相田 美砂子, B-DNAの塩基対間相互作用における多体効果についての理論化学的研究。第38回ケモインフォマティクス討論会(2015年10月8日-9日,東京)
  7. 相田 美砂子, 生理活性分子の水溶液中における構造の理論予測。第9回分子科学討論会(2015年9月16日-19日,東京)
  8. 赤瀬 大, 相田 美砂子,大野 公一,岩田 末廣, 水クラスター(H2O)n (n8) 内の水素結合エネルギーと水素結合ネットワークの解析:GRRM法による探索とLPMO PTによる解析。第9回分子科学討論会(2015年9月16日-19日,東京)
  9. 赤瀬 大, 相田 美砂子, 水クラスターにおける水素結合ネットワークと水分子の振動数。第9回分子科学討論会(2015年9月16日-19日,東京)
  10. 渡部 雄大, 相田 美砂子, フグ毒の水溶液中における構造と水和に関する理論化学的研究。第9回分子科学討論会(2015年9月16日-19日,東京)
  11. 菅原 貴弘, 相田 美砂子:二価金属ハロゲン化物の水和構造に関する理論化学的研究。第9回分子科学討論会(2015年9月16日-19日,東京)
  12. 相田 美砂子, ヘキソピラノースの構造と水和構造に関する理論的研究。新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」第8回公開シンポジウム(2015年6月8日-9日,仙台)
  13. Yuu Sasaki, Yuka Horikawa, Takashi Tokushima, Kazumasa Okada, Masaki Oura, Misako Aida, Soft X-ray emission spectroscopy of aqueous solutions of trimethylamine-N-oxide at the O K-edge. 第31回化学反応討論会(2015年6月3日-5日,札幌)
  14. 赤瀬 大, 相田 美砂子, 水6量体アニオンクラスターの水素結合ネットワークと垂直電子脱離エネルギー。第18回理論化学討論会(2015年5月22日–22日,豊中市)
  15. 相田 美砂子、日本化学会第95回春季年会「社会にはばたく、世界にはばたく:あなたがリーダーになるために―男女共同参画シンポジウム―」基調講演「あなたがあなたの道を歩むために」(2015年3月27日,船橋市)
<A03班-第1次・第2次公募班> 高橋 栄夫
学術論文および著書
  1. Y. Mizukoshi, K. Takeuchi, M. Arutaki, T. Takizawa, H. Hanzawa, *H. Takahashi, and *I. Shimada, “Suppression of problematic compound oligomerization by cosolubilization of nondetergent sulfobetaines”, ChemMedChem, 査読有, 10 (2015) 736-741.
  2. 高橋栄夫, “創薬研究への応用を指向したNMR相互作用解析技術”, Bulletin of the Nuclear Magnetic Resonance Society of Japan, 査読無, 6 (2015) 23-30.
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hideo Takahashi, “NMR approach for biomedical application”, Pacifichem 2015: Biomolecular Structure and Dynamics: Recent Advances in NMR, 2015/12/18, Honolulu (USA)
  2. Hideo Takahashi, “An NMR approach to improve a small-molecule inhibitor”, The 4th International Symposium on Drug Discovery and Design by NMR, Yokohama, (Feb. 2015), 招待講演
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 高橋栄夫, “創薬研究におけるNMRの活用”, 第33回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2015/11/27, 幕張国際研修センター (千葉)
  2. 高橋 栄夫、「緩和現象を活用したNMRによる分子間相互作用解析」、第23回ERATOタンパク質関連情報交換会、2015年1月、大阪、招待講演
  3. 高橋 栄夫、「創薬とNMRと計算科学」、第358回CBI学会講演会 バイオNMR 創薬活用への新展開、2015年1月、東京、招待講演
<A03班-第1次・第2次公募班> 菅 敏幸
学術論文および著書
  1. H. Katayama, K. Iwamoto, Y. Kariya, T. Asakawa, T. Kan, H. Fukuda, K. Ohashi-Ito* “A negative feedback loop controlling bHLH complexes is involved in vascular cell division and differentiation in the root apical meristem” Curr. Biol., 25, 3144–3150 (2015), DOI:10.1016/j.cub.2015.10.051.
  2. M. Inai, R. Ishikawa, N. Yoshida, N. Shirakawa, Y. Akao, Y. Kawabe, T. Asakawa, M. Egi, Y. Hamashima, T. Kan “Stereocontrolled Total Syntheses of Optically Active Furofuran Lignans” Synthesis, 47, 3513–3521 (2015), DOI: 10.1055/s-0034-1378812.
  3. T. Asai, J.-H. Choi, T. Ikka, K. Fushimi, N. Abe, H. Tanaka, Y. Yamakawa, H. Kobori, Y. Kiriiwa, R. Motohashi, V. K. Deo, T. Asakawa, T. Kan, A. Morita, H. Kawagishi* “Effect of 2-Azahypoxanthine (AHX) Produced by the Fairy-Ring-Forming Fungus on the Growth and the Grain Yield of Rice” Jpn. Agric. Res. Quart., 49, 45–49 (2015), DOI: 10.6090/jarq.49.45.
  4. V. Le, M. Inai, R. M. Williams,* T. Kan “Ecteinascidins. A review of the chemistry, biology and clinical utility of potent tetrahydroisoquinoline antitumor antibiotics” Nat. Prod. Rep., 32, 328–347 (2015), DOI: 10.1039/C4NP00051J.
  5. 菅敏幸「有機合成実験法ハンドブック I 基本操作」有機合成化学協会編,丸善 (2015年発刊)
  6. 稲井誠, 菅敏幸「有機合成実験法ハンドブック 29-2-1 環状アミン」有機合成化学協会編,丸善 (2015年発刊)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 菅敏幸:潜在的対称性に注目した生理活性天然物の全合成,神戸大学理学研究科講演会,2015年9月25日「神戸大学 (神戸)」
  2. 菅敏幸:潜在的対称性に注目した生理活性天然物の全合成,創薬等支援技術基盤プラットホーム事業合成領域第2回勉強会,2015年3月6日「慶應義塾大学薬学部マルチメディア講堂 (東京)」
特許出願
  1. 三浦進司, 菅敏幸:アルコール性脂肪肝予防・治療薬 特開2015-78140
<A03班-第1次・第2次公募班> 中村 浩之
学術論文および著書
  1. S. Sato, K. Nakamura, *H. Nakamura, Tyrosine-Specific Chemical Modification with in situ Hemin-Activated Luminol Derivatives. ACS Chem. Biol. 10, 2633–2640. (2015). 査読有doi: 10.1021/acschembio.5b00440.
  2. G. Li, S. Azuma, H. Minegishi, *H. Nakamura, Synthesis and Biological Evaluation of meta-Carborane-Containing phenoxyacetanilides as Inhibitors of Hypoxia-Inducible Factor (HIF)-1 Transcriptional Activity. J. Organomet. Chem. 798, 189–195. (2015). 査読有doi:10.1016/j.jorganchem.2015.05.029.
  3. H. Minegishi, Y. Futamura, S. Fukashiro, M. Muroi, M. Kawatani, H. Osada, *H. Nakamura, Methyl 3-((6-methoxy-1,4-dihydroindeno[1,2-c]pyrazol-3-yl)amino) benzoate (GN39482) as a Tubulin Polymerization Inhibitor Identified by MorphoBase and ChemProteoBase Profiling Methods, J. Med. Chem. 58, 4230-4241 (2015). 査読有doi: 10.1021/acs.jmedchem.5b00035.
  4. G. Li, S. Azuma, S. Sato, H. Minegishi, *H. Nakamura, ortho-Carboranylphenoxyacetanilides as Inhibitors of Hypoxia-Inducible Factor (HIF)-1Transcriptional Activity and Heat Shock Protein (HSP) 60 Chaperon Activity. Bioorg. Med. Chem. Lett. 25, 2524-2628. (2015). 査読有doi: 10.1016/j.bmcl.2015.04.088.
  5. H. S. Ban, *H. Nakamura, Boron-Based Drug Design. Chem. Rec. 15, 616-635. (2015). 査読有doi: 10.1002/tcr.201402100.
  6. S. Sato, K. Morita, *H. Nakamura, Regulation of target protein knockdown and labeling using ligand-directed Ru(bpy)3 photocatalyst. Bioconjugate Chem. 26, 250-256. (2015). 査読有doi: 10.1021/bc500518t.
  7. *H. Nakamura, L. Tazaki, D. Kanoh, S. Sato, Diaryl-substituted carboranes as inhibitors of hypoxia inducible factor-1 transcriptional activity, Pure Appl. Chem. 87,145-154. (2015). 査読有doi: 10.1515/pac-2014-0911.
  8. 佐藤伸一、 中村浩之「タンパク質の部位特異的な機能修飾」 化学同人、月刊「化学」最新のトピックス、Vol. 70, 70-71 (2015)
国際会議における学術講演・研究発表
  1. 〇H. Nakamura, Discovery of carboranylphenoxyacetanilides as inhibitors of heat shock protein (HSP) 60 chaperone activity. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015, (Pacifichem 2015), Invited Lecture, 2015年12月15-20日(Honolulu, USA)
  2. 〇S. Sato, K. Nakamura, H. Nakamura, Tyrosine-selective chemical modification using single-electron-transfer catalyst The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), 2015年12月15-20日(Honolulu, USA)
  3. 〇H. Nakamura, S. Sato, K. Morita, Target Protein-Selective Labeling and Inactivation Using Ligand-Directed Ru(bpy)3 Photocatalysts, 1st Asian Conference on Chemosensors &; Imaging Probes, Invited Lecture, 2015年11月16-18日 (Seoul, Korea)
  4. 〇S. Sato, K. Nakamura, H. Nakamura, Heme-Catalyzed Tyrosine Click Reaction with Luminol Derivatives, 1st Asian Conference on Chemosensors & Imaging Probes, 2015年11月16-18日 (Seoul, Korea) Poster Presentation Award
  5. 〇H. Nakamura, Development of Chemical Tools for Target Protein-Selective Identification and Selective Modification Invited Lecture at Indian Institute of Science, 2015年3月10日(Bangalore, India)
  6. S. Sato, K. Morita, 〇H. Nakamura, Development of Ligand-directed Ru(bpy)3 Photocatalysts for Target Protein Knockdown and Labeling An International Symposium on Recent Advances in Chemistry (REACH-2015), 2015年3月3-5日 (Shillong, India)
  7. 〇H. Nakamura, Development of Chemical Tools for Target Protein-Selective Identification and Modification Invited Lecture at Indian Institute of Technology, 2015年3月2日 (Guwahati, India)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 〇中村浩之、光を使って生命機能を探る・操る、有機合成化学協会関東支部ミニシンポジウム2015招待講演、2015年6月27-28日(東海大学、神奈川)
  2. 〇中村浩之、インデノピラゾール骨格を基軸とした創薬研究、平成27年度 環境調和材料・デバイスプロジェクトグループ(G4)分科会、2015年6月19-20日(千歳、北海道)
  3. 〇李 廣哲、峯岸 秀充、 佐藤 伸一、 中村 浩之、カルボラン骨格を有する新規Hsp60阻害剤の開発、  第19回日本がん分子標的治療学会学術集会、2015年6月10-12日(松山、愛媛)
  4. 〇佐藤伸一、中村公亮、 中村浩之、ルミノール誘導体を用いたチロシン残基に選択的な共有結合形成反応の開発、日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会、2015年6月10-12日(東北大学、宮城)
  5. 〇中村浩之、峯岸秀光、室井誠、二村友史、川谷誠、長田裕之、高い細胞増殖阻害を有するインデノピラゾールの発見とプロファイリング法による阻害機構の解明、新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」第8回公開シンポジウム、2015年6月8-9日(東北大学、宮城)
  6. 〇中村公亮、 佐藤伸一、中村浩之、 Luminol誘導体を用いた鉄触媒存在下でのTyr残基高選択的ラベル化反応、第69回有機合成化学協会関東支部会シンポジウム、2015年5月16日(横浜国立大学、神奈川)若手講演賞受賞
  7. 〇中村浩之、 高い細胞増殖阻害を有するインデノピラゾール化合物の発見とその作用機序解明、平成26年度アライアンス成果報告会、2015年4月21日(九州大学、福岡)
  8. 〇峯岸秀充、 中村浩之、ベンゾフロピラゾール化合物の合成とHIF-1転写活性への影響、日本化学会第95回年会、2015年3月26-29日(日本大学、千葉)
  9. 〇大内俊明、峯岸秀充、 中村浩之、イミダゾピリジン骨格を有する新規HIF-1α阻害剤の開発、日本化学会第95回年会、2015年3月26-29日(日本大学、千葉)
  10. 〇中村公亮、 佐藤伸一、 中村浩之、ルミノール誘導体を用いた鉄触媒存在下でのTyr残基特異的タンパク質ラベル化反応、日本化学会第95回年会、2015年3月26-29日(日本大学、船橋)
  11. 〇佐藤伸一、森田耕平、 中村浩之、リガンド連結型Ru光触媒を用いたタンパク質ノックダウンとラベル化の制御、日本薬学会第135回年会、2015年3月25-28日(神戸、兵庫)
  12. 〇中村浩之、ホウ素でがんに挑む、第一三共株式会社品川研究開発センターセミナー、招待講演2015年2月20日(品川、東京)
特許出願
  1. 中村浩之、峯岸秀充、ベンゾフロピラゾール誘導体、特願2015-92606(出願日: 2015年4月30日)
  2. 中村浩之、ホウ素含有化合物とタンパク質とのコンジュゲートを含む医薬組成物、 特願2015-156726(出願日:2015年8月7日)
  3. 佐藤伸一、中村浩之、中野洋文、チロシンホスファターゼ及びチロシンキナーゼ活性の測定方法、 特願2015-198320(出願日: 2015年10月6日)
<A03班-第1次・第2次公募班> 神澤 信行
学術論文および著書
  1. H. Ohsugi, J. Hatsukawa, M. Takahara, M. Aizawa, N. Kanzawa, Real-time evaluation of the effects of dexamethasone on osteoblasts using dual labeling with fluorescent probes, Key Enginner. Mater., 631, 379-383 (2015).
  2. K. Yasuda, M. Takahara, M. Aizawa, N. Kanzawa, P19.CL6 cells cultured in AFS differentiate into cardiomyocytes, Key Enginner. Mater., 631, 295-299 (2015).
  3. Y. Shimizu, Y. Kawanobe, T. Konishi, N. Kanzawa, M. Honda, M. Aizawa, Biocompatibility of silver-containing calcium-phosphate cements with anti-bacterial properties, Key Enginner. Mater., 631, 278-2859 (2015).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. N. Kanzawa, J. Nishiya, Y. Otsuka, Y. Ishimaru, Minoru Ueda. “Biological characterization of MetE as a receptor candidate in Cassia obtusifolia for the leaf opening factor”, Pacifichem 2015, Honolulu, Hawaii, USA (Dec 15-20, 2015)
  2. N. Kanzawa, H. Takano, K. Yasuda, M. Takahara, M. Aizawa. “Studies on connexin 43, a gap-junction protein, in P19 embryonal carcinoma cells after culture on an apatite fiber scaffold”, Bioceramics 27, 27 th International Symposium on Ceramics in Medicine. Bali, Indonesia (Oct 27-29, 2015)
<A03班-第2次公募班> 大栗 博毅
学術論文および著書
  1.  T. Ugai, A. Minami, R. Fujii, M. Tanaka, H. Oguri, K. Gomi, H. Oikawa, Heterologous expression of highly reducing polyketide synthase involved in betaenone biosynthesis, Chem. Commun. 51, 1878-1881 (2015).
解説記事
  1. 大栗博毅、炭素鎖のコンフォメーションを制御するアセンブリーライン合成、化学と工業 天然物化学・生命科学ディビジョントピック欄 68 (4), 357 (2015).
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hiroki Oguri (invited)、Development of Artificial Assembly Line for Skeletally Diverse Natural Products and its Variants、Pacifichem2015 Molecular Function of Natural Products: Advances towards Chemical Biology 2015.12.16.、Hawaii (USA)
  2. Bonepally Karnakar Reddy, Takahisa Hiruma, Kyouhei Ochiai, Maruki Mizoguchi, Shun Suzuki, Hideaki Oikawa, Aki Ishiyama, Masato Iwatsuki, Kazuhiko Otoguro, Satoshi Ōmura, Hiroki Oguri、Design and de novo synthesis of anti-malarial 6-aza-artemisinins、2015.11.11.、The 13th International Kyoto Conference on New Aspect of Organic Chemistry (IKCOC-13) Rihga Royal Hotel Kyoto (京都・京都市)(poster)
  3. Hiroki Oguri Development of Chemical Assembly Lines for Skeletally Diverse Natural Products and its Variants、The 15th Tateshina Conference of Organic Chemistry 2015.11.6 Tateshina Forum (長野・茅野市) (invited: oral & poster)、
  4. Hiroki Oguri 、Chemical Assembly Lines for Skeletally Diverse Natural Product Analogs、IUPAC-2015 Busan 48th General Assembly, 45th World Chemistry Congress, Chemistry of Life: Advances in Molecular Diversity 2015.8. 11. BEXCO Busan (Korea)(invited)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 大栗博毅、多官能性天然物の骨格多様化合成、ITBM/IGER Chemistry Workshop ~ Symposium of Organic Chemistry by Students ~、2015.10.30、名古屋大学 野依記念物質科学研究館(愛知・名古屋市)(招待講演)
  2. 大栗博毅、骨格を多様化する迅速合成プロセスの開発:天然物に学ぶ10年の歩み、日本薬学会東北支部主催 第14回化学系若手研究者セミナー、2015.9.5.、東北大学薬学部セミナー室(宮城・仙台市)(招待講演)
  3. 大栗 博毅、「多能性中間体を活用する骨格多様化合成プロセスの開発」、日本化学会第95春季年会 中長期テーマシンポジウム、「分子設計と分子技術:環境・資源・安全安心のための分子技術」、2015年3月27日、船橋,(招待講演)
<A03班-第2次公募班> 齋藤 大明
学術論文および著書
  1. Masashi Iwayama*, Kazutomo Kawaguchi, Hiroaki Saito, Hidemi Nagao, A hybrid type approach with MD and DFT calculations for evaluation of redox potential of molecules, Mol. Simu. 41, (2015) 936-941.(査読あり), DOI:10.1080/08927022.2015.1012641)
  2. 齋藤大明, NAMDを用いたタンパク質の分子動力学法, 高分子, vol.64, 153-155 (2015).
  3. 齋藤大明, 分子ドッキング法を用いたリガンド結合構造予測と分子認識, アンサンブル,Vol.17, No.2, 77-82 (2015).(査読なし)
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Hiroaki Saito, Kazutomo Kawaguchi, and Hidemi Nagao, “Exploring an appropriate ligand-binding pose by ensemble-based docking”, PACIFICHEM 2015, Hawai, USA (Dec, 2015).
  2. Hiroaki Saito, “Exploring an accurate ligand-binding pose: ensemble-based docking study”, 55th Sanibel symposium, St. Simons island, GA, USA (Feb, 2015). (ポスター発表)
  3. Masashi Iwayama, Kazutomo Kawaguchi, Hiroaki Saito, and Hidemi Nagao, “Computation of redox potential of molecules by energy representation method”, International Symposium On Computational Science 2015 Kanazawa, Ishikawa, Japan (Feb, 2015). (一般発表)
  4. Sri R. Natasia, Hiroaki Saito, Taku Mizukami, Kazutomo Kawaguchi and Hidemi Nagao, “Prediction of Solvation Free Energy of Proteins: Molecular Dynamics Simulation and QSPR Model Approach”, International Symposium On Computational Science 2015 Kanazawa, Ishikawa, Japan (Feb, 2015). (一般発表・ポスター発表)
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 齋藤大明, 川口一朋,長尾秀実, “アンサンブル分子ドッキングによるリガンド分子配座探索”, 第7回「学際計算科学による新たな知の発見・統合・創出」シンポジウム, つくば, 10月, 2015年
  2. 齋藤 大明・川口 一朋・長尾 秀実, “Prediction of binding pose of estradiol to human estrogen receptor: identification of druggable pocket and ensemble-based docking” 日本生物物理年会, 金沢, 9月, 2015年
  3. 川口 一朋・ 齋藤 大明・長尾 秀実, “Role of water molecules for association of Hsp90 and ADP” 日本生物物理年会, 金沢, 9月, 2015年
  4. 齋藤大明, 川口一朋,長尾秀実, “誘導適合分子ドッキング法による基質−タンパク質の結合構造予測”, 東京, 9月, 2015年
  5. 川口一朋, 齋藤大明, 長尾秀実, “水溶液中の溶質粒子の親水性・疎水性に関する理論的研究”, 東京, 9月, 2015年
  6. 中川聖,木下翔吾, 松井貴寛, 齋藤大明, 川口一朋,長尾秀実, “Goモデルを用いたプラストシアニン-シトクロムfにおけるタンパク質間相互作用に関する理論的研究”, 東京, 9月, 2015年
  7. 木下翔吾, 中川聖, 松井貴寛, 齋藤大明, 川口一朋,長尾秀実, “粗視化モデルによるミセルの形成に関する理論的研究”, 東京, 9月, 2015年
  8. 松井貴寛, 中川聖,木下翔吾, 齋藤大明, 川口一朋,長尾秀実, “プラストシアニンとシトクロムfの会合−解離過程における自由エネルギー地形に関する理論的研究”, 東京, 9月, 2015年
  9. 宮川毅, 森河良太, 高須昌子, 杉森公一, 川口一朋, 齋藤大明, 長尾秀実, “Hras-GTP / GDP 系でのGTP/GDP周辺における水分子の動きの分子動力学法による研究”日本物理学会会春季年会, 大阪, 9月, 2015年
  10. 齋藤大明 “Prediction of binding pose of estradiol to human estrogen receptor: identification of druggable pocket and ensemble-based docking”, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」第8回公開シンポジウム, 仙台, 6月, 2015年
  11. 齋藤 大明・川口 一朋・長尾 秀実, “分子ドッキングと結合自由エネルギー評価による阻害剤スクリーニング”日本化学会春季年会, 船橋, 3月, 2015年
  12. 宮川毅, 森河良太, 高須昌子, 杉森公一, 川口一朋, 齋藤大明, 長尾秀実, “Hras-GTP / GDP のスイッチ I 付近の溶媒水による電気双極子場の分子動力学法による研究”日本物理学会会春季年会, 東京, 3月, 2015年
<研究協力者(2014年3月まで)/A03班-第2次公募班> 上杉 志成
学術論文および著書
  1. Takaya, J., Mio, K., Shiraishi, T., Kurokawa, T., Otsuka, S., Mori, Y., Uesugi, M. A potent and site-selective agonist of TRPA1. J. Am. Chem. Soc. 137, 15859−15864 (2015). DOI: 10.1021/jacs.5b10162 査読有
  2. Sato, S.*, Watanabe, M., Katsuda, Y., Murata, A., Wang, D. O., Uesugi M. Live-cell Imaging of Endogenous mRNAs with a Small Molecule, Angew. Chem. Int. Ed., 54, 1855-1858 (2015).
    DOI: 10.1002/anie.201410339, 査読有
国際会議における学術講演・研究発表
  1. Uesugi, M., “Small Molecules That Modulate Protein Assemblies”, Pacifichem 2015 Synthetic Modulators of Protein-Protein Interactions (#461), Hawaii (USA), December 19, 2015. 招待講演
  2. Uesugi, M., “Small Molecule Tools for Cell Biology and Cell Therapy”, Pacifichem 2015 Natural Product-based Drug Discovery, Hawaii (USA), December 18, 2015. 招待講演
  3. Uesugi, M., “Synthetic Molecules for Detecting and Eliminating Human Pluripotent Stem Cells”, NEA & ASIAHORCs Joint Symposium – Chemical Biology – in Okinawa, OIST (Okinawa), November 9, 2015. 招待講演
  4. Uesugi, M., “Synthetic Molecules for Cell Biology and Cell Therapy”, XVII NOST-Organic Chemistry Conference, Jaipur (India), October 28, 2015. 招待講演
  5. Uesugi, M., “Small Molecule Tools for Cell Biology and Cell Therapy”, 2015 Fall Annual Convention of Pharmaceutical Society of Korea, Daegu (Korea), October 22, 2015. 基調講演
  6. Uesugi, M., “Synthetic Molecules for Cell Biology and Cell Therapy”, AIMECS 2015 (10th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium in 2015), Jeju (Korea), October 19, 2015. 招待講演
  7. Uesugi, M., “Synthetic Molecules for Cell Biology and Cell Therapy”, IUPAC2015, Busan (Korea), August 11, 2015. 招待講演
  8. Uesugi, M., “Synthetic Molecules for Cell Biology and Cell Therapy”, The 51th International Conference on Medicinal Chemistry (RICT 2015) – “Drug Discovery and Selection – Understanding Targets and Mechanisms”, Avignon (France), July 2, 2015. 基調講演
  9. Motonari Uesugi, “Introduction of Chemical Biology”, Cell Biology, Developmental Biology, and Systems Biology Course Meeting, Kyoto, Japan (February 13, 2015). 招待講演
  10. Uesugi, M., “Synthetic Molecules for Cell Biology and Cell Therapy”, The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, Center for Learning and Innovation Takeda Pharmaceutical Company, Ltd. (Osaka), January 22, 2015. 招待講演
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 上杉 志成、「細胞を操作・検出する合成小分子化合物」、近畿化学協会機能性色素部会 第88回例会「未来をつくる機能性色素・・・その技術と応用・・・」、大阪科学技術センター(大阪市)、2015年2月12日、招待講演
<A03班-第2次公募班> 三尾 和弘
学術論文および著書
  1. Takaya J, Mio K, Shiraishi T, Kurokawa T, Otsuka S, Mori Y, *Uesugi M. A Potent and Site-Selective Agonist of TRPA1. J Am Chem Soc. 137, 15859-15864, 2015 (査読有り) doi: 10.1021/jacs.5b10162.
  2. Memtily N, Okada T, Ebihara T, Sato M, Kurabayashi A, Furihata M, Suga M, Nishiyama H, Mio K, *Sato C. Observation of tissues in open aqueous solution by atmospheric scanning electron microscopy: applicability to intraoperative cancer diagnosis. Int J Oncol. 46:1872-1882. 2015 (査読有り) doi: 10.3892/ijo.2015.2905
国際会議における学術講演・研究発表
  1. 三尾 宗代, Depiction of 3D structure of membrane proteins and assignment of functional subunits using a transmission electron microscopy. 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2015/12/15, Honoluilu, USA
  2. 高屋 潤一郎, Discovery of a potent and selective agonist of TRPA1 and direct observation of its binding to TRPA1 by electron microscopy. 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2015/12/16, Honoluilu, USA
  3. MEMTILY Nassirhadjy, Quick Observation of Tissues in Solution by Atmospheric Scanning Electron Microscopy (ASEM), M&M 2015, 2015/8/3, Portland
国内での学会・学術講演会における招待・特別講演
  1. 佐藤 主税, 電顕単粒子解析法と大気圧走査電顕ASEMによるタンパク質・細胞・組織の親水環境での構造決定, 日本動物学会第86回新潟大会, 2015/9/19, 新潟
  2. 角田 舞, Structural analysis of hepatitis B surface antigen particles with cryo-electron microscopy, 第53回日本生物物理学会年会, 2015/9/13, 金沢
  3. 三尾 宗代, Observation of dynamics of nuclear lamin using electron microscopy, 第53回日本生物物理学会年会, 2015/9/13, 金沢
  4. 三尾和弘 電子顕微鏡を用いた膜タンパク質の構造解析, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」公開シンポジウム, 2015年6月9日 仙台

ページ先頭へ戻る